in ファッション MODE

Marais の小さなパールアクセサリーのお店

-0 COMMENT
昨日友人との約束でヴォージュ広場を訪れました。
78 6
パリはもう春が来てしまい(今年は冬が無く東京よりもずっと暖かでした)昨日の午後は20度、この美しい正方形の広場の外のテラスにテーブルを見つけるのは至難の技。
土曜日だったこともあり、とにかくそこもかしこも春の空気を吸いに人だらけでした。

その帰り道、普段はあまり立ち止まることも無いSaint Antoine通りを、パーキングに向かって歩いているとき、小さなパールアクセサリーのお店にちょっと関心を引かれました。おしゃれでも何でもないショーウィンドー、所狭しと並べられたアクセサリーの数々。付いてる値札も手書きのお値段が書かれて。26年前にパリに来た頃、こういうお店がたくさんあったっけ。なんだか垢抜けない展示にいったん通り過ぎたのでしたが、一つのイヤリングが気になり引き返し、少し時間があったので入ってみることに。
78 1
優しそうな年配のご夫婦が出て来て、マダムの手作りのアクセサリーがたくさんあることがわかりました。だんだんその可愛らしさ、オリジナルさにコーフンして来て、いくつも試させていただきます。
78 2
「ニホンジンデスカ?」「ハイ」話を聞くとこのお店にはSHIPS やBEAMSのバイヤーが買い付けに来ているそう。なるほど。よく見れば見るほど、なんともオリジナルでそんなに高くないものがたくさん。桂由美さんにも卸していると。
というわけで昨日は2点を購入しました。2点だけにするのが大変だったほど。
まずはネックレス。89ユーロ
78 3
たしかにこれを花嫁さんがしていたらとってもステキですよね!わたしは夏に焼けた肌、デコルテのドレスのときにすることにしましょう。オペラにも。
そしてとっても気に入ったイヤリング!49ユーロ
78 4
これはもう毎日しますよ。細い細いチェーンで作られていて、パールの部分しか見えないよう。とても軽く付けているのを忘れそうな心地です。
78 5
ネックレスの花びらのような部分や、このイヤリングのパールもヴェトナムで買い付けられているそう。
傷だらけのマダムの指先はチェーンやクリスタルのビーズを通すのにご自分で作られている証拠。
とても暖かな人柄のマダムとのおしゃべりも楽しく、ちょっと微笑みながらお店を後にしました。

パールアクセサリーが好きな方、SHIPSやBEAMSで素敵なパールアクセサリーを見たことがある方、マレ地区に行かれたついでに是非お店を覗いて見て下さい。
http://www.pearlinternationalparis.com/pearl-earrings/pearl-necklace/repair-necklace-paris.cfm
なんだか並べ方も凝ってないし、ごちゃごちゃしているし、でもよーくよーく見てお気に入りのものを見つけてね!
関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment