in 旅行 VOYAGE

Capri ancora!  カプリ アゲイン!

-2 COMMENT
と、イタリアを夢見ていたら、あっという間にカムバック。
夏の終わりの、と言ってもパリはもうすっかり寒くなってしまったのですが、カプリ島に3年ぶりに週末を過ごしに来ました。以前にもカプリについては書いたんですよねー
http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/?q=Capri
ここはまだ夏。もちろん日も短くなり、朝夕は涼しくなったけれど、まだ夏のドレスが着られるし、お食事も外で出来ます。ロシア人はリーマンショック以来いなくなってこの島には平和が戻ったし、まだ中国人の団体もそんなにはここまで来ていないから静かですね。
今年のカプリはナポリからボートに乗るときからとにかくアメリカ人!ドルが強いせいもあって、とにかくアメリカ人だらけ。彼らの欠点は声が大きいこと。アメリカを持ったままやって来る。一言くらい「ボンジョルノ」くらいイタリア語を言えばいいのに、全部米語。これはパリでもそうなんだけどぉ。
わたしのアメリカ人の友人が、わたしがフランス語を喋っているのを聞いて「スゴイ!フランス語ペラペラなのねー」
その前にわたしはもうずっと前からあなたたちと英語で喋ってるんだけど、それについて褒められたことは無し。
つまり英語を喋るのは当たり前だから。
というわけで、ボートの中の賑やかなことったら。
でも一時間弱でカプリ島に到着。
217 2
スーツケースはポーターのおじさんに預けて
217 3
街の中心のホテルへ徒歩で向います。あ、この帽子は先日のヴェローナで求めました。パナマのコピー、30ユーロ。
217 1
まずは港からケーブルカーに乗って小さなチャペルのピアツェッタ(広場)に着いて
217 4
まずは遅いランチにブルスケッタをAperol Spritzで!
ああ、どうしてこうトマトの味が違うのでしょう?
217 5
広場に面するTod'sのショーウィンドウもカプリならではの海の演出 わたしが見逃すはずもなく!
貝やお魚やタコ、サンゴなど全て陶器です。すてきー
217 6
街中はもう何度も歩いて知り尽くしているから、迷うことも無くのんびりホテルへの道を進みます。
こちらはLa Parmaホテルのテラス
217 7
そしてやはりカプリ最初のジェラートが舐めたくなる。
217 8
こんなことをキョロキョロしながら立ち止まりながら進むから、港に着いてから早1時間半。
こういうのにいちいち「キャー」なんて悲鳴をあげながらだから。
217 13
さて以前ご紹介したビスコットと名付けたバッグ(憶えてる?)を買ったこちらの写真は2009年。
(おとなりのブティックの本物の犬がビスコットという名前だった)
217 14
今年はこのお店のロゴでもあるダックスフントのぬいぐるみがたくさん。可愛過ぎてたまらん!
217 12
「わー
217 10
というわけでようやくホテルに到着。Dolce Vitaの始まり。
217 11
パリから近いようで、やはりナポリからボートに乗ったりしていると、結局半日がかりの旅。
朝8時に家を出て、ホテルに着いたら午後4時近く。今日はとりあえずプールに向いました。
217 9





関連記事
  • Share

2 Comments

けんちゃん  

憧れのカプリ

Fedora B さん、

 先日は、大変ご心配&ご迷惑をおかけして
済みませんでした。

 ナポリ、素敵ですねぇ~。
私、一度は「青の洞窟」行ってみたいんですよねぇ~。
定年になったら、ご一緒してください。
でも、入り口が非常に狭い?んでしょ?
私でも通れるかしら?っと・・・心配してます(笑)。

それから、カプリは海の幸の宝庫なんでしょ?
甲殻類好きには天国とか・・・。

Tod'sのショーウィンドウも素敵~。海の底にいるみたい。
次の模様替えの時に、ディスプレイに使った陶器、もらいに行こうかしら・・・(笑)。

2015/09/30 (Wed) 03:53 | EDIT | REPLY |   

Fedora B  

青の洞窟は潮の満ち引きで入れないことがあるんですよー
わたしも一度はダメでした。
カプリの向かい、世界遺産のアマルフィ海岸のポジターノも夢のような場所です。
ぜひイタリアへの旅をご検討くださいね!
ふふふ、甲殻類の好きなけんちゃん。
ウニのスパゲッティはいかが??

2015/10/03 (Sat) 16:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment