PARIS パリ FEDORA より

元フランス航空会社CA  パリからの便り  パリ フランスの生活 オペラ 旅行 ファッション レストラン ショッピング・・・わたしの好きなこと!

つづき ドレス! 

 

昨日の「オペラに着ていくドレス?」につづいて。
わたしがオペラに限らず少しドレスアップするとき(外国の素敵なレストランやホテルでのディナーやパーティなど)参考にしている雑誌があります。
INSTYLE
Instyle.jpg
こちらはアメリカ版とイギリス版がありますが、わたしが好きなのはアメリカ版。
たくさんのアメリカのセレブのパーティスナップやアイディアが載っています。わたしが参考にするのはどのセレブが(セレブのスタイリストが)どのドレスにどの小物、バッグや靴を合わせたか。髪型はどうしたか、などです。
ドレスそのものも気になりますが、それよりもバッグや靴とのバランス、髪型とのバランスが気になるのです。
たとえばカクテルドレスにサンダルを合わせるとき、日本ではついナチュラルでヌーディなストッキングを履いてしまうと思うのですが、これだけでファッショナブルで無くなってしまうのはなぜでしょう?(ちなみに日本のおしゃれな女性誌ではモデルはストッキングは履いていません!裸足にサンダルです。わたしたちにも出来るはずです)
また美容院へ行って髪もセットしすぎてしまう。目の周りにもキラキラのパウダー。パールのネックレスにブレスレット。マニュキアはスカルプチュアで怪獣の爪のよう。
出来上がるとお姫様のお人形みたいです。
それから25ansのような雑誌によくあるパーティースナップ。日本の東西の女性たちのドレス姿のスナップ。
これを見る時とても気になるものに、パーティードレスに大きなケリーやバーキンなどを持っている方が結構いらっしゃることです。とても大切にされているバッグだから華やかな晩にお持ちになりたかったのだと思います。
でも西洋でのパーティーにはこういうレザーの大きなバッグは持ちません。そういうレディーは一人も見かけません。小さなクラッチか小さなバッグ。ゆっくり選ぶ時間が無かったときなどは、中華街なんかにある美しい刺繍の入ったシルクのバッグでも。その方がずっとスマートで素敵です。
バーキンを何十個も持っていると言われるヴィクトリアベッカムも、パーティには小さなブランドさえわからないようなクラッチです。(中華街のバッグじゃないだろうけど!)
どうでしょうか??
たとえばイタリアのリゾートなどで妙齢のマダムが小麦色の肌にシンプルなベージュのドレス。もちろん焼けた足は裸足で華奢なサンダル。アクセサリーはシンプルなゴールドのチェーンだけ。髪は洗いっぱなしのような自然に巻いた髪、キラキラパウダーは目の周りではなくデコルテに。それなりに皺のきざまれた顔には表情の豊かな笑いとユーモア。もちろんケリーやバーキンなどを持っているどころか、美しいレースの扇子だけを手にしていたりと、こんな感じ。
そして何よりわたしが感じるのは歩き方。西洋では子供のときに歩き方を習う、と言われるほど、こちらでは姿勢良く颯爽と歩く女性ばかり。
このごろの日本女性は顔も小さく足も長くお化粧も上手で着ているものもとても素敵なのに、姿勢が悪く内股で靴の音をさせながら歩いている方がまだまだ多いと思います。同僚のフランス人に「日本の女の子はあんなにキレイなのに、どうしてああいう歩き方をするのか」と聞かれることはよくあります。
つまり、ドレスアップをするということは、着飾るということだけではなくて、何か自分の魅力をより良く見せるための装いであり、姿たたずまい雰囲気すべてをグレードアップする、ということではないでしょうか。
と、偉そうに書きましたが、わたしはいつもそのあたりに気を配るよう努力しています。
そしてプラス、プラスではなく、何かをマイナスにする。大きなイヤリングを付けたら他のアクセサリーはゼロにする、と言ったようなマイナス。
ちなみにリトルブラックドレスとは今や日本でも通用する言葉となりましたが、基本的にわたしはあまり黒のドレスは着ません。それはあまりにも黒のドレスでオペラやパーティに来る方が多いからです。
わたしの歌の先生が、舞台から会場を見下ろしたときにほとんどの女性は黒で、どんなに美しいドレスでもそれは黒のドレスにしかならない。そんな中で紅のドレスや白のドレスは際立って見えて美しい、とおっしゃいました。
それ以来わたしは黒のドレスは着ないようになりました。
でも無難に決めたい、あまり目立ちたく無いソワレなら黒のドレスも良いでしょう。バッグや靴に色を持って来ることも出来ますし、赤の口紅が似合うのも黒のドレスです。でもそのときはパールのネックレスは止める。ゴールドのシンプルなネックレス、イタリアのマダムのように!
今でも強烈に憶えている一枚の写真があります。キムタクと恋愛が発覚したばかりのときにパーティに現れた工藤静香さん。この日の彼女はサーフィンで焼けた肌にシンプルな黒のドレス、長い髪は自然に揺れて最高に美しかった!カメラのフラッシュの中を歩く姿は颯爽。自信に満ちて。もちろんハッピーオーラのおかげでもあるけれど、今までに見た日本人セレブの中でダントツにおしゃれなドレス姿でした。
今日のブログはかなり言いたい放題でした!

関連記事

category: ファッション MODE

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/tb.php/9-beaed02a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top