PARIS パリ FEDORA より

元フランス航空会社CA  パリからの便り  パリ フランスの生活 オペラ 旅行 ファッション レストラン ショッピング・・・わたしの好きなこと!

Baci di Dama わーーーー♡ Duomo 前の悔しいけどScudieri Firenze 

 

翌朝も良い天気!
ドゥオーモからスタートしたわたしたち。え?午前中のイタリア語の勉強??
・・・・・・・・
それにしてもなんて美しいんでしょう!!!(と、ごまかす)
246 7
わーーーーーー♡
246 4
こちらを撮ってくれたのは、可愛らしい日本人の女子大生のグループの女の子。
ここまでヨーロッパに中国人があふれると、日本の女の子やおばさんたちの可愛らしさって本当に際立つのよ!
246 3
さて、ドゥオーモのドーム、ブルネルスキのフレスコ画の素晴らしさや、その説明はガイドブックさんの方が詳しいのでそちらにおまかせして。
246 5

今朝わたしたちのホテルCavalieri Palaceを出る前にエントランスホールにあったお菓子
246 1
この愛らしく美味しいことったら。それでCarloさんに尋ねると Baci di Dama バーチディダマというお菓子ということ。どこで手に入るか尋ねると、お菓子やさんなら大抵置いてると。
ドゥオーモ前の老舗Scudieriを覗くことにしました。
246 6
Scudieri Firenze
http://www.scudieri.eu/
L1002196.jpg
ありました!ショーケースの真ん中に!ホテルにあったのよりは一回り大きく、白いのもあります。
こちらはバニラ味。
246 9
少し買って味見してみることに。ちなみにこちらはbugie(ウソという意味)カーニバルの時期の揚げ菓子。
これに目がないわたしはちょこっと注文。
246 10
わーーーーとてもとても美味しい!
が、しかしお店の売り子の感じの悪いことったら。いやもう、買うのを止めようかと一瞬思ったほどの感じの悪さ。
しかもこうしてお皿に載せてよこしたから、そばの空いている椅子に腰掛けて食べていたら、カフェコーナーのボーイが「ここは食べるところじゃない」と!
プッツン
こういうときのわたしたちがイタリア語で言い返せなかったのは本当にくやしいんだけど、英語でわたしは言いました。
「じゃあお皿をよこしたおたくの売り子の彼女にどうしてお皿でよこしたのかクレームしてちょうだい。わたしたち
はお皿で下さいなんて一言も頼んじゃないのよ」
そしたらボーイはギョッとして「いやいや、別にそんな」みたいな態度になって、あたし怖かったのかしらん?
フィレンツェの人たちはどこに行ってもみんなとても親切で、かつわたしたちがイタリア語で頑張ろうとすると、
ゆっくり話してくれたり「いつから勉強しているの?」なんて会話がはずんだり。
とにかくこのお店は売り子からお勘定のおばさんからこのボーイまでとにかく感じが悪い。
でもフィレンツェの人たちでいつもワイワイ、満員。警察官もバーでエスプレッソを飲んでるよ。そう、観光客より
地元の人で賑わっている感じ。
すっかり気分が悪くなって、ともだちと二人でブツブツ言いながらホテルに帰りました。
買ったものまで重くなったような感じ、疲れもあって「うううう!ムカツクよねー」なんて言いながら。

でもホテルでちょっと食べてみる?
246 8
ギャーーーーーーーーーーーーーーーー
この美味しさと来たら!!外側は甘みの少ないチョコレートの柔らかクッキーという感じ。はさんであるクリームは
アイシングのような?あのオレオクッキーのような。でもそのリュクシーなバージョンって感じ?
くやしいけど、どうしてもパリに持って帰りたい。
というわけでお店に戻ったのよ。翌日。で、相変わらず感じの悪い昨日の売り子。
でもわたしたちに気付いて「あら?ボンジョルノ」なんてニヤリとして、こんなきれいなハコに詰めてくれました。
本当は勧めるのは悔しいんだけど、フィレンツェに出かけたら是非召し上がれ。
246 2 

わーーーん!悔しいけど美味しいよう!






関連記事

category: グルメ GOURMETS RESTAURANTS

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/tb.php/246-9e6a7753
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top