in フランス FRANCE

ひどすぎるフランス大統領選

-0 COMMENT
5月1日 フランスでは大切な人に幸福を祈って鈴蘭を送るという、なんとも愛らしい習慣があります。
そのメーデーにはパリのレプブリック広場での集会から暴動が発生し・・・
Image 3
このブログをお読みいただいているときは、もうフランスの大統領は決まっているのですが・・・
わたしが政治やパリの問題を書くと、ブログランキングで順位が落ちることがわかったので、極力書かないようにしていますが、かといってオバカにショッピングやレストランやオペラや旅だけをしてフランスで生きてるわけじゃあないの。
この数ヶ月来の騒ぎ、そして明日決戦を控えたこのラストの2週間。先日のテレビ討論会・・・😱😱😱のひどさ。
それに右往左往するジャーナリストたち、不満顔の国民、通りをデモ行進する学生たち(!!!)・・・わたしの周りの人々もみんな沈んでる。
Macron_Le_Pen.jpg
わたしの大好きなパリ在住ブロガーのHさん、残念ながら政治ではわたしとは考えが異なるよう。
予選でフィヨンが20%投票されたのを憤慨されていたけれど(つまりもっと低くなって欲しかったよう)じゃあ決戦がこの二人で良かったのか。
社会党のオランド政権にうんざりしているフランス人は、今度は右へ行くのではないかと思われていました。
そのフィヨンは政治資金のやりくりスキャンダル(1月に発覚)で支持率が急降下。でもこんな問題は政治家なら誰でも一つや二つ抱えているはず。このレベルまで勝ち残る政治家の中に、クリーンな政治家なんているわけないとわたしは思うのです。
このスキャンダルはマクロンを次期大統領にするため、左派に勝たせるために、オランド現大統領が巻いた、と言われています。しかもジャーナリストのほとんどが左派だから、それいけとばかりにフィヨン バッシングは加熱。
それに国民はまんまと乗らされたわけです。
それでどうなったか。フィヨンは予選3位で決戦に残れず。
で、決戦は無所属(と言っても、勝つために左を離脱して独立した)マクロンと極右のルペンに。
こうなるのを望んでたんですか??
マクロンは天才だし、自分の信じていることに揺れはない。
それに対して、ルペンは多分騒ぐ以外の才能は持っておらず、また主張していることの裏付けも出来ず、テレビ討論会でもマクロンを攻撃することに徹しました。
そのレベルの低さたるや・・・わたしはこれを「Pipi Caca niveau 」と呼びますが、どういう意味かみなさん調べてね。
わたしは決戦はフィヨンとマクロンで、この二人の討論会を聞いてみたかった。
少なくとも、二人共きちんと自分の方針を話せたでしょう。
この二人のどちらが良いとか悪いとか、同意出来るとか同意出来ないとか、それは個人個人で違う。でも少なくとも、ある程度の「オツム」を持った人にこの国の大統領になっていただきたい。
フィヨンを予選で落としたフランス人のみなさん、この決戦がひどいレベルにまで落ちたのはあなたたちのせいよ!
それは少し前のアメリカ大統領選にも言えること。
最悪の結果になったのは、あなたたちアメリカ人みなさんのせいなのよ!そうなってから泣いたって、もう遅い。
フランスだってこの討論会のレベルの低さで、もう本当に心底赤っ恥。
それでも明日の決戦、アメリカのようなことにならないことだけを祈ります。
でもわたしのブログの読者のみなさんはこんな話題キライよね、きっと?

もう一つだけガマンしてね。先週パリで学生たちがデモをしたことについて。
彼らのデモは「マクロンもルペンも納得出来ないデモ」でした。誰もが意見を持って良いのだけれど、まだ親の世話になってる学生たちが、日中のパリの大通りをいくつか(暴力まで起きて)封鎖して行進。
大体学生のデモ(高校生もある)が起きる街って、パリだけ?ではないでしょうか。
わたしは「黙れ」と言いたい。まだ保護者のおかげで学校に行かせてもらってる身分で、仕事している大人の迷惑になる時間帯に何がデモだ、と。
そのデモの内容は「納得出来ないから白紙投票する!」というもの。じゃあ黙ってそうすりゃいいじゃない。
それに大統領は「白」さんという人じゃない。ここまで来たら二人のうち誰かが大統領になるんだから、どちらかを選ばなきゃならない。どちらかマシな方を?!
「白紙投票する」ってことを言うために学生のあなたたちが仕事してる人たちの足を困らせてデモする街って。
何年経っても、ゼッタイにわたしが馴染めないのが、フランスのこういうところですねー 溜息・・・。
それはわたしが呼ぶ「社交」という、友だち同士が家に呼び合ってディナーをするという、フランスでは毎週末のように行われるお付き合いの習慣。この時に大人の会話に子供たちティーンエージャーが参加し、偉そうに大人の会話に割って入って意見を述べ、足を組んでふんぞりかえってピーナッツを食べる、というのにムカツクのにちょっと似てるかしらん?
わはははは😅

明日に決戦を控えたパリの一日。
わたしは夏に向けこんなチープショッピングをしました。
メッセージものが好きなことは以前にも書きましたね。MANGOで19ユーロ。
Image 4
素敵なビーチサンダルはスペイン製。30ユーロ。こんな素敵なものを見つけるのは、やっぱりいつものBon Marché!
Image 1
7区のあるブティックで見つけてうちのトイレに仲間入りしたのは、こんな可愛いお魚 14ユーロと
Image 6
Image 5
布巾はZARA HOMEから。二枚セットで9ユーロ。
ふうう。なんだかHさんの書いてることに納得出来なくて、つい得意じゃないこと書いちゃったけど、やっぱり
わたしはこういう話題の方がホッとするわねー🐟😂






関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment