PARIS パリ FEDORA より

元フランス航空会社CA  パリからの便り  パリ フランスの生活 オペラ 旅行 ファッション レストラン ショッピング・・・わたしの好きなこと!

Maraisのアパルトマン 

 

昨日の夕方、マレ地区に住む友人のパトリックのところにアペリティフによばれました。
彼は職場の友人であり、西洋占星術のエキスパート(仕事にはしてないけど)でもあります。わたしについて占ってもらったことを詳しく聞きにシャンペンを飲みながら、という何とも楽しい招待!喜んで降ったり止んだりの雨の中を出かけました。
マレ地区は大好きな場所で、パリ市内に住んでいたときからよく訪れる場所でしたが、大通りから折れた小さな道の数々や美しい建物、ふらりと歩くにはもっとも外国人が思い描く「ロマンチックなパリ散策」に近いかも知れませんね。
こんな趣味の良い小さなお花屋さんがあったり
89 1
ああ、こんなところに住んでみたいと思わせるような小さなアパルトマンがあったり。
89 2
そしてパリのアパルトマンをお訪ねするのは、いつも心弾むひととき。その人の趣味や生き方までも見える場所。特に小さな空間であればあるほど、そういうのがわかる気がします。パトリックはとても真面目で繊細でお洒落な人。その一人暮らしの彼のアパルトマンは27平米。入った瞬間に窓から見える、このパリらしい風景にまずうっとり。この写真ではわかりにくいのですが、両脇には深紅のカーテン。素敵!
89 7
その向かいには小さなオープンキッチンとバーコーナー。バーのタイルもカーテンと同じ深紅。壁の額の数々がモダンでいかにもお洒落な彼。
89 6
とても素敵な赤の空間。ここで深紅のカーテンがおわかりいただけますね。実はこのカーテン、閉めるためにあるのではなく、その後にある電気のメーターや暖房、立てかけられたアイロン台などを隠すために使われているんですね!深紅の麻で。
89 9
トメットと呼ばれる古い家やアパルトマンならではの六角形のタイルが敷かれた廊下から
89 8
奥のサロン(夜はソファをベッドにして寝室に)へ続くあたりには読書家の彼のたくさんの本。入り込む光が優雅ですよねー 本の上には小さな仏像のレプリカが置かれていたり。
89 10
そしてこちらがペルシャのまた赤のラグが何枚も敷かれたサロン。
89 4
そこの出窓からはまたうっとりのパリの街並。
89 3
そしてシャンペンとこんなに素敵なカナッペを彼は用意してくれていました。一人暮らしの彼が、ただピーナッツやポテトチップを出すのではなく、こういうのを作っていてくれたこと、一つ一つバターなんか丁寧にぬってくれてる様子を想像するとなんだか心が温まります。右はイクラ、左はアンチョビとグリーンアスパラの上に蟹肉とブラックオリーブ。手作りですよー 
89 5
わたしの今日のお土産は先日もご紹介したヴォージュ広場のCafe Pouchkineの夢見るような美味しさのマカロンです(左の黒い箱ね)。シャンペンを飲みながら、彼の素敵で美味しいカナッペをいただきながら、星占いの話に大いに盛り上がり、女の子ならみんな大好きな瞬間ですよね!
その間降っていた雨が止み、気付くと窓の外には2本の虹が!
89 11

この後二人で出かけたレストラン、これまた超素敵な同じマレ地区の Jaja については次回のブログでご案内します!
関連記事

category: パリ PARIS

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

Fedoraさん、お久しぶりです。今回のブログは、雑誌フィガロのパリ特集にでも出てきそうな、お洒落な町並みとお部屋ですね。いつもFedoraさんがアップされる素敵な写真を見ながら、しばし現実逃避しています〜。(笑)そして雨上がりに、虹が二本も見られるなんて、なんてラッキー! Fedoraさんの占いの結果も、きっとこんな明るいものだったのでは。

ともこ #- | URL | 2014/05/01 08:00 | edit

ともこさーん
お久しぶりです!お元気ですか?
いつもありがとうございます。次の jaja レストランもお見逃しなく!
今後もご訪問を楽しみにしていまーす♪

Fedora B #- | URL | 2014/05/01 08:08 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/tb.php/89-645ef1b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top