in アート ARTS

草間彌生展 in TOKYO

-0 COMMENT
行って来ました!
現在東京で開催されている草間彌生展。
http://kusama2017.jp/
Image 9
国立新美術館というところは初めて伺いましたが、素晴らしい場所ですねー!
ただ写真撮影がダメっていうのは何となくわかるけど、スマホでのみいくつかの場所で可、っていうのが意味がわかりません。誰かわかる?
余談ですが、つい最近知ったこと。日本のiPhoneって写真を撮るときの「カシャ」っていう音、消せないんですね😱
ビックリです。日本のiPhoneだけそう改造されてるんですね。外国のは違いますから。
なぜ・・・・?
フランス人の間でのウワサは「日本人は盗撮をするから、それを避けるため」って。ホント??
なんかものすごく変な話だと思ったのは、香港のマダムジュジュも。なんか不思議の国ニッポン?
というわけで草間彌生さん。この写真は入口だから撮れたんですが。
Image 10
入ってすぐの部屋には富士山の絵があったけど撮影禁止。残念!
そして大きなホールに・・・わーーーーーー😆!!!!!すごーーーーーーーい!!!!
Image 11
すごいすごいすごい!!!
Image 8
今日はこのために草間彌生さんとルイヴィトンのコラボバッグで来たの!
時々気付いてヒソヒソ話してくれるマダムとかいて、嬉しかったわん。
でもわたしよりもっと高かった黄色のパンプキンのネヴァーフルを持ってるオバサンもいて、ううう、悔しいったら。
Image 14
わたしのバッグと同じ絵よ!
Image 12
とここでこっそり富士山の絵も少し写っちゃった。
Image 6
大きなスカルプチュアも真ん中にあります。
Image 5
でもわたしが感動したのは両サイドの部屋にあった撮影禁止の1980年以前の作品たち。油絵やデッサンやコラージュや、本当に素晴らしかった。彼女がどんなに時代の先端を行っていたかを物語るニューヨーク時代の作品がたくさん。

残念だったのはミラールーム。
(こちらの写真はネットより)
「はーい、みなさん立ち止まらずにどんどんお進みください。写真撮影は禁止です。はーい、進んで下さーい」
326 5
と案内の方が繰り返している中を、お行儀の良い日本人が大人しく立ち止まらずにどんどん。
みなさん、わたしのブログのこの記事を憶えてる?
http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/blog-entry-297.html
ロサンゼルスのThe BROAD museumのミラールームについて書きました。
ここでは2−3人ずつ、約30秒くらい中に入れて扉を閉めてくれる。その間「わーわーわー!」を連発して写真を撮ったり、すごく楽しめたんですね。
きっと草間彌生さんの了承を取ってそうしているはず。
どうして東京では出来なかったんだろう??こんな風に「立ち止まらずに進んでくださーい」って言われて通り抜けのような感じだと、ミラールームの良さ、すごさは、わからなかったのでは??

それでも本当に行って良かった展覧会。
会場前のカフェに立ち寄ってみると、外の木にも草間彌生さんのアートが!
Image 7
フランスのAix en Provenceの街がこうなったことがあるの。
326 6

乃木坂駅を出てすぐの入場券売場の前のカボチャ。
なんて寒い3月の東京だったことでしょう!
Image 13

みなさんもこの機会をお見逃し無く。
5月22日まで。







関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment