PARIS パリ FEDORA より

元フランス航空会社CA  パリからの便り  パリ フランスの生活 オペラ 旅行 ファッション レストラン ショッピング・・・わたしの好きなこと!

クレアヴォヤンス スピリチュアルヒーラーのコイトさん 

 

わたしはもともと占いというものにあまり興味が無いのですが、年末年始に新年がどんな年になるかなというのは
気になります。そのために本や雑誌を買うところまではいきませんが、飛行機の中などで手にすると読みたくなるのが
フィガロジャポンの年間占いでしょうか。
ここ数年とても当たって?いて、というか、そうなると良いなあ!ワクワク!という内容なのです。
2016年に関しても「やれば出来る年。でも自分には無理なのではないかという思いとの間で行ったり来たりする」と。やりたいことがあってすごく燃えてたので、嬉しいメッセージ!
でも実際は「でもわたしには無理に違いない」と結局前には進まなかった。💦
これを当たっていると言うかどうかは??
さて、そんな基本占いと呼ばれるものは統計学に過ぎないと思い、そういうものをあまり頼りにしないわたしが一つ興味深いと思うものに、透視があります。
有名なところでは江原啓之さん。
普通見えないものが見える人。どうしてわかるの?というものがわかる人たち。
信じるようになったきっかけはトロントのシンディという方でした。
マダムジュジュがトロントに住んでいたころの話だから、もう20年以上前のお話。今でも続けてらっしゃるかどうかは?
その当時いろいろ身の回りのゴタゴタ(別れた方が良いだろう男性と別れられないみたいな・・・😅 わはははは )に
悩んでいたわたしは、もちろんあまり信じずに、話の一つって感じで出かけました。
この方がすごかった!わたしは自分の名前以外の何の情報も与えず、はじめましての後、彼女がペラペラペラ・・・
わたしが当時付き合っていた男性の年齢から、性格から、そして6月に起きるあることが原因で別れるということまでキッパリ。他にも出会ったばかりの人のこととか、その人はリコンしないから諦めろ、とか😅 💦
いやはやビックリするくらい。そして最後に「でも心配しないで。あなたは幸せになれるから大丈夫よ!」
なんだかいろんな意味でスッキリして帰ったわたしですが、案の定基本あまり信じてないから、忘れちゃった。
そして次の6月にある事件が起きて、その男性とお別れして、それをマダムジュジュに電話で話しながら「あ!!!!」
これってシンディが言ってた通りだな、と。

それから数年後、わたしからシンディの話を聞いてた同僚が「鎌倉にシンディの日本版みたいな人がいるらしい」と。
当時またまたゴタゴタ抱えてたわたしは、すぐに電話したんですね。
それがコイトさんとの初めての出会いになったのですが・・・😭 👏 👍 いやはや正にシンディの日本版!
1時間のセッションの間には、わたしがぞろぞろ連れてったらしい、主人や昔の恋人や祖父や、とにかくいろいろ登場して
感動のひとときとなったのでした。
それ以来、人生の節目(大げさだな)になると「コイトさーん💦 」と助けを求め、うちの猫のトラちゃんの瀕死の時にはどうしたら良いかを尋ね、コイトさんがトラの喋り方?になっちゃうのがおかしかったんだけど、でももの言わぬ動物の前で、辛い治療を続けるべきかどうか迷ってしまったわたしには、大きな助けになりました。
トラがそろそろ天とつながり始めたと言われて心の準備も出来たし、あの子にとって本当に良いことをしてあげられたと
思えたのも、彼女の透視のおかげでした。
そしてなんと言ってもシンディやコイトさんが素晴らしいのは、よくあるおっかない占いおばさんやおじさんが「あんた、なんでこんな最低男と付き合ってんのよ。早く別れなさい」みたいなことはゼッタイ言わない。キツネが憑いてるとかそんなことも言わない。(経験あり)
怖いこともゼッタイ言わない。
どちらかと言うと、解決法や、どういう可能性があるか、とかそっちへ話を向けてくれる。
つまり、とても癒されるのです。
それはただ安心させるのとは違って、見えてることを言ったあとに、じゃあどうするかみたいなことを自分が前向きになれるような言い方で教えてくれる。
わかる??
こういう方たちのことをわたしはスピリチュアル・ヒーラーだと思うのですが、正に言葉通りなんですね。

その後長い時が流れ、コイトさんはわたしの大切な友人になったのですが、こちらが彼女のサイトです。
この「静けさ」を語るページはわたしが大好きな1ページ。
ご興味のある方はどうぞ連絡してみてください。

http://lacunaserenitatis.vpweb.jp/default.html

コイトさんは透視だけでなく、他にもいろいろセッションをなさっています。
どうぞお問い合わせください。

心の中の「静けさ」を忘れず、今年も良い一年にしたいです。

313 1













関連記事

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/tb.php/314-8f4aaf11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top