PARIS パリ FEDORA より

元フランス航空会社CA  パリからの便り  パリ フランスの生活 オペラ 旅行 ファッション レストラン ショッピング・・・わたしの好きなこと!

North & Middle CAICOS へのデイトリップ 

 

さて今日は前回のブログの地図の真ん中の島North & Middle Caicosへデイトリップに出かけました。
まずはフェリー(小さい!)で渡ります。唯一の連絡手段で30分。
202 1
マングローブのたくさんの島を見ながら。
202 2
202 3
着いた港ではレンタカーが待っていました。
その車は
202 4
モーリシャスやアンギーラなんかでもそうでしたが、世界の果ての島では日本の車がたくさんレンタカーとして活躍しています。時にこうして地方の名前が残っていることもあり、なんだかこういうのにジーンとくるのがわたしです。
ちょっとキーウエストみたいな海の中の道
202 5
数えるほどしかないカフェ。見つけたら止らないと次はいつ出会えるかわからない。このカフェは絶景のMudjin Beachを見渡せます。
202 6
壁の銀のお魚のオブジェ!わたしが海のものを大好きなのは皆さんもご存知ですね。
202 7
立ち寄った無人のビーチのこのピンクの貝はターコス&カイコスの名物、Conch Shell
202 8
こういうのを見つけるともう夢中。
202 10
このコンチ貝がどのくらい大きいかと言うと
202 9
そして最後のランチポイント?地元では有名なダニエルカフェは超クール!レゲエが聴こえ、地元の人がお食事してる。
202 12
こちらでいただいたのは、コンチ貝のフライを自家製のぴりぴりソースで。ビールと最高!
202 11

Daniel's Cafe のあと向かったのは「アクセスの道を見つけるのが難しい」と島のガイド雑誌に書いてあったビーチ
Bambarra Beach
確かに一本しか無い道を制限速度30kmで走っても見つけられない!
3往復してやっと標識を発見!
203 4
約5分、ガタガタ道をくねくね進むと目の前に現れたのは・・・
203 1
わーーーーーーー
わたしの写真では良さが伝わらないのが残念ですが、長いホワイトサンドビーチの先に広がる遠浅の海。その色はうすいうすいエメラルドグリーンとブルー。
203 3
誰も誰もいないこのビーチ!いたのはこの子だけ!
203 2
遠浅の海、歩いても歩いても膝までのホワイトサンドには、エイが何匹も泳いでいました。
203 5
ここでしばらく過ごして、またフェリーに向かう帰り道。行きとは違う海の色に思わず車を止めてうっとり。
だいたいほとんど車が走っていないので、舗装された一本道も止りたい放題。
203 6
フェリーを待っている間もまたラムパンチ!
203 7
203 8
Providencialeの港に停まる素晴らしい船たち。
そうここはアメリカのセレブリティーたちがプライベートヴィラを所有している島でもあります。
ミックジャガーとか、ね。だから毎日空をプライベートジェットが飛んでいるし、港にはモナコのごとくこういった船がたくさん。
203 9
とっても浮世離れした一日でしたねー





関連記事

category: 旅行 VOYAGE

tb: 0   cm: 1

△top

コメント

 

Fedora Bさん、なんて素敵な所でしょう。
どこまでも続くホワイトサンド、碧い海・・・ブログ見ているだけで
さわやかな海風が頬をなでて行くようです。

コンチ貝のフライ、甲殻類好きの私にとっては、大変興味ありますわ。
付け合せは、蟹のサラダかしら・・・

あ~っ、私も行ってみた~い。

けんちゃん #- | URL | 2015/07/27 02:37 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/tb.php/202-db3252b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top