in オペラ OPERA

美貌のカウフマン その2!London Royal Opera House

-0 COMMENT
さてさて、美貌のカウフマンのブログを憶えていらっしゃるでしょうか?
美貌という言葉は女性に使うものと思うものの、どうしても彼にはこの言葉を使いたくなってしまう。女性的という意味ではありませんよ。彼はとっても「男」、3人の女の子の父親でもあり、趣味はバイク、背も高くて、どう見ても「超イケメン」なんです。でも「美貌」!
9149644e-5260-11e1-8774-4f426bd23e09-493x328.jpg

Kaufmann01.jpg
ね?なにか非の打ち所の無い容姿っていうのかな。
彼のこの美しい顔を眺めているだけで、うっとり♡♡なんですが、オペラですからね。声も良くなきゃいけません。

104 3
今回は彼が準主役を歌うロンドンのRoyal Opera HouseにPuccini のManon Lescautというオペラを観に行って来ました。今迄にも何度も観たことのあるロマンチックなオペラです。
ポスターだって美しい!
104 1
今回は新演出でわたしの友人の間では前評判があまり良く無かったものでした。
マノン レスコー あらすじ
いやはや、人の意見ほど参考になるようでならないものは!こと芸術に関しては、本人がどう感じるかが一番大切ですよね。あららら、わたしはこの新演出、カウフマンも黒いスーツを着た青年なら、マノンもピンクのお部屋にセクシーランジェリーで出て来ちゃう、最後の島流しのようなシーンもなんと壊れた高速道路の上という、この演出、とっても気に入りました。
ロイヤルオペラのすごいところは、字幕に古いものを使わず、この演出に合わせて、「馬車で屋敷の裏に」ってとこを「車でアパートの裏に」ってなってたところ!気が利いてるぅ!
まあわたしはオーケストラ指揮者の真後ろど真ん中2列目の最高の席ではありましたが、大コーフン!でしたよ。もちろん上演中の写真を撮ることは出来ませんので、みなさんにこの素晴らしさを見せることが出来ないのが残念なのですが、なんでもDVDで発売される予定だそうです。楽しみです。
カウフマンはプッチーニの別の作品トスカでがっかりしたことがあるんですね。だから実は今回もあまり期待せずに出かけたのです。ところが!まあこれが素晴らしかった!
彼のテノールの声はわたしの好きな低めの声。でも低めの声でも高音も楽に出せるドミンゴやパヴァロッティとは違い、彼の場合は高音は出せない場合も。そんなとき鼻から声をぬかれちゃうと、「あれれれー」とずっこけちゃうというのは以前にも書きました。やっぱり出すところは出してもらわないと困るアリアってあるんです。
でも今回のマノンレスコーのデグリューの役の声は、彼の声域にぴたりとはまったんですね。
いやはや、甘い声、心に訴えるような、ああ、こんな美しい彼に歌われると、マノンでなくてもわたしでも困ってしまう。(???)
今日の一曲、あああーーー!はい、今回のロンドンからの映像です。Youtubeってなんて便利なんでしょう!
Donna di vi mai Jonas Kaufmann

そして彼らの姿をちょっとだけ見せちゃおうかなー
JK Manon Lescaut London
ひゃー!コーフンするでしょう?ビジュアルだけでこの美しさ。いったいこの衣装を着られるソプラノは世界に何人?でもって二人とも声も素晴らしいという。ああ、溜息。神様がニ物を与えた人がこの世に二人はいるということね。
いや、誰も彼もが美しくなきゃいけないなんて言ってるんじゃないですよ。でもオペラって、ちょっとふくよかな歌手が多いのは事実。たとえば結核の命たえだえの役柄のソプラノがとても太っていたり、最後に息もたえだえのマノンがふくよかだったり、若者の役をかなり年配のテノールが歌ったり、やっぱりドラマにこちらも入るのが難しいってことはよくあるわけです。
今回のカップルはもうこれ以上は望めないというくらいの、ベストカップル賞ですね!こういう彼らが悲しむ姿にはこちらも泣けちゃう、ってこういうことです。ただしもちろんいくら美しくてもアホな声なんかで歌われたら、きっぱりと目が覚めるあたり、音楽には厳しいわたしです。(その前の晩のトスカのテノールはすごく格好よかったんだけど、幼稚な声でわたしは憤慨しました!)
ああ、オペラって本当に総合芸術。音楽と、美と、声と、演出と、何が欠けてもダメ!
さてロンドンでのリハーサルのビデオ、指揮者のパッパーノが彼らをどう完成させていくかが見られるこの素晴らしいビデオをご紹介します。マエストロ パッパーノはオペラを振らせたらピカいちの指揮者。
https://www.youtube.com/watch?v=DKOydqDf3wU
こういうビデオを観たあとで本番へ・・・!

そしてその仕上がりは極上、行って良かった、生きてて良かった、マノンレスコーでした。
今でもこの晩のことを思うと、ドキドキするくらいです!
ここに来られた幸せ。うっとりと、劇場を出る足はのろのろに。人のはけた劇場を何度も振り返りながら。

センパイからいただいたシャネルは今夜も一緒でしたよー
104 4
関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment