PARIS パリ FEDORA より

元フランス航空会社CA  パリからの便り  パリ フランスの生活 オペラ 旅行 ファッション レストラン ショッピング・・・わたしの好きなこと!

パリの串カツ 「凡」 

 

わたしは子供の時に関西にいたせいもあって、串カツが大好き!
大阪に仕事で行くときはいつも、京都、奈良、お寿司、お好み焼き、串カツ・・・どう予定を組もうかと飛行機の中で、いやまだパリにいるときから悩んでいたっけ!本当に大阪は美味しいものが多いから、たびたび京都のお寺さんより食べ物を選んでしまったり。
先日大雨のパリの土曜日、後輩の案内で伺ったのはレプブリック広場に近い「凡」
b0283508_4562033.jpg
サンミッシェルの「修」はサッカーの世界のナカタも通うという有名なお店で、わたしも行ったことがありますが
「凡」は2件目かな?というくらい、まだパリには少ない串カツのお店です。
大雨のお昼に扉を押してお店に入ると、信じられないくらいの静かな空間。美しい日本人のお嬢さんが「いらっしゃいませ」と出迎えてくれました。
216 1
木の優しい空間、照明の具合なども絶妙で、まるで空気自体が変わったかのよう。
こういう演出は本当に素晴らしいと思う。欧米の素敵なレストランで「わーステキ」とインテリアやデコで思うことはあっても、このような外と中で一気に空気が変わったように感じさせる演出、外界から遮断されたような、今から始まる大切なひとときのために、外のガヤガヤから一瞬にして「今から」に自分の心が向く、と言おうか・・・
ううう。うまく言い表せませんが、こういう感じは、今迄に京都のお寺やお庭や、やはり京都の料亭や、一流の旅館などで何度か経験したことがあります。
そしてお店の方の態度やお話をされるその感じも、正にこの空間にぴったりなんですねー
訪れるこちらも、ちょっと気をひきしめて、この雰囲気に合う自分でありたい、と思うその感じ。
なかなか無いこの感じ、まずは「凡」に入った瞬間に感じました。

さて、ここはパリだからカウンターにはワイングラスがセットされていて、これもステキだなと思ったことの一つです。
216 2
今日はランチなのでまずはビールをいただきましたが、その陶器の素晴らしいこと。
216 3
シェフの伊藤さんが本日供される串カツの具を説明してくださいます。
またこの伊藤さんの話し方がとても控え目で優しくて。ああ、日本って本当にいいよね、って思うのはこういう瞬間ですねー
本当に世界中いろいろなところへ行ったけど、日本の文化、言葉、仕草・・・「おもてなし」とは日本ならではのもの。
海外に長く住むと、歳と共にますますそういったものに「キュン」となる瞬間が増える気がします。
216 4
自家製のソースは3種類に塩。それぞれが何だったか忘れてしまいましたが、どの串カツにはこれと言う風に一つずつ出されるごとに説明してくださいます。
216 6
こちらはズッキーニのカツの上に大根おろしとフォアグラのソテー
216 7
牛ヒレ(たしか)の串の出されたお皿には「凡」BON (フランス語で美味しいという意味)と3種のソースで書かれていました。
216 8
鯖とショウガの炊き込みご飯と赤だし。この前には美しい茶そばが出たんだけど、写真を撮るのを忘れて食べちゃった!
216 9
ガナッシュのチョコレートの串揚げにヴァニラアイスクリーム
216 10
と言うように、上で全てをご紹介出来ませんでしたが、フランスの食材を取り入れたパリならではの串カツのメニューでした。
216 11
帰るとき「本日は大雨の中をお越し下さり、ありがとうございました」と外まで見送って下さった伊藤さん。
ああーいいなあ!ジーンと来るなあ!
日本にいるみなさんは慣れてるからピンと来ないでしょう?外国に長くいるとこういう日本の良さに感動するんですよ。
日本の文化は本当に世界一だと思います!

本店は大阪に。次がパリで、そのあとが東京。
http://www.kitchen-dan.jp/store.htm#paris
216 12
こちらへは大切な人とどうぞ。静かに大人のときを過ごせる人と。
ここはガヤガヤやわーわー大きな声で喋る人はフランス人も日本人も似合わない。
そしてフランス人の大切な女友だちを連れて来たら、ちょっと鼻が高くなるお店。お食事も日本文化も。
今日のお昼は30ユーロのメニュー。
次は夜に是非来たいなあ。極上の串と夜はやっぱりワインかな。
216 13





関連記事

category: グルメ GOURMETS RESTAURANTS

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/tb.php/216-aad02f24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top