PARIS パリ FEDORA より

元フランス航空会社CA  パリからの便り  パリ フランスの生活 オペラ 旅行 ファッション レストラン ショッピング・・・わたしの好きなこと!

Afflioré パリ7区のシックビストロ 

 

パリではシックビストロが流行っていると以前書きました。要は小さなフレンチレストランということなのですが、「ビストロ」という言葉が流行っているんですね。「レストランに行こう」より「ビストロに行こう」の方が今風なわけです。
でもつばめのような黒白の装束のギャルソンがいる大きなビストロではなく、こっそり小さな路地にたたずむ小さなレストラン、サービスをしてくれるのはジーンズ姿の若く感じのいいお姉さんだったりお兄さんだったり。いずれもカジュアル。
でもお料理は質が高く、シェフは元どこどこの星付きにいた、有名シェフの右腕だった、といった看板を掲げて、だからたいていとても美味しいのです。お値段もビストロというよりはレストランですね。
今回はフランス人の女性の友人が連れて行ってくれた7区にある Affriolé
http://www.laffriole.fr/
83 1
シンプルな内装の店内。壁の黒板に今日のスペシャルなどが書かれています。
ちょっとどちらかのお家のキッチンでゴハンをいただくという感じかな。わたしはディナーにはもう少し落ち着いた感じ、暖かい感じの場所を好みますが、晴れた日のランチなどにはいいのかもしれません。
83 2
わたしがいただいた前菜はカニと魚介のポタージュ。ふわふわに泡立ったような優しい口当たりにカニの繊細な味が生きています。ポタージュでお腹がいっぱいになってしまうことは良くあるけれど、こちらのはとても軽く美味!
83 3
メインディッシュはカサゴ、サルシファイ(西洋ごぼう)のムース。カサゴの表面はパリパリ、中はしっとり柔らかく、家ではゼッタイにこうは焼き上がらない絶妙な出来。サルシファイの軽い苦みとさっぱり頂きます。
83 4
甘いものを食べない友人はこのあとチーズ。エンダイブがサラダの代わりに付いています。気が利いてますね。
83 6
わたしはレモンのメレンゲタルトとグラニタ。美味しい♡
83 7
どれも素材の質、味を生かした、とても美味しいお料理でした。
ディナーはワインを二人で一本いただいて一人50−60ユーロです。官庁街にあるこちらにはツーリストは来ていません。こういうパリジャンしか来ない肩のこらないお店を好む方は是非お出かけ下さい。

帰り道はエッフェル塔のすぐそばを運転して帰ります。
またもやパリにいる幸せを感じながら。
83 8
関連記事

category: グルメ GOURMETS RESTAURANTS

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/tb.php/83-30c548bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top