PARIS パリ FEDORA より

元フランス航空会社CA  パリからの便り  パリ フランスの生活 オペラ 旅行 ファッション レストラン ショッピング・・・わたしの好きなこと!

海のもの ふたたび! 

 

デヴィッド・ボウイですっかり竜宮城から地上へ戻ったわたしでしたが、モーリシャスから持ち帰った貝たちをキレイにし終わったところで、テーブル関係でのわたしのコレクションをちょっとご紹介します。
まずは今回の貝たち。これは布巾なので乾かすのに使っただけですが、こうして並べるとカワイイですねー!
Coral table 1
それでは焼物のコレクション!これはちょっと高かったけど、リモージュ陶器のRAYNAUDのコレクション。水色のキャンドルスタンドも持っていてトイレにあります。憶えてるぅ?
Coral table 2
スペインのカダケシュという小さな港町で出会ったとても安いお皿たち。サルバドール・ダリが愛したフランス国境からすぐの小さな美しい町です。その思い出と一緒に大切に大切に。
Coral table 16
南仏から。大きい方は35cmくらいあります。天ぷらなんかを入れたり。
Coral table 13
こちらはメキシコ。炒め物なんか入れるのにぴったり。大事に抱えて持ち帰りました。
Coral table 12
これはタイのバンコクから。食前酒のナッツやオリーブを入れるのに便利。
Coral table 19
あともう一つ焼物と言えば、暖炉の奥においてあるこの子たち、ふふふ。どこで手に入れたのかまったく記憶になし。引っ越すたびにずっと持ち歩いてる。レンガのような石?で出来ていて、ちゃんとお腹とかも丸くて本物っぽいんですよー
Coral table 15

今度はオブジェ。15年程も前に大阪難波の高島屋で出会った亀の灰皿。わたしはタバコを吸わないけれど、お客様用。南部鉄で出来てるかわいらしくて大のお気に入りです。
Coral table 10
わたしの海好きを知る友人がくれたオリーブなんか刺す爪楊枝?もったいなくて使えない。だってうちに来るフランス人のオヤジが喋りながらこれで歯の間をシーシーやったら悲しいじゃないですか!(たまにいるんだもん。そういう人)
Coral table 14
ずっと前マダムジュジュがカナダに住んでいたころ(マダムジュジュを知らない人は過去の香港ブログを見てね)彼女をたずねたときに持ち帰った木で出来たお魚。これも何度もの引越のたびにずっと持って歩いてる。
Coral table 11
ALESSIのコーラルシリーズは見た瞬間に欲しくなったもの。貝の楊枝を入れたり、庭のくるみを入れたり。
Coral table 6
こちらもバンコクから、フルーツバスケット。
Coral table 9

それからファブリック。このテーブルクロスはカプリ島から。ベージュなのがすてき。
Coral table 4
こちらはシシリアのタオルミーナのおみやげ屋さんにあった布巾。
Coral table 7
パリのFragonard(もともとは香水のお店)は趣味が良く可愛らしいものが山積みで、こちらは夏には必ずコーラル関係のものが出ます。ルーブル美術館の横のモールにもあって、おみやげを買うにも最高ですよ。これはランチョンマットのセット。お揃いのサラダ用のサービスのセットも。
Coral table 5
Coral table 20
そしてフランスの生活にはかかせない食前酒に使う紙ナプキンもこの手を見ると必ず購入。
Coral table 8

とこの調子です。みなさんもお気に入りのものがあるとつい買ってしまうくせ、お持ちではありませんか??


関連記事

category: アート ARTS

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/tb.php/68-06708654
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top