in グルメ GOURMETS RESTAURANTS

ソルボンヌのそばのワインバー Rumeurs

-2 COMMENT
わたしが仕事を辞めたら(って仕事しながらもやろうと思えば出来たんだけどォ)始めたかったことにイタリア語があります。
というわけで今年の1月からパリ5区、有名なソルボンヌ大学そばのCentre Culturel Italien イタリア文化センターの初級コース、まずは3ヶ月間フランス人の女ともだちと通い始めました。
http://www.centreculturelitalien.com/
こんなにオペラが好きで声楽まで習ってるというのに、イタリア語を真剣に学んだことは無し。イタリアに行くたびに「ああ、話せたら!」と思うんですけど。それに男性に話させると世界一かっこいい言葉では無いでしょうか。「チーーーンクェ」なんてただの数字の「5」ですけど、マルチェロ・マストロヤンニあたりに言わせてごらんなさい。これだけでもシビレるぅ!
marcello-mastroianni-cappello.jpg
と話がイタリアの男性に行ってしまいましたが、今日ご紹介するのはこの学校に行くために通るrue des Ecoles エコール通りに見つけたワインバー Rumeurs
友人とわたしは午後のクラスに通うので、いつもその前に軽いランチをするんですね。おしゃべりもあるし。
パリ5区という場所はもともとそんなに食事に来る場所では無かったので、二人でどこかいいところは無いかしらとアンテナを張って歩いてました。
そして見つけたこちら。
Rumeurs
34 rue des Ecoles
75005 Paris
TEL 0142027056
https://www.facebook.com/pages/Rumeurs/419232108231780
(Facebookにはわたしの写真よりももっといい写真がたくさんあるから是非見てね)
163 2
中にはこんな優しい顔をしたお兄さんが静かに「いらっしゃい」
すぐになごんじゃうような、そんな良い人柄が顔に描いてあるようなお兄さん。
163 3
なんでもともだちと二人でオープンしたのはまだたった2ヶ月前。12時ぴったりに来たわたしたちは奥のテーブルへ。美味しそうなものが並ぶショーウィンドウの前で、席に着くまでにすでにペラペラと質問しまくり。
優しく静かな声でどんな質問にも答えてくれます。
163 4
一日オープンしているこちらは、そのイメージからワインバーとわたしは書いたけど、軽食と一緒にお酒を出せる(フランスは飲食店のライセンスがややこしい)というお店。レストランでもビストロでも無く、スペインなんかに行くとあるタパスなどを出すお店にちょっと似てるかな。大きなテーブルに他のお客さんたちと座ってるわたしたちのような人もいれば、カウンターに一人でお兄さんと喋りながらの人。壁際のツールにいる女の子の二人組。
163 5
いくつもある黒板にはメニューが書かれています。
163 7
オリーブオイルやバルサミコ酢、おみやげに買いたくなるようなチューブ入りのマスタードの数々など、彼らが厳選した食材のコーナーもあります。
163 11
散々迷う間にロワールの白ワインのおすすめを一杯。今から学校だけどぉ。
163 9
まずは誘惑に負けて二人でシェアするフォアグラ。こんがりと焼いたパンの美味しさと来たら!
163 8
そして選んだターティヌ(オープンサンドイッチ)は先程のパンにチェリートマトとモツァレラチーズ、バジリックをのせてオーブンで焼いたものの上に、数ある中から選んだ生ハムをのせてもらって。
158 10
フォアグラを二人で分けて、グラスワインを一杯ずつ、ターティヌは一つずつとって、エスプレッソ。
これで一人23ユーロ。
ソルボンヌ大学の近く、クルーニー美術館もすぐそば。このあたりを歩いてちょっとお昼の時間をはずしちゃったときなんかも。そのあたりのツーリスト専門のカフェに入るのは止めて、ぜひこちらへ!
フランス語が出来なくてもきっと大丈夫。この優しいお兄さんならゼッタイににっこり迎えてくれるでしょう。
それからラム酒が好きな方!(わたしも)ラムの話を始めちゃったら止らなくなっちゃうくらい、ちょっと見たことの無いボトルなんかもあったし、そうしたら夜にでも一杯やりにいってみて


ソルボンヌ大学はすぐそばです
163 1



関連記事
  • Share

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/02/26 (Thu) 15:02 | EDIT | REPLY |   

Fedora B  

Re: 初めまして

コメントをありがとうございます!とても嬉しく読みました。これからもたくさんわたしのパリ、わたしの好きなもの、好きなこと、書いて行きたいと思いますので、時々のぞいてみていただけると嬉しいです。どうぞよろしくお願いします!A BIENTOT!

2015/02/26 (Thu) 23:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment