PARIS パリ FEDORA より

元フランス航空会社CA  パリからの便り  パリ フランスの生活 オペラ 旅行 ファッション レストラン ショッピング・・・わたしの好きなこと!

Fragonard 可愛いパリの小物たち 

 

以前に「海のもの」のブログでも少しご紹介したブランド、Fragonard
パリに8店舗ありますが、昨日はサントノーレ店を訪れました。
95 1
Fragonard St Honoré
203 rue St Honoré
75001 PARIS
TEL O1 47 03 07 07
http://www.fragonard.com/?noredirect=1

こちらは一階は香水を中心にキャンドル、ソープ、小物、ポーチなど、二階にテーブルリネン、食器、アクセサリー、洋服などが置かれています。
95 2
95 3
二階への小さな階段はお店の奥。ぜひ二階へもお上がりください。
95 4
一階で選んだのは、ちょっと日本の友人へのお土産に使いたいかわいいピンクのポーチ。パリに住んでるわたしでも貰ったら嬉しいくらい。
95 10
こういったものがたくさんあるので、お土産に困ったら覗いて見てはいかがでしょう?ちなみにこのポーチは14ユーロ、約2000円。他にもポーチに小さな香水と鏡がセットになったもの、22ユーロなどいろいろなデザインで出ています。どれもとても素敵なデザインで迷ってしまう。

そして春になると毎年「海のもの」のコレクションが新しく出ます。そういうわけでわたしは毎年この時期に必ずチェックしに訪れるのですが、ハイ!今年もたくさん。可愛らしい小皿、これは本来は指輪やイヤリングをはずしたときに入れるVide pocheと呼ばれるもの、つまりディッシュウォッシャーには入れられないものですが、わたしはアペリティフのためのナッツ類やオリーブ、もしくは夏のテーブルのアミューズのために使おうと購入しました。
95 11
このTorchon(ふきん)も楽しくないですか?みんなで手長海老なんかをいただくときにテーブルに敷きたいと、頭の中で考えながら。
95 8
95 7
Tea Towelと書いてあるところを見ると、やはりわたしのようにティータイムにこれをテーブルクロスのように敷く人もいるのかな。でも引っ掛けるところが付いているのでもともとはふきんですね。
そして気付いたこのロゴの可愛らしさ!
95 9
こちらはテーブルクロスやランチョンマットは以前に購入していたけれど、同じシリーズのナフキンのセット、なぜか去年迄は無かったような。これでやっと揃いました。嬉しいー♡
95 12
そして50ユーロ以上購入すると貰えるのがこのショッピングエコバッグ。毎年デザインが変わるのですが、今年はこんな風。思わず"Très joli!" きれい!毎年楽しみにしています!と言ったら、2枚下さいました。ふふふ。
95 6
こちらの一昨年のバージョンはこちらで、色といいデザインといい、いろんな人に「どこで買ったの?」と聞かれる一品。しわしわで失礼!
95 5
残念だったのはたぶん去年。なんでもサンゴのデザインだったとか!なぜか逃してしまいました。今でも悔やんでます。
なんとも幸せになる Fragonard のこの空間。見るだけでも是非、一度お出かけください。品数は少ないけど、ルーブル美術館のショッピングセンター内にもありますよ。そこから徒歩ですぐなのが、こちらのサントノーレのお店です。こちらは豊富な品揃えです。

さてこの季節、パリは冬だったり春だったり夏だったり、一日の気温差が激しいのですが、今日一日でわたしが履いた靴の種類をご覧下さい!パリはこんな風だから、いつまでも冬物をしまえなかったり、家はなかなか片付きません。
95 13
今日のわたしの装いも、レザーのジャケットにカシミアのマフラー、でも足元はウェッジのサンダル。
白のブラウスは「気に入ったものは2つ買う」わたしのComptoir des Cottoniersのもの。とても気に入っている7分丈。白のスリムはユニクロのイージーフィット。バレエも踊れちゃうようなラクチンのお気に入り。
95 14
バッグはもう何年も使い倒しているVanessa Brunoのレザートート。
Vanessa Bruno bags
パリで本当に便利なのは、こういうバッグ。だっていつも何かはおるものや、パシュミナなどを必ずバッグに入れておかないとならないから。傘も!
でも上がオープンなトートも、その上にパシュミナなどを必ず入れておくから、スリ対策にもなって持てるんですよ。わたしがトートを持つ度に「スリにやられるわよ」と注意してくださる親切な友人がたくさんいますが、わたしは一度もスリにやられたことはありませんよ。エッヘン!
それは多分、わたしはいつもいつもバッグを気にしている。左手にかけたバッグを右手で常に触っている。壁側に(道側でなく)バッグを持つ。でもこんなことにずっと気を配らなければならないのが、パリの残念なところでしょうか!

PS
あ!それからFragonardではありませんが、パリのおみやげでもう一つ女の子に(おばさんにも)喜ばれるものがあります。それはキラキラのエッフェル塔。
95 15
これは20cmくらいの高さのものですが、ルーブル美術館周辺のおみやげものやさんで12ユーロほどで求められます。
店によって値段が違うので、信号からもっとも遠いお店あたりが安いです。比べてみてください。
どなたに差し上げても「キャー」と大喜びされます。最近わたしは横浜で睫毛のエクステをしてくれていた女性が自分のお店を出されたお祝いにトロフィーとして?差し上げました。
パリを知る人も知らない人も、みな大喜びしてくれます。「パリ」という言葉が持つ、ロマンチックな響き?ピンクのキラキラも、確かに何かハッピーな気分の贈り物ですね!
関連記事

category: パリ PARIS

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/tb.php/95-9cdff598
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top