PARIS パリ FEDORA より

元フランス航空会社CA  パリからの便り  パリ フランスの生活 オペラ 旅行 ファッション レストラン ショッピング・・・わたしの好きなこと!

フランスで出会った「楽」 

 

数年前、近所のとてもおしゃれなお花やさんに、ある日ヤシの実のような形をした不思議なオブジェを見つけました。
もともと焼物の好きなわたしは、このお店の素敵なマダムに質問したくなりました。このマダムの花の趣味は素晴らしく、お店のデコレーションすべていつも溜息もの。ブーケのお値段がとても高いので、いつもこちらで注文するというわけには行きませんが、ちょっとおしゃれなお家への招待などへは、このお店にブーケを頼みます。
出来上がるのを待っている間に、彼女があちらこちらから集めた花器やオブジェを見るのもいつもの楽しみです。
この日は花を買う予定は無く前を通りがかっただけでしたが、このヤシの実型のオブジェをやり過ごすことは出来ませんでした。
「これはRAKUなのよ」とマダム。フランス人の女性アーティストが焼いた「楽」だということで、びっくり。
http://ja.wikipedia.org/wiki/楽焼
話を聞くと「楽」は全世界の陶芸家の間で流行っていて、でも特にこのアーティストは日本へも行って勉強しているということで彼女のお気に入りだとか。他にも作品はいろいろあり、ヤシの大きなオブジェは40cmほどのものがあって素晴らしかった(ホテルやレストランの入口などに良さそう!)のですが、わたしは20cmのものを頂いて帰ることに。
Tora+Raku.jpg
持ち帰った箱の包み紙の中にはすぐにうちの子トラが入ってしまいました。
その後小さいものも少しずつ入手し(高いから一度には買えなかった!)
Raku.jpg
今は親子3人という感じで3つのヤシが暖炉の上に並んでいます。
Raku 2

わたしはもともと楽焼がとても好きですが、ワシントンへ行くとどんなに時間が無くても必ず立ち寄る美術館があります。
Freer Gallery of Art フリーア美術館
http://ja.wikipedia.org/wiki/フリーア美術館
こちらは鉄道王のフリーア氏がアジア旅行の際買い集めたものが展示されている美術館です。スミソニアン美術館群の中にありますが、こちらは建物も小さく美しく入館は無料です。わたしは時間があれば全て、無ければ日本の古美術のところだけ鑑賞します。常設のものもありますが、あまりにもお宝が多いせいか、よく展示品が入れ替わり、行くたびに違う発見があります。
一度尾形乾山のコレクションに行き当たったときはあまりの驚きと感動に滞在中2日連続で訪れ、何度も溜息をつきました。教科書に載っていた香合はここにあったのかと!
134005.gif

いろいろな国の焼物を見るのが好きで、結構大変な思いをして持ち帰ったものが家にはいくつもありますが、メキシコの色もあざやかな大きな器は、夏にサラダを入れたりするたびに懐かしい旅の思い出が蘇ります。焼物には何かそういう力があるように思います。
関連記事

category: アート ARTS

thread: フランス - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/tb.php/19-c58d11c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top