in オペラ OPERA

AROP パリオペラ座2016-2017発表会

-0 COMMENT
AROP (Association pour le Rayonnement de l'Opéra national de Paris)とは簡単に言うとパリオペラ座友の会
といったところでしょうか。個人から企業の寄付によって成り立っているパリオペラ座を支援する団体です。
わたしはこちらのAMI(友)という一番安いレベルの会員なのですが、チケットの優先予約権があったり、イベントへの招待や、ドレスリハーサルへの招待、ガラと呼ばれる特別のソワレ(ちょっと値段も高い)の予約権があったり。
先日はパリオペラ座の来シーズンの発表会への招待が来ました。
といってもわたしが招待されたのは、夜のカクテルの方。
大口寄付者たちはそれより数日前のパリオペラ座ガルニエ宮の中での素晴らしいランチ。オペラ座の支配人も音楽監督も同じテーブルに着くの。
わたしはこれにも行ったことがあるぞ。もっともお金持ちの友人のお共でね。
わたしはカクテルも楽しみだけど、それよりも来シーズンを一般発表より先に知れる方に大コーフン!
ミラノのスカラ座からリスナー氏がパリオペラ座に来てからは、ぐーんとオペラの質がアップ!
今夜はガルニエ宮横のグランドホテルインターコンチネンタルで発表会とカクテルが行われます。
その前に今夜わたしが一人連れて行けるので誘った友人と待ち合わせたのは向かいのホテルHotel Scribeの中にある
Salon de thé
http://www.hotel-scribe.com/fr/1-t-rue-scribe.html
1t_salle.jpg
ここはちょっと静かな空間で、とっても落ち着けます。騒々しいオペラ座の界隈では穴場。
プランタンやギャラリーラファイエットの買物に疲れたら、ぜひこちらでお茶を一杯。
わたしが好きなのはこの階段を上がった上の階の席。
253 1
お菓子も素晴らしく美味しい!今日はレモンタルト!これからカクテルだってのにガマンできず。
253 3
わたしの席からは紅茶の缶たちが見えます。
253 4
さて、時間が来ましたのでグランドホテルへ移動。
なんとこの発表会はデビュタントのバル(舞踏会)で有名なSalle Operaでした!
キャーここに来られただけでも嬉しいよう!なんという美しさでしょうか。大コーフン!
う・・・写真撮ってるのわたしだけじゃん。紳士淑女たちは「いつものことでしょ」ってな感じですましてるわ。
253 5
このデビュタントのバルはみなさんご存知?それこそウィーンはすごく有名だけれど、パリにもあるんですよー
もっともウィーンでも林真理子さんが踊っちゃったように、パリも今ではお金持ちかセレブの娘だったら踊れるって
感じ?それこそ昔は社交界デビューだからデビュタントってことだったはずですが。
パリのデザイナーは誰にドレスを着せるかで、毎年大騒ぎ。ウィーンより少人数だから、結構パリでは毎年ちょっとした騒ぎになりますね。
最近ではアラブのお姫様とか、中国の億万長者の娘とか、ブルース・ウィリスの娘とか・・・・何でもありなのよー
253 12
と話は発表会に戻ります。
リスナー氏ご本人が1時間半に渡って来シーズンを紹介。
253 9
煌めくスターたちも来ますよ!ヨナス・カウフマンにアンナ・ネトレプコ
253 6
マルセロ・アルバレスだって♡
253 7
この3人も!もうほとんどテナーのスターは全員来るって感じでしょうか。ワーイワーイ!
253 8
で最後はこのメッセージ
「オペラはあなたたちを待ってます」
253 10
この後は横の広間でカクテルでした。どこでも美味しいカナペが取り合いになるのは同じね。そういうのには涼しい顔をして、友人とわたしはたくさんシャンペンを頂きました。

というわけでパリへいらっしゃる皆さん、予定を組む際にちょっとこちらをチェックしてみて。
日程が合うなら是非オペラ座へ。
https://www.operadeparis.fr/en/season-16-17
そうねえ、やっぱりガルニエ宮でオペラを観て欲しいけど、大きなオペラは今ではほとんどがバスティーユのオペラ座でかかります。でもいくつかはガルニエ宮だから、是非この息をのむ程美しい夢のような空間で過ごして欲しい。
幕間にはぜひ階段を上って上のフォワイエでシャンペンを一杯いただいて、しばし歩いて欲しい。
タイムスリップすること間違い無し。パリの思い出の一つになること、間違い無し!
253 11





関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment