in パリ PARIS

Summer Time 心ときめく夏のイベントFaubourg Saint Honoré

-0 COMMENT
先日招待状をもらって出かけたのはSummer Timeというイベント。
ブランド店が並ぶことで知られる有名なFaubourg Saint Honoré通りで、18時半から21時半。エリゼ宮(大統領公邸)からRue Royal (Madeleine からConcordeまでの道)までをタクシー以外通行止めにして行われたイベント!こちらの商工会主催だったとは言え、公道を塞いでしまうというこのすごさ!しかも顧客にしか配られなかったこの招待状。よくこの社会党のパリが何も言わないと思うのですが、まあゴーシュキャビア(イデオロギーだけが左で、していることは完全資本主義の人たちのこと。パリでは有名人は正にこれ)のパリですからねー。
103 1
わたしはChopardというお店から招待状をいただきました。毎年招待状を下さるのですが、なかなか予定が合わず今日迄出かけられず。でも今年はパリに居る日に当たり、フランス人のこういうのが好きそうな女性のオペラ友だちを誘って出かけました。だって、主人はこういうのがキライ。やっぱり女友達とキャーキャー言いながらが楽しいイベントですよねー 普段はあまり入ることのないエルメスやシャネル、ディオール、グッチなどなど!あらゆるお店に入ってシャンペン(や他のいろいろ)を頂きながら、好きに見たり触ったり質問したり。
もちろん買うことも出来るけど、荷物になるからこういう晩はひたすら楽しく美しいものを見て飲みましょう!
美味しいカナッペなどもどんどん出て来ますよ。
道ではアメリカに関するいろんな仕掛けがありました。なぜかと言うと、今回初めて知ったけど、Faubourg Saint Honoré通りはニューヨークの5番街と姉妹提携をしているんですね。
103 2
103 4
103 5
だから今年のテーマはアメリカ。招待状でハンバーガーやポップコーンのスタンドからも好きなものを貰えます。道にはジャズが流れ、日が最も長いこの美しい6月の宵、ずっと明るいままの道でほろ酔いのまま、ふらふらと・・・♪
エルメスではこんな美しい女性が一人でサクソフォンを演奏していました。うっとり。
103 3
そしてわたしは普段なかなか見ることの出来ない美しいバッグや靴を見たり触ったり、堪能させていただきました。
そして最後はこちらのホテル Hotel Sofitel Paris le Faubourg
Hotel Sofitel Paris le Faubourg
この美しいホテルの中庭で友人と二人で乾杯。
「幸せだねー。幸せは幸せなときに享受しなくちゃねー!」と!
103 8

Summer Time ... 来年もお誘いがあるといいいなあ!
関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment