in パリ PARIS

パリの秋

-1 COMMENT
224 1
わたしの家はパリの東の郊外にあります。庭にはカナディアン メープルのいろんな赤の葉が落ちていて、息をのむほどの美しさ。
横のモミの木(かな?)に降りかかった赤の葉は、まるでクリスマスツリーを飾ったかのよう!
224 5
その横にはフランスでは珍しい樹齢150年の銀杏もあります。
224 3
2階から庭のテラスを見下ろすとこんな感じ。毎年溜息をつく美しさです。
224 2
昨夜は友人がアペリティフに来たので、サロンのテーブルにメープルを飾ってみました。真ん中はフランスで焼かれた楽の花器。ガラスのテーブルの下に見えるのは、父の友人の陶芸を趣味にする方が焼いてくれた葉っぱたち。
そう夏の間はこのテーブルには貝殻やサンゴが飾ってあるけど、秋以降は緑・黄・赤の葉っぱに変わります。
224 4
さて、パリのサンシュルピス教会の前はこんな風。パリの秋の曇り空、湿気のありそうなこの感じ、決して嫌いじゃない季節です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/サン=シュルピス教会
224 6
サンジェルマン通りのラルフ・ローレン ブティックの中庭のCafé Ralph'sでは、まだ初秋の今日は外でサラダやお菓子がいただけます。とびきりオシャレな場所!
http://ralphlaurenstgermain.com/en/#/lerestaurant
224 7
224 8
その並びにあるのは、わたしの好きなイタリアブランド Brunello Cucinelli
http://www.brunellocucinelli.com/ja
わたしはもっぱらイタリアに行った時に買物をするので今日はウィンドウだけ、と覗いたら・・・
足元の小鳥を見て・・・!!
224 10
なんて可愛いんでしょう
224 11
別の子はこちら!!!
224 9
こういう出会いで束の間どころか、今日あったイヤなことを忘れ、なんだか幸せな気分で帰路に。
通りがかりのナポレオン通りのLa Dureeのショーウィンドウは「りんご」でした。
224 12

パリに旅する人が素敵な思い出を胸に「また来よう」と誓ってそれぞれの国に帰って行くのは、こんないくつかの瞬間のためなのかも知れませんね。
27年住んだわたしも、いつも何かに感動する街、それがパリですねー







関連記事
  • Share

1 Comments

けんちゃん  

す・て・き!!

なんて素敵なんでしょう。
メープルの赤、もみの木の緑、銀杏の黄色、押し葉にして取って置きたい瞬間ですね。
我が家の障子の張替えの際に、是非いただきたいです。
障子紙の中に挟みこんで、素敵な障子に仕上がると思います。

テーブルのコーディネートも素敵ですね。Fedora B さんのセンスが光ります。(キラキラ・・・)

サンジェルマンにこんな素敵なカフェがあるとは・・・知りませんでした。
ラルフ・ローレン ブティックの中庭のCafé Ralph's、次回は是非待ち合わせしましょうね(笑)

2015/11/05 (Thu) 01:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment