in 旅行 VOYAGE

香港とマダムジュジュ その2

-0 COMMENT
というわけでつづきです。昨夜訪れた海辺の町、鯉魚門では二人ともお揃いの黒装束にパンダバッグのせいか、客引きのお魚屋さんたちに声もかけてもらえず(みんな口あんぐりだった。なんでかなあ?)でもいつものお店へ。道には子供達が描いたと思える鯉のぼりがたくさんで、とても可愛い!
HKG 10
これからのシャコやあさりにも胸が躍ります!こちらにはワインは置いてないから、マダムジュジュが買って来てくれたフランス産のシャルドネを持ち込み。氷だけはたくさんあるからね!しゃこをお見せしたかったけど、すでに奥の方で残骸になってるから、あさりのオイスターソースを。
HKG 11
夜風は甘く柔らかく、おじさんもほとんど英語は喋らないけど、モーマンタイ!(ノープロブレムって意味)知らない他のお客さんたちとも盛り上がって楽しく美味しいディナーでした。これはわたしたちの得意技ね。

が、しかし今回もガーリックのすごさと時差とでほとんど寝られず。
おはようございます!
HKG 12
パンダバックの横には、マダムジュジュが酔っ払ってお魚屋さんの横で買った派手なピンクの果物が。結局ずっと飾ってあっただけで味はわからないまま。
睡眠不足の濁り目でそこにわたしが見たものは・・・
HKG 8
わたしは母に勧められて日本で購入、今回の機内読書用に持って来た一冊。マダムジュジュのところにはお母様から送られて来た一冊。お互い元気でありがたい母を持つ幸せなわたしたち。
この本は本当に素晴らしい一冊だから、みなさんも読んでね。

ようやくコーヒーで人間復帰(まだ口は臭くてたいへんだけど)して、またもや飲茶へ。今度はマダムジュジュの部下が選んだ一店。サービスもちょっとフュージョンな飲茶は、目も口も楽しめます。
HKG 14
小龍包は食べるのが難しい一品ですが、こちらのこのにくい演出!ああ、モーマンタイ。
HKG 9
そして香港一美味しいマンゴプディングは当店に決定!生きてて良かった!
HKG 13
このお店の名は Yat Tung Heen (漢字は一文字目が難し過ぎてわからない!)マダムジュジュの妹に口止めされてないからね、教えちゃう。
http://yat-tung-heen.com/

お腹いっぱいで道に出たわたしはそこでマダムジュジュから道の店頭にあるものを見せられます。
それは以前に香港に来たときには見たことの無いもの。たくさんの店のショーウィンドー一杯に飾られている粉ミルクの缶の山でした。
HKG 15
今香港中に本土の中国からの旅行客があふれています。ほとんどは香港に来ることが出来るお金持ちです。また旅行客だけでなく移住する人たちもたくさんで不動産も高騰しています。
この人たちは安全な粉ミルクを買いに香港に来るのだそうです。本国は汚染されているためです。
何か考えさせられる話です。この人たちが富を得た理由は世界中に氾濫する Made in China 製品、その挙句に本国は公害に汚染され、自分たちの健康が脅かされるどころか、すでに病気もたくさん発生している。
赤ちゃんの安全な粉ミルクを買いに香港へ来る、医療を受けに香港へ来る。この矛盾。
中国人だけでなく世界もなにか重要なことを見逃したまま、見ないようにしたまま、金儲け、発展のために今日まで来たこと、それによる弊害は自分たちを脅かしていることに早く気付きどうにかしなければならないはずです。

香港に来て食べたり飲んだり買ったり笑ったり、そんなことばかりしていたように見えると思いますが(その通りなんだけどォ)今日は曾野綾子先生風にまとめました!

(つづく)




関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment