in 旅行 VOYAGE

Palazzo Ducale 

-0 COMMENT
とうとう来ることの出来たパラッツォ デュッカーレ!
http://visitaly.jp/unesco/mantova-e-sabbioneta
500も部屋のあるこのパラッツォを、オーディオガイド無しでとにかくゆっくり歩いて、空間を生きようと、今日はそう思いました。
わたしの語彙で説明することなんて無理だから、写真でご案内します。
291 1
最初は城塞の方から。
わたしたちがとても幸運だったのは、8月末で観光客がとても少なかったこと。
良く見るとあちらこちらに「立ち止まらないでください。この部屋の最高滞在時間は5分です」と書かれてる。
後で聞くとハイシーズンはどの部屋も並ばらないと入れないそうで、今日のわたしたちは長居したい場所には長くいられたこと。
この天使の部屋も!
291 2
291 3
わたしの溜息が聴こえるでしょうか・・・
291 4
フランスのお城は全然違う。イタリアの色。
291 5
中庭(いくつもある)を通ってパラッツォへ。
291 7
日陰の階段も天井も壁も・・・自分も深紅のシルクのドレスを着て歩いている気分よ。
291 6
わーーーーーーーーー
291 8
これは例の生中継リゴレット、先日ご紹介したビデオでドミンゴさんが歌っている広間です!
291 9
広間と広間の間の廊下だってこんな風。
291 10
この星座の間の天井のブルーと来たら!
わたしたちも、次に入って来る人も、みんな大きな溜息!その度に監視員の方がいちいちニッコリしてくれる。
ソニーのわたしのカメラでもこのブルーはまったく撮れなかった😭
ああ、本当にこのブルーと来たら!
291 11
そう、そしてこの広間も撮影に使われていたっけ。
あまりの美しさになんだか涙が出て来たわたしです。
291 12
ね?本当に誰もいないでしょう?
291 13
美しい中庭を時々窓から眺めながら、次の間の天井はこんな繊細なグレー
291 15
そしてまだまだ続く・・・
291 14
だまし絵がたくさんなのもとても興味深かった。大理石の絵が描かれていたり、天井だって良く見ると凹凸は絵だったり!
291 16
あああああああ・・・
291 17

酔ったようになったこの数時間。
外の気温は35度。
この後パラッツォ テを訪ねる前にエルベ広場でジェラート。
ふうう。夢のようなひとときでした。本当に夢のような。
291 18
















関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment