in パリ PARIS

NOEL パリ16区の高級リネン

-0 COMMENT
今日はパリ16区、Musée Guimet ギメ美術館の向かいにある高級リネンのお店NOELをご紹介します。
ギメ美術館のあとお茶を一杯いただきにシャングリラホテルのティールームへ行く前に、ちょっと覗いて見ませんか?
85 1
NOEL LINGE DE MAISON
1, avenud Pierre 1er de Serbie
75116 Paris
http://www.noel-paris.com/

昨日はコンサートの前に注文してあったタオルを受け取りに出かけました。
ベージュのカーペットが敷かれたこの優雅な空間は、まるでどちらかのサロンに招かれたかのよう。典型的シックなパリのマダムが出て来て「何かご入用でしょうか」ちょっと緊張するけれど「お店を見せていただいてもいいですか」とニッコリすれば、実はとても親切なマダムたちです。「他にもこんな色がありますよ」などと、探して来てくれたり。
こちらのリネン、タオル類はお値段もはるけれど、ラッキーなら夏冬二度のセールで安く求められます。

85 7
85 6
プレゼンテーションもとても素敵。
85 4
85 3
こちらの商品は手で刺繍を施したとても繊細なもの。自分のニーズに合わせて注文することも出来ます。また自分で刺繍したい方には、そのキットも売っています!
85 2
赤ちゃんの誕生祝などにも、パーソナライズして注文することも出来ますよ。

今日わたしが取りに行ったのはこちら。以前にもご紹介しました海色のうちのトイレのためにこの色で注文しました。
85 11
85 10
その他にこのお店のものですでにうちにあるもの。主人とお揃いのバスローブ。
85 8
バスルーム用のタオル。
85 11
バスルーム用のわたしのスリッパ。
85 9

ふふふ。そう、海のものが好きなわたしは数年前にこのお店のショーウィンドーにサンゴのシリーズを見つけて入ったのが初めてでした。それ以来、出来ればセールのときに訪れています。

素晴らしいギメ美術館は向かい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ギメ東洋美術館
85 16

そしてシャングリラホテルは反対側を少し下ったところにあります。
85 13
シャングリラ パリ
85 15
こちらの正面玄関を入ってまっすぐ奥にある、上の写真の夢のように美しいヴェランダのような空間でお茶をいただいたり、もう少しラウンジのようなくつろげる場所が良ければホテルの正面を入って右側のラウンジバーがお茶にもアペリティフにも利用できます。
わたしは季節によって、会う人によって、その空間を使い分けています。美術のことや、今買ったばかりのサンゴのタオルのことなど話しながら!
関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment