PARIS パリ FEDORA より

元フランス航空会社CA  パリからの便り  パリ フランスの生活 オペラ 旅行 ファッション レストラン ショッピング・・・わたしの好きなこと!

1月6日は Galettes des Rois !! 

 

580x405_GALETTE_RIZ_AU_LAIT.jpg

日本の七草がゆとはかなり違うけれど、同じ時期にあるこちらのガレット・デ・ロワは子供だけでなく大人も楽しみにしている習慣です。1月6日がその日ですが、だいたいクリスマス後くらいからパン屋さんにはガレットが並び始め、1月いっぱいくらいは販売されています。新年の挨拶も兼ねて日曜日の午後のお茶の時間に親しい人たちを家によんでシャンペンと一緒にいただいたり。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ガレット・デ・ロア
上の写真は有名なピエール・エルメさんのところのもの。最近では有名なお菓子屋さんは味はもちろんのこと、冠やフェーブにも凝っています。フェーブとは?もともとは空豆という意味だけど、ガレットの中にはフェーブと呼ばれる小さな陶器で出来たお人形が入っていて、切り分けて食べたときにそれに当たった人が付属の冠をいただけると言うわけです。子供達は何度もガレットを見て調べて(触るのはNG!)自分の分を選びます。その真剣な姿を見るだけで可笑しい!
うちの冠はこちら。当てたのは主人でした。フェーブは可愛い天使ちゃん。

Galette.jpg

このフェーブをコレクションしている方もいて、有名なお菓子屋さんやルノートルなどの高級食材店のものはネットでオークションになったりすることもあります。
一度友人の40歳のお誕生日をリッツホテルのエスパドンのランチでお祝いしたとき、ちょうど1月の始めにあたり、デザートの時にガレットが供されました。リッツホテルのフェーブがこの巨大なガレットの中にあるとわかっては、彼女もわたしも真剣!が、二人ともはずれ。そこで「今日は彼女のお誕生日だから、もう一度」とお願いして、更に二切れ。フェーブもそうだけど、実はリッツのガレットはすごーーーーーーく美味しかったから、もう一切れ欲しかったの!
それでもまた二人ともはずれで、今度こそもうダメ、お腹いっぱい!
でもこの二人のがっかりぶりを見てか、そのあとのコーヒーと一緒に出されたマカロンの上にわたしたちが見つけたものは・・・・!

Ritz+Masako+002.jpg

ああやっぱりリッツってすてき。こういう心憎い演出。友人はわたしがプレゼントしたルイヴィトンのダミエのパスポートケースより、この子馬のフェーブが嬉しかったって。
わたしにとって一番リュックスで楽しかったガレット、そして美味しかったガレットは、このリッツでした♡
関連記事

category: グルメ GOURMETS RESTAURANTS

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/tb.php/55-61e2be2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top