in 旅行 VOYAGE

夏の終わりの南仏 St Paul de Vence から

-0 COMMENT
夏の終わりに南仏に週末を過しにやって来ました。
これから何度かに分けてそのリポートです!
まずはパリからのフライト、ニースの空港への着陸。いつもは反対側からなのに、今日は風向きのせいで右側に海岸を見るように降りました。たまたま右側の窓際に座っていたわたしはとてもラッキー!モナコあたりからサンジャンキャップフェッラ St Jean Cap Ferrat (超超超高級住宅地がある半島!)のすぐそばを飛行しながら着陸。まあ晴天の下、その美しかったことったら。
121 1
121 2
空港でレンタカーをして向かう先は前からずっと来たかった日本でも有名なサンポールドヴァンス 
St Paul de Vence ニースから約30分。この姿が車から見えた途端、胸が躍ります!
121 3
ヤッター!それにしてもまあよくこんな高台の面倒な場所に村を造ったものだと関心。南仏にはこういった場所がいくつもあって「ああ、絶景かな」なんですよ。007にも使われた絶壁の村とか、皆さんも記憶にあるのではないでしょうか。
121 4
まずは今回のわたしのお宿から。いつものごとくしつこく探して選んだのは、サンポール(そう、地元の人はサンポールドヴァンスと言わずにサンポールと言うの)のふもと(?)にあるプチホテル、Hotel les Vergers de St Paul、こういうホテルのことをフランス語では"Hotel de charme" 魅力溢れるホテル、って言うんですよ。
Hotel les Vergers de St Paul Homepage
ホームページよりもパンフレットよりも実物の方が美しい!
121 5
サンポールの村の中にも素敵なホテルはあるけれど、やはりプールが欲しいわたしはサンポールのすぐそばのこちらにしたわけです。
121 6
ホームページでもお分かり頂けるように、この趣味の良さ。なるほど、顧客はイギリス人が大半。ロンドンにあるのよねー こういう感じのプチホテル。そしてイギリス人が多い=静かで大人のホテル、ってとこ?
121 9
部屋から見る夕暮れのピンクの空の左の方にはサンポールが見えます。
121 8
121 7
夜になって到着した主人と夜のサンポールへディナーに向かいます。今夜のディナーはホテルの方のおすすめで Le Tilleul へ。
http://www.restaurant-letilleul.com/
大きなTilleul しなの樹の下のテラスでいただくディナーはプロバンスの香りたくさんで、とっても美味しかった!パリではあまり飲みたくならないロゼワインも、ご当地ではぴったり。
121 10
夜も更けたサンポールの小さな石畳の小径たちは、とってもロマンチック。日本からの皆さんはほとんどニースからの日帰りでサンポールを訪れると思うけど、ここもカプリと同じように、夜にも是非歩いて頂きたい村ですねー
121 11
次回はこの村の散策をご案内します。

関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment