PARIS パリ FEDORA より

元フランス航空会社CA  パリからの便り  パリ フランスの生活 オペラ 旅行 ファッション レストラン ショッピング・・・わたしの好きなこと!

 

 

Gynko.jpg

秋です。庭の2本の銀杏の木、推定160歳の大木からは黄金色の何千枚もの葉が庭に降り注ぎます。
家を探していたとき、この家を訪問し庭に大きな銀杏があるのを知ったとき、何か運命のようなものを感じました。というのも、こちらには銀杏の木が少ないからです。住んでいたおばあさんはわたしが日本人だと知って「庭にあなたに見せたいものがある」と言って案内してくれました。そのときの驚き。
そして今わたしがピアノを置いている場所では3人いる息子さんの1人がピアノを弾き、別の1人はチェロも弾いていたと。資金繰りで困ったときも「この家はあなたたちに売りたい」と言って待って下さり、終いには値段も下げてくれたおばあさん。その後この家がわたしたちのものになり、何年か経って両親が訪れたとき、母が香会を催し、おばあさんにも伽羅の香りを楽しんでいただきました。
庭が金色に染まるたびに、故郷を思い、おばあさんのことを思います。

前にも登場したこの子。グリ。
Guri 1

この子はおとなりの猫ですが、よくうちに遊びに来ます。この子の本当の名前はフレディですが、おとなりさんが引越して来たとき、人間よりも猫の方が先に挨拶に来ました。名前がわからなかったのでグリ、フランス語で gris グレー=灰色、と名付けてしまいました。日本では引越したらまずご近所さんにご挨拶から始まると思うのですが、ここはフランス、まずは猫からでした。この子は向かいの家ではまた別の名で、3件先の家でも別の名で呼ばれています。おとなりさんとはその後知り合いになりましたが、グリとの方がずっと仲良しです!
この季節この子の目も金色に染まります。


関連記事

category: パリ PARIS

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/tb.php/20-499c87c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top