PARIS パリ FEDORA より

元フランス航空会社CA  パリからの便り  パリ フランスの生活 オペラ 旅行 ファッション レストラン ショッピング・・・わたしの好きなこと!

20年ぶりに行ったタヒチ モーレア島のソフィテル Ia Ora Beach Resort 

 

いやはや、遠かった。ここまで来るのは。
主人の仕事に付いてロサンゼルス経由で来たから、ほぼ一日かかる旅。
でも日本のみなさんには東京からAir Tahiti Nuiで週2回直行便が飛んでいます。
昔はエールフランスも東京から直行便が週一で飛んでいて、わたしも仕事でタヒチに一週間滞在出来るという夢のようなパターンが存在したんですね。
日本人クルーのわたしたちも毎便3人が乗務したので、何度も行く機会に恵まれました。
いろいろな島に同僚達と行ったっけ。帰りの便は一週間後でほぼ同じお客様たち。わたしたちの方が真っ黒に焼けて、申し訳ないような恥ずかしいような。
タヒチという場所は、到着した瞬間から自分が竜宮城のような場所に来たことがわかる場所。
空港には今でもタラップで降り立ち、タヒチの音楽とダンサーの出迎え。これは今も変わらない。
325 1
ホテルの迎えの人たちは、今朝つんだ花で作ったレイを持ってにっこり笑っていて、彼らだって耳の上にお花を付けている。ゴーギャンの世界のようなこの姿は今でも全く変わっていません。
わたしも世界のいろいろな島とかビーチとか行ったけど、このスローで優しい雰囲気、自然の中で今も文化を大切に生きて
幸せな穏やかな人たち、こういうことを感じる場所は本当にタヒチだけ。
タヒチの本島からモーレア島へは飛行機で10分。船でも50分。
325 2
わーーーーーーーー 心躍るこの色!
325 3
今回の滞在はSofitel Ia Ora Moorea Beach Resort
Sofitel Moorea Homepage
ここには20年前に何度も来たことがあるのですが、リニューアルしてぐっとレベルが上がっていました。
以前は無かった水上バンガローを今回は選びました。
325 4
わたしたちが選んだのはテラスも大きめ、サンデッキも2台あるから、一日寛げます。
325 5
タヒチ島を臨むラグーンは足が届く深さで穏やかだから、まるでプールのごとく!
325 6
お部屋もとてもエレガントな空間です。蚊帳もロマンチック!
325 7
大きなシャワールーム
325 8
軽いランチを食べにボートハウスへ。
325 9
もちろんHinanoビール!ロゴが可愛過ぎる!(実はすでにパペーテの空港で飛行機待ちながらすでに一杯やっちゃったんだけど)
焼野菜のサラダはとても美味しかった。昔のタヒチにはあまり美味しいものは無くて、でもこのホテルのように良いフランス人のシェフが入ると、お料理のレベルも俄然アップするのね!
325 10
そしてここでも・・・・🎵🎵 このおじちゃんやおばちゃんは特別なミュージシャンというわけではなく、こうしてウクレレをちょっと弾けちゃったり歌ったりは、みんなが出来ること。
325 11
島の東にあるこのホテルは直接サンセットは見えないけれど、それでも夕方はこんな色に。
325 12
そしてロサンゼルス経由で来てなんだかもうどこの時差だかわからない朝は5時から起きてしまいました。
325 13
素晴らしい朝食をゆっくり頂いたあとは
325 14
水上バンガローに戻って、ラグーン、ラグーン、ラグーン!
ロサンゼルスで買ったばかりの主人の水着のお魚さんたちもハッピー🐠 🐠 🐟
325 16
わたしはもうこういうところにいる時は、限りなく幸せ!
325 15
目の前にはお魚もたくさんいて、借りたマスクとチューバは結局必要無し。静かな水だからそのまま見た方がずっと綺麗でした。しかもマスクを付けた途端見ちゃったのは白い蛇。ううう、見たく無かった・・・😰 水の中で会いたくないものっていますよね。でも水が綺麗だからこういうものもいるんだけど。一度ニューカレドニアのイルデパンで赤白のシマの蛇が泳いでいるのに出くわしたときは、もう二度と水の中には行かれなくなっちゃった。
325 18
さて、このホテルのブティックにはとても趣味の良いビーチドレスがたくさんありました。コーフン!
リゾートに来るとなぜか買いたくなりませんか?この手の東京やパリでは役に立たないドレス・・・😓
325 17
もう一枚もラグーン色!
325 20
わたしって本当にわかりやすいですね💦 💦 でも両方とも3000円くらいだから、まあいいか。
夕暮れのパッションフルーツモヒート。
325 17

とにかく素晴らしかった!
2年前にやはり15年ぶりに行ったボラボラ島は、実はガッカリでした。アメリカ人だらけで、全てがアメリカナイズされてしまって。文化とか島の暮らしとかここの人たちの優しさとかにはあまり興味が無いアメリカ人だらけ。
「ボラボラ」という名前、景色、海、水上バンガローだけに「ワーオ!」
そういう人たちを相手にしていると、島の人たちだって変わってしまう。
でもアメリカ人があまり来ないモーレア島は全然昔と変わっていなかった。
人々はスローで穏やかで優しくて、そして少しボラボラの話をしたら、やっぱりタヒチの人たちも同感。実はボラボラでは人手が不足して困っているのだと。誰も働きに行きたがらなくて、と。
というわけで今回の20年ぶりのモーレア島は、なんだかジーンと来るような、とても感動する素晴らしい旅になりました。

ただ一つ、わたしのフラストレーションは、水上バンガローが素晴らし過ぎてビーチを歩いて貝を探す時間が無かったこと!
325 19








関連記事

category: 旅行 VOYAGE

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

Fedora B さん 
 こんにちは。
タヒチの素敵な写真に魅了されてます。

 私も定年になったら、是非是非行ってみたい場所です。
ボラボラはダメなの~。残念ですね。
決めました、私もモーレアに行くわ!!
ビーチドレスも素敵!!お似合いですよ。

 でも・・・タヒチって、ヘビいるの?
白ヘビは幸運の印って言うから、きっと良いことがありますよ!!
(私も、ヘビは苦手なんですけどね。)

けんちゃん #- | URL | 2017/03/21 01:22 | edit

Re: タイトルなし

けんちゃん
ご購読ありがとうございます!
ボラボラは本当に景色が信じられないくらい美しいところなので、昔のタヒチの人たちとかを知らなければ「ああ、昔は」と言うこともありませんし、是非おいでください。でもそのあとモーレアへ行かれたら人々の暖かさとか本当のタヒチの雰囲気に感動されることでしょう。
テティアロアという夢のような島もあります。現在はものすごい高級リゾートが出来ていて、島全体を見ることは出来ませんが、鳥の島と呼ばれる部分はパペーテからヨットでの日帰りで楽しむことが出来るそうです。
いずれにしても是非行って頂きたいのがタヒチです!

Fedora B #- | URL | 2017/03/23 09:08 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/tb.php/326-bbe08092
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top