in オペラ OPERA

今日の一曲 In quelle trine morbide オペラ マノン・レスコ-より

-0 COMMENT
今日ご紹介するのはプッチ-二のオペラ「マノン・レスコ-」よりマノンが歌う美しいアリアです。
マノン・レスコ- Wikipedia
まずはこの人の最新アルバムより。
Anna Netrebko 1
さあどうぞ。


美しい現在のディ-ヴァ アンナ・ネトレプコが重厚なヴェルヴェットのようなドラマチックソプラノで歌うこの一曲は本当に素晴らしい!
Anna Netrebko 2
彼女は美しいだけじゃなく、演技も素晴らしい。どの役も彼女が演じると、こっちはすっかり引き込まれてしまう。
彼女は自分は激しい性格でマクベス夫人のような恐ろしい役は自分にピッタリと言って、それはまあ唸るほど素晴らしかったけれど、現在パリオペラ座で上演中のチャイコフスキ-の「エフゲニ-・オネ‐ギン」の無垢で超真面目なタチアナだって、自分とは正反対の性格と言いながらその演技は素晴らしく、歌声も完璧でとにかく溜息。
先週わたしが観たパリでは、会場中スタンディング オべ-ション!
でも時にその存在感の大きさから、主役を食ってしまうこともある。
2014年ザルツブルグ音楽祭の「イル・トロヴァト-レ」では、そのセクシ-過ぎるレオノ-ラにル-ナ伯爵もそれを歌うドミンゴさんも(?)観客もクラクラ。主人公は吟遊詩人のマンリ-コだけれど、すっかりかすんでしまった!
Anna_Netrebko 3
この晩は「イル・トロヴァト-レ」ではなく「レオノ-ラ」っていうオペラになっちゃったわけ。
それをミスキャストと呼ぶかどうかは・・・?
わたしは十分楽しんだけれど(笑)

と言うわけでこの美しいアリア。
とうに引退した方だけど、わたしが一番好きなのはこの人の声かもしれない。
レナ-タ・スコットさん

ただ失礼ながら彼女は容姿にアンナほどは恵まれなかった・・・ やっぱりマノンは美しくなきゃ・・・ そこがオペラの難しいところ。

もう一人。この人はノ-ブルな美しさに高貴な声!!
でも甘いマノン役には・・・ク-ルビュ-ティ-で上品すぎ?
キリ・テ・カナワ

彼女のロンドンのロイヤルオペラの「オテロ」のデズデモ-ナを超える人にはまだ出会っていない。

そして現在本物を観ることが出来るもう一人。
アンナがブラウンの髪なら、この人は金髪。指揮者ネルソンスの奥様でもある美女のKristine Opolais



などとオペラファンはああでもないこうでもない、とこういう話でいくらでも盛り上がれるんです!
みなさんはどの声が好きでしたか?











関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment