Welcome to my blog

PARIS パリ FEDORA より

ARCHIVE PAGE: 2016年03月

今日の一曲 イースターのパリフィル "Mathäus Passion マタイ受難曲"

イースター前の週末、フランスではあちらこちらで毎年イースターにちなんでキリスト教のお祝いにからんだ楽曲が演奏されます。わたしはキリスト教徒ではありませんが、やはりこの時期にこういったバッハやハイドンの楽曲やオラトリオを聴きたくなるのは、どうしてでしょう。というわけで昨夜はパリフィルことPhilharmonid de Paris へSir John Eliot Gardiner 率いる彼の素晴らしいバロックオーケストラ English Baroque Orchestr...

アディダスのStan Smith とパリジェンヌたち

アディダスのStan Smithと言えば、日本の若い世代、スニーカーが大好きなみなさんたちもご存知だし、わたしのような50代は中学生のころの通学靴として憶えているのでは?あのころは2900円くらいだったかしらん。流行っていたも何も、制服に合わせられるスニーカー、白に限る、ってのがわたしの中学校の校則で、アディダスの白ってのは色もお値段も親にとってはちょうど良かったのでは。好きで履いていた記憶は全く無いのです...

AROP パリオペラ座2016-2017発表会

AROP (Association pour le Rayonnement de l'Opéra national de Paris)とは簡単に言うとパリオペラ座友の会といったところでしょうか。個人から企業の寄付によって成り立っているパリオペラ座を支援する団体です。わたしはこちらのAMI(友)という一番安いレベルの会員なのですが、チケットの優先予約権があったり、イベントへの招待や、ドレスリハーサルへの招待、ガラと呼ばれる特別のソワレ(ちょっと値段も高い)の予約権があっ...

サンジェルマンのウィンドウ

パリへただいま〜♪フィレンツェのすぐ後にパリへ来るとひゃー!まったく違いますねーそりゃそうですが、ルネッササンスの宝箱からパリのサンジェルマンの日常。どらえもんのどこでもドアで一気にワープした気分。今朝からまた研修のわたしは、カフェで典型的なパリの朝ごはん。イタリア語は忘れて今日からまた2日間フランス人たちと研修。これがまた疲れる!日本のようにいっせいに先生の言うことを聞いて書き取って勉強して、と...

GUCCI のねこバッグ

さて、他にもご紹介したいフィレンツェのレストランやショッピングなどまだまだあるのですが、今日はわたしが最後の日に買ったGUCCIのねこバッグをご紹介して、今回のフィレンツェ旅行をしめくくります。GUCCIの子供用のバッグは、わたしが毎年必ずチェックしているもの。というのも、大人のミニモデルといった風情ながら、子供が持つから軽く出来ている。毎年変わるデザイン(主に動物)はとてもカワイイ。なんたって子供用だから...

Mia Bag フィレンツェのカスタマイズバッグ!

みなさんMia Bagをご存知?わたしは元同僚の後輩から教えてもらいました。これがわたしがフィレンツェに行くのを待ち切れずに去年作って送ってもらったバッグです♡今は無いモデルだから良かったー!んだけどちょっとデカかったフィレンツェは革製品で昔から有名でしたねー でも中国産が山ほど入って来て・・・でも今でもちゃんと探せばあるんです。こちらは本物のパイソンのクラッチバッグ!MADE IN ITALY すぐ横にアトリエがあっ...