in ファッション MODE

ホワイトのBirkenstock・・・いまごろ!

-0 COMMENT
8月に帰国したとき、横浜駅近くで日焼けしたオシャレな男の子が履いてるホワイトのサンダルに目が行きました。
それも15分くらいの間に二人。
こちらはネットからお借りした写真だけど、ちょっとこんな感じ。
Birk 1
そしてそのあと行きつけの美容院Three Nineに行くとニシヤマさんの足にはやはり同じホワイトのサンダルが!
超オシャレなニシヤマさんだから
「今流行ってるの??」と尋ねると、イエース!
Birkenstockと言えばドイツのサンダルで、看護婦さんが履いてるという、ファッション性よりは実用性で有名なもの。
パリでも15年程前にブームがあったけど、あのときはレザーのサンダルだったんですね。
今回わたしが注目したのは、どう見てもラバーかプラスチック風
つまり軽いし洗えるし、あらあらすっかり欲しくなっちゃった!
ニシヤマさんはドンキホーテでコピーが1000円で売ってるって言ったけど、35度のその日は数百メートル先のドンキに行くのさえ断念。
それでパリに戻ってからネットで本物を調べたところ、キャーーーーいろんな色が!
というわけで、マレにあるお店に行ってみることに。お値段もこちらで買うと30ユーロちょっと。
ただしパリではまだ白のプラスチックは今ひとつのよう。このお店には無くてガッカリ。
二人のオカマの店員さんに「今東京ですごく流行ってるんだよ!」と言っても、反応は今ひとつ。ふん、今に見てろ。ここ数年モードは東京からと言われてる。数年経つとパリに来るのよ。ふん。
でもネットでも買えるけど、やっぱり試したい!
諦め切れずデパートのギャラリーラファイエットへ。
そこにあったのはただ一つ、トングタイプ!
Birk 4
どう?プロバンス風のオールインワンに合わせました。可愛いーーーー
Birk 3

でもね、日焼けしているときって、洋服も靴も何でも似合うから危険じゃない?何でも買いたくなっちゃう。
次のビーチには必ず持って行きたいけど、いつのこと?
それにパリの街では誰もまだ履いてないから、ちょっと気後れするしね。
Birk 2

でもとてもハッピーなわたしです。
















関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment