in 今日の一曲 MUSIQUE DU JOUR

今日の一曲 至福のデュオ ポッペーアの戴冠

-0 COMMENT
少し前のブログでバロック音楽に触れました。
今日はバロックオペラにひとときみなさんをご案内します。モンテヴェルディの「ポッペアの戴冠」
http://ja.wikipedia.org/wiki/ポッペーアの戴冠
さらに詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。
わかる オペラ情報館
このオペラの最後に歌われるネローネとポッペーアの二重唱。ネローネはカウンターテナーで今は日本でも有名なフィリップ・ジャロウスキーによって歌われています。
わたしは基本的にカウンターテナーはあまり好きではありませんが、彼は例外。本物を初めて聴いたとき、他にもカウンタテナーがいるオペラでしたが、彼の声だけがオペラ座の天井から降って来ました。
まるで天使の声のように。こういう経験は滅多にありません。(かつてマリア・カラスがスカラ座でトスカを歌ったとき、天井のシャンデリアが震えてクリスタルの揺れる音が聴こえたという逸話があります)
相手役のポッペーアは美貌で声もビロードのように美しいダニエル・ディニース。
こちらはマドリッドの王立レアル劇場での録音。このときわたしはオペラともだちと10人ほどでわざわざフランスから出かけました。指揮は前回ご紹介したウィリアム・クリスティと彼のオーケストラ、レザール フロリサンの演奏。これ以上は望めない顔ぶれです。金色と赤のビロードの劇場の中で完全に17世紀に3時間10分、タイムスリップしました。
伴奏はほぼチェンバロとバロックチェロのみで声の美しさが堪能できます。この至福のひとときをお楽しみください。
http://www.youtube.com/watch?v=_isL0E-4TsQ

koninklijk-theater-in-madrid.jpeg


関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment