in グルメ GOURMETS RESTAURANTS

Aroma Ristorante Firenze

-1 COMMENT
シニョーリア広場を経由して
249 1
ポンテヴェッキオから徒歩15分 辿り着いたのは
Aroma Ristorante
http://www.aroma-ristorante.it/
249 2
こちらのレストランでもまずはプロセッコの一杯のおもてなしから始まりました。
いつも嬉しいこの一杯。たとえアペリティーボをよそで頂いていても、それでも嬉しい!
おつまみも繊細なものばかり
249 3
また案内してくれた女性や、プロセッコを持って来てくれた別の女性、みんな何でこんなに優しいの??
わたしたちのメチャクチャ赤ちゃんイタリア語にも「がんばってイタリア語でやってみましょう!」
泣けるーーーーー!
難しいところだけ「フランス語か英語で説明しましょうか?」
わーーーーーーーん
まずわたしの前菜 やりイカにブロッコリのピュレが詰められたもの。ソースはアーティチョーク
249 4
ともだちの方は本日のお勧めのスカンピ(海老)とルッコラのグラタン!
わーーーーー♪ (出た!ボキャブラリー不足病!)
249 5
そしてですね、今夜のなんたって絶品ナンバー1はこちらのグリーンとホワイトのニョッキ、いかとアスパラガス、からすみふりかけ(けんちゃん!!!)・・・とでも言うの??!!
いやまあこの素晴らしかったことったら!全てが絶妙なバランス、火の通り方から、味から、その姿から、何から何まで!この手のピアッティではわたしの歴代ナンバー1をあげましょう!
249 6
そしてこちらはフィレンツェ在住日本人女性のブログで紹介されていた、海鮮カルボナーラ。これも本当に素晴らしかった!是非是非お試しいただきたい!
249 7
それぞれサイズが大小とあるのも本当に有難い限り。女性だと前菜もメインも小サイズで十分。
グルメな方でも小サイズでいくつも取ってみるのもいいかもね。
この後のデザートはキャラメルのセミフレッド。
あああああああ
249 8
そしてコーヒーにはこちらのブジエ!!
249 9

わーーーーん!!!あまりの美味しさにあまりの幸せさに、帰り道はすごく寒かったけど二人でスキップしながら帰ったわ!
トスカーナ料理はお肉が中心。でもここにはこんなシェフもいる。海のものを愛し、海のものをどんなに美味しく食べさせるかを知っているシェフ。アマルフィ海岸にもそういうシェフはいるけれど、ここはフィレンツェ。
そしてこの小さなレストランは多分、そんなみんなの愛、情熱があるから、こうしてサービスをしてくれる全ての若い女性たちに共通するパッション、優しさ、気配り、なにか全てがお料理に反映されていて、お店を去るときに
「ああ!どうかこのフィレンツェでこの小さなホワイトなレストランが長く長く愛されますように」と祈らずにはいられない、そんな気持ちを抱かせる空間だったのです。


Buena notte....



関連記事
  • Share

1 Comments

けんちゃん  

Fedora B こんにちは。

なんて素敵なレストランなんでしょう。
トスカーナ料理は私もお肉のイメージでしたが・・・
海の恵みとは、素敵ですね。
全て、私が食べたい物ばかり。

イタリア版イカ飯(笑)も美味しそうだけど、
グリーンとホワイトのニョッキは、携帯の待ち受けにしたいほどだわ。
海鮮カルボナーラも、発想として新鮮。
デザートもいけてるぅ~。

俄然フィレンツェに行きたくなったわ。

2016/03/01 (Tue) 00:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment