PARIS パリ FEDORA より

元フランス航空会社CA  パリからの便り  パリ フランスの生活 オペラ 旅行 ファッション レストラン ショッピング・・・わたしの好きなこと!

住むように滞在するフィレンツェ Cavalieri Palace Luxury Residences 

 

今年のフィレンツェも再びCavalieri Palaceに滞在したわたしたち。
Cavalieri Palace Homepage
一度この手のアパートホテルの味を知っちゃうと、ホテルに戻るのは難しい。
ホテルのお部屋と同じお値段で、倍くらいに広い空間。
特に女二人の旅で二人共が荷物が多いとなると(わたしたちね)小さなホテルの部屋ではショッピングなんかし始めたら
すぐに物だらけになってしまう。
しかもここは内装もデザインも素晴らしいリュクシーなアパート。
キッチンが付いてるのは、たとえお料理をしなくても、お茶を入れたりちゃんとしたグラスでワインを飲んだりも出来る。
街のど真ん中の小さな道を入ったところにあります。
321 1
いつも美しいエントランスの空間。ここには可愛らしいお菓子が毎日置いてあるから、チェック!
321 4
去年はこの奥の階段を上へ上がった最上階のロフトのようなステュディオでした。
321 5
今年の部屋は1DKって言うのかな。広いベッドルームは独立していて、キッチンも去年よりはずっと大きいもの。
321 17
そして窓からはこんな街並とドゥオーモも。
321 2
反対側にはパラッツォヴェッキオも見えます。
321 3
売り子が怖いScudieriに毎日出かけては美味しそうなお菓子を買って
321 8
これがわたしたちの毎日の朝ごはん。エスプレッソマシンもあるし。
321 6
わたしの友だちとはこの朝ごはんの趣味もぴったり。少し美味しいお菓子を食べてそれで十分。
それから喋ってシャワーを浴びてお化粧をして、ちょっと美術館とかショッピングをしたあと、ちゃんとランチを食べに行くから。
友だちと旅行をするときって、こういう好みって言うのかな、リズム?も同じだとうまく行きますよね!
さあ、今日はフィレンツェ名物のステーキを食べに行きましょう。
去年も来たこのレストランはとても美味しいのに、中国人の団体を受け入れるようになっていました。残念!
でも街中には中国人しか歩いていないから、仕方ないのかも。
321 9
ステーキはすごく大きいから一人分を半分ずつ。
321 10
夜は最高に美しいパラッツォの中にあるObicàへアペロールスプリッツを飲みに。
321 12
おつまみ?は飲み物に付いて来たもの。これだけでお腹いっぱい!
321 11
また別の晩はレプブリカ広場のSavoy Hotel 前の老舗Gilliで一杯。
必ずおつまみが付いて来るのがフィレンツェ風。
321 13
今年もLungarno Cafféは最高にオシャレで、とても美味しかった
321 16
夜ルンガルノ通りをふらっと歩いて通りがかりのバーの天井のフレスコ画にびっくり。
本当に宝箱のような街。
321 14
すぐそばのポンテヴェッキオ。
321 15
フィレンツェはこんな風にのんびり歩いて暮らすように滞在するのが最高な街だと思います。
それが出来るのは本当に幸せですねー

321 7






関連記事

category: 旅行 VOYAGE

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/tb.php/322-90cedfa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top