PARIS パリ FEDORA より

元フランス航空会社CA  パリからの便り  パリ フランスの生活 オペラ 旅行 ファッション レストラン ショッピング・・・わたしの好きなこと!

L'Archeste 日本人シェフのフレンチ 

 

わたしの素敵なともだちの16区のマダムと出かけたのは、日本人シェフのフレンチレストラン。
まだオープンして半年あまりなのに、とても話題の一件。早々にミシュランの一つ星が付きました。
Archeste homepage
l'Archeste
79 rue de la Tour
75116 Paris
Tel 0140716968
Metro La Muette から歩いて5分ほどの小さな通りにあるモダンな店構えです。
Image 14
テーブルの数は少なく、静かな空間。隣のテーブルも離れているから、落ち着いた時を過ごせそう。
インテリアの木の使い方が「和」「調和」を感じさせます。
335 1
夜のコースは7品、おまかせで98ユーロ。
アミューズから。
Image 16
使い心地のとても良いバターナイフは、日本のアーティスト上妻利弘さんの作品。その名も「おたまじゃくし」
熊本県伝統工芸館 ホームページ
バターの付いた刃の部分がテーブルクロスに付かない設計!同じ物が欲しくなりました。
Image 19
バター皿もパン皿も同じ方の作品です。
だんだん暮れて来たパリの空が窓から美しい時間になりました。
Image 17
春の一皿目は帆立。絵のように美しい一皿ですね🌸
繊細な味は素材の良さを生かして、とろけるように美味しい帆立を楽しみました。
Image 18
二皿目は旬のホワイトアスパラとリドヴォー。子牛の胸腺はフランス人にも苦手な人が少なくありませんが、こちらのはとても美味しかった。(わたしは苦手なのですが、最初にアレルギー及び苦手なものを尋ねられたときに、リドヴォーを思い付かなかったのはわたしのミスです・・・)
Image 20
この後の三皿目のリゾットは、中に牡蠣が入っていて、上にはフォアグラのソテー。
一つ一つは美味しいのですが、この3つの相性に関してはちょっと「?」だったのが、友人とわたしの感想。
かつここでごはんものが入ったことで、このあとのお魚料理とお肉料理に響くことに。殿方は問題ないと思うけれど。
Image 22
と言うわけで、この後はハーフポーションでお願いすることになりました。
四皿目はお魚のお料理。なんのお魚だったか・・・🐟・・・ごめんなさい。見た目も味も申し分無し。
Image 23
五皿目の子牛のステーキは供される前に見せてくれました!わーーーーーーー🎵
Image.jpg
そのクオリティも焼き具合も完璧!
Image 1
そして六皿目と七皿目がデザート。
柚子のソルベの方は写真を撮るのを忘れましたが、お料理のすぐ後のこちらは、お肉の口直しと言うか、そのタイミングも完璧でした。
そして旬のイチゴのガリゲットと野いちごのデザートも素晴らしかった🍓
Image 2

というわけで七品目のおまかせメニュー。
特別な日のディナーにとってもおすすめです。かつ静かな空間、肩の凝らない雰囲気。
静かに美味しいワインと極上の素材のお料理を楽しむひとときです。

一つ二つコメントをするとすれば、わたしたちがお魚とお肉をハーフポーションにしなければならなくなったように(残すのは申し訳ないから)七品目のメニューは女性にはちょっと重いかもしれません。
京料理のように、軽い素材で少しずつ出て来るのとは違い、やはりそこはフレンチ。特にフォアグラやリドヴォー
子牛のステーキといったメニューが含まれるので、全体的にヘビーな印象は避けられません。
わたしの周りには七品と聞いただけで、無理だから止めると言う人は結構います。
五品目のメニューもあると、行こうかなと思う人は多いと思うのです。
と、わたしのブログを読んで頂けるとは思わないけど、ちょっとお願いしたくなりました!

それでもフランス人のともだちの前で、とても鼻の高かったわたしです。
パリでこんなに素晴らしいお料理を作ることが出来て、それが評価されているシェフ。
サービスして下さる日本人の若い女性もとても控え目で可愛らしくて、でもユーモアがあって、もともと日本ファンのわたしのともだちは、ますます日本の贔屓になりましたよ!!
そう、こちらはお腹いっぱいにフレンチを楽しみたい、という方におすすめです。
女性だったら、ランチの三品、五品コースが良いのでしょうね。
でも、わたしはやっぱり極上のフレンチは夜に楽しみたい派です。春から夏に日が長くなっていくこの季節のディナータイムは特別なひとときだし!












category: グルメ GOURMETS RESTAURANTS

tb: 0   cm: 0

△top

またまた春のパリ 

 

パリに戻りまして、快晴のパリのお昼にパレロワイヤル近くへ元同僚とランチに出かけました。
楽しいメトロの入口!逆光でポップな色をお伝え出来ないのが残念。
Image 28
今日のランチ「たから」はなんでもパリの一番最初の日本食レストランだそう。
前回はもう5年以上も前に、商社時代の同期の男の子(今は偉くなったおじさんたち)にすき焼きディナーに招ばれたっけ。夜は高いけど、ランチは30ユーロ前後でお寿司から天ぷらからミニすき焼きまで定食でいただけます。
たから homepage
グラスは柚子シャンペン🍋
枡をこんな風に使うなんて、アイディアいただきます!
Image 29
わたしはちらし寿司。
Image 30
ともだちのデザートは抹茶のオペラケーキ!とてもとても美味しかった⭐
Image 31
いつも車でパリを動いてるわたしは、ちょっと歩く度に何もかも珍しくて嬉しくなります。独身のときはパリ市内左岸に
住んでいたから、どこへもメトロやパスと徒歩で移動していたのですが、郊外に住んでからパリへは車で来るようになって、たまに歩くとコーフン!です。
残念ながら閉まっていたこのブティックは、いろいろなインテリアのものが見えて入ってみたかった!
この猫が可愛くてパチリ。
Image 32
そして美しい扉の向こうのこのお花屋さん!!わーーーーーーーーー
Image 9
藤や紅葉やテッセンやシャクナゲや、歩道にたくさんの美しい姿!!
Image 8
うっとり~🌸
Image 6
あまりに美しくて写真を撮っていたら、お店の中に知った顔が。
あら?うちの会社のパイロットかスチュワードだったかしら?と向こうもニッコリだからわたしもニッコリ。
その瞬間、政治家のArnaud Montebourg(社会党で代表になれず今回の大統領選挙には出られなかった)だということに気付きました。わははははは😅 💦
334 1
きっとわたしが彼の写真を撮ってると思ったのね。
Image 7
彼の考えにはまったく賛同出来ないし、態度も偉そうだし、テレビで見てると不愉快になるだけの人だったけど・・・
実物は超かっこよかったー!!!😆 ファンになりそう。
ガールフレンドがしょっちゅう変わるのは、このルックスのせいね、きっと!
いえいえ、わたしが撮っていた写真はあなたではなく花だったんですよー
Image 5
でも有名人、政治家や俳優やジャーナリストなど、が普通に暮らしているのもパリ。本当によく見かけます。
みんなサングラスなんかかけてコソコソなんかしないで、堂々とカフェやレストランで食事をしてますよ。
オペラ座やコンサートでもいつも誰か見かけます。
そしてたまに隣のテーブルや席なんかになったとしても、会釈くらいして写真やサインなんか頼まないのがパリジャン
です。
彼らの普通の生活を尊重して邪魔しない、だから向こうも自然体。
そこはパリに住んでて「いいな」と思うことの一つですね。

今日はそのあと左岸に移動してBon Marchéへ。
ここも有名人が普通に買物に来てるスポットですね。
(そういえばミポリンと辻人成さんも以前見たことがあります。オシャレとは言いがたい姿でしたが・・・👽 )
一階の中央のコーナーに見つけたのは、こんな可愛いトラのマット!99ユーロと高かったから買わなかったけど、5分ほど見つめて堪能しました。
Image 10
この顔だけのものは35ユーロ。直径35cmくらい。何に使うんでしょうね??
Image 11
そのあと松坂屋の着物展を開催しているギメ美術館へ友人と寄りました。
ギメ美術館ホームページ
入ってすぐに見たのはこの巨大なアート。現在針治療中のわたしは、なんだか楽しくなってパチリ!
Image 13
このコンテンポラリーな巨大アートが誰のものだったか?残念ながら忘れちゃった!
Image 12
でもパリって本当に楽しい。
美術館はそこら中にあるし、展覧会もいつもやってる。美術館はそれぞれがとても美しい建物で、それだけでもうっとり。
その周りにはお茶を飲む素敵なところもいろいろあるし、例えばギメ美術館ならすぐそばのシャングリラホテルでお茶を頂ける。
shangri-la-hotel-paris.jpg
そのあとゆっくりとイエナ通りを降りて行けば目の前にエッフェル塔。
ちなみにシャングリラホテルには夏だけオープンする夢のようなシャンペンバーがあります。
shangri_la_2_.jpg

さて家に帰って割ってみたのが先日のイースターに友だちがくれた卵!
これは有名なDalloyauのもの。
Dalloyau.jpg
Image 26
本物の卵の殻の中にチョコレートが入ってるんですねー
Image 27
この季節に有名なメゾンを覗いてイースターのチョコレートを見比べる(食べ比べる)のも、パリの楽しみの一つですね!









category: パリ PARIS

tb: 0   cm: 0

△top

New York New York! 

 

友だちのフライトに付いて急に行くことになったニューヨーク!
間もなく引退する彼女のためにわたしが予約した朝食はColumbus Circle にある
332 1
マンダリンオリエンタルホテルl内の
Asiate
Mandarin Oriental New York Asiate
だってここからの眺めは・・・
332 2
わーーーーーーーーー😍 😭 ⭐ 最高でしょ??
カプチーノと一緒にいただいたのは、クラブケーキのエッグベネディクト。ウーン😍
332 4
眺めだけでなくお料理も美味しいこちらは(そうでないツーリスティックなところが多い中)ランチ、ディナーにも素晴らしい場所です。メトロポリタンオペラにも近いから、オペラの後の一杯には照明の限りなく落ちたバーも便利。
暗闇の中、夜のキラキラを眺めながら女友達と今夜のオペラのあーでもないこーでもないを語る幸せな時間にも。

さていつものごとく5番街のHenri Bendel
332 7
今回の発見はこちらの折り畳めるトート。ショッピングにも、この夏のビーチにも!
(いくつあれば気がすむのか・・・😅 💦 )
Image 32
バッグとポーチの中はフューシャ色。友だちとお揃いで作って、今年の6月のカプリへのグループ旅行に持って行こうと!
すでにBBの真似をして全員でボーダーのTシャツを着ていくことになってる。
332 8
こういうのはおばさんになっても楽しいのよねー(え?わたしたちだけ??)また話がBBに行っちゃった!
ヘンリ・ベンデルでは去年?から始まった刺繍のカスタマイズもオーダー。
Image 33
もっとショッピングをして早速このバッグを帰り機内持ち込みにしなきゃならないかと思ったけど、時間切れ。ホッ
Image 34

夕方に向う先は
332 9
やっぱりここです。
The Metropolitan Opera
332 3
夕暮れの空の時間が一番この場所は美しい!わーん、また来られた!
今夜は椿姫 La Traviata
332 5
ザルツブルグ音楽祭から10年目のこの演出は・・・アーティストたちが素晴らしかっただけに本当に残念!とわたしは思うけど、でも好きな人もいるところがオペラの難しいところ。
332 6
それでもやっぱりこのオペラハウスの一夜はいつもスパークル!!
332 10
マダムジュジュから「今夜のドレスは?」と聞かれたので
Image 4
ここだけの話☝シーッ このドレスはネットで80ユーロしなかった!オペラにたくさん行くわたしは、劇場によってドレスアップも変わるから、いろいろ持っていたくなる。となると、毎回高いドレスを買ってはいられないわけ。
ネットで安く見つけるの、大好きです。このドレスは誂えたかのごとくピッタリ過ぎて、1ミリも太れません!
でも靴やバッグは良いものを選ぶのが好き。この美しいヒールはもちろんSergio Rossiよ。
バッグはシルクのルイヴィトン
この小さなバッグは10年以上も前より使っているお気に入りで、傷んだ場合のためにもう一つ買ってある。
このバッグには大き過ぎるという理由で、iPhone6Sを買ってすぐに友だちに売ったわたし。(汗)

そして年末に書いた神戸の友だちの妹が作ってくれた指輪を憶えてる?
それのイヤリングも作ってもらってニューヨークまで連れて行きました!
332 13

ニューヨークはいつだってスパークル⭐ ⭐ ⭐ ⭐ ⭐!!!
みんながこの歌を大好きなように!







category: 旅行 VOYAGE

tb: 0   cm: 0

△top

凱旋門近くの和食 「前山」 

 

先日フランス人に「和食」と言われて、パリ在住の日本人の方のブログで見て行ってみた凱旋門そばの和食「前山」
Restaurant ZENZAN
4, rue Brey 75014 Paris
Tel 01 5381 0075
久々に出会った、日本のお家のごはんでした。
暖簾をくぐって入るお店は凱旋門からWagram通りを降りて2分、左に曲がった小さな道にあります。
331 1
中は完全に日本の定食屋さんと言った趣き。
Image 14
和食がブームの店内には、フランス人もたくさん。一人でお食事している日本人のビジネスマン、ビジネスウーマンも。
奥で賑やかなのは、韓国のおじさんのグループ。
近くにはホテルもたくさんあるから、外国人の観光客はホテルに勧められて来たのかな?
わたしたち4人はお刺身と(サーモンのお刺身が入るのはフランス人が大好きだから!)
Image 13
天ぷらを前菜にシェアしました。
Image 15
これがまるっきり家庭の味なんですね!
そのあとわたしが頂いたのは、トンカツ。何ユーロかプラスで定食に出来ます。
久々のトンカツは、ふわふわサクサクで、大阪で頂くごとくとても美味しかったです。
Image 18
あら、ちょっと食べちゃってからの写真でごめんなさい。😅 💦
デザートには抹茶と胡麻のアイスクリーム。
これがまたとても美味しく、フランス人の前で鼻が高かったわたしです。
Image 17

パリでお家のゴハンが食べたくなったら、是非こちらへ。
お値段も凱旋門近くなのに良心的で、働いているお兄さんたちもみんな日本人。
なにか癒されたひとときでした!
Image 16
夜は予約した方が良いかな、と思います。

331 2













category: パリ PARIS

tb: 0   cm: 0

△top

パリの春 小さな幸せショッピング 

 

パリも春爛漫の日が続いています。花粉もすごくて、わたしのブラックの車も黄色に😱
でも秋から自分で作ってる甘酒療法のおかげで(多分。腸内環境が良くなったかと)今年はまったく花粉症が出ず、春を満喫出来ています!
先日Monoprix で買ったBB風のギンガムチェックのバッグについて書いたけれど、その数日後またモノプリで見つけたのはこんな紙ナフキン。春から夏、庭での食前酒やランチ、バーベキューの必需品なので、いつもカワイイのに出会うと必ず購入しておきます。
今日出会ったのはシマウマシリーズ。去年のサファリを思い出して心が暖かになりました。
モノプリって本当に最近カワイイ物があるから、要チェックです。
Image 1
そして夏シーズン前に必ずチェックするFragonardは、好きな珊瑚柄の新作が出ることが多いから。
今日はオペラ座そばのお店へ。
今年はエプロンを見つけて、とても幸せです!
Fragonard Homepage
Image 2
こちらはZARA HOMEの新作の布巾セット。ここも春夏シーズンには海の物がたくさん出るからいつもチェック。
ヨーロッパの布巾は大きくしっかり出来てものが多いから、綺麗な柄のものは朝食のテーブルにクロスのように使うため
たくさん持っています。
Image 3
さてこちらは間もなくイースター。
卵やうさぎの形をしたチョコレートがそこら中にあふれる時期。
わたしはそれよりもfritures(フライ)と呼ばれる小さな魚の形のチョコレートの方が面白くて好き。
アメリカの友人へのお土産にMaison du Chocolatで求めました。
Image 8
Sadaharu Aokiさんの抹茶チョコのもう少し大きなお魚は、彼のファンのフランス人の友人に。
Image 7

そして太陽燦々と共にこの季節も始まりました!
Image 9
アペロールスプリッツ!
大好きな夏がこれから来ると思うと、本当に幸せなわたしです!
そう、ここに敷いてあるのもBeauvilléの楽しい布巾ですよー








category: パリ PARIS

tb: 0   cm: 0

△top