PARIS パリ FEDORA より

元フランス航空会社CA  パリからの便り  パリ フランスの生活 オペラ 旅行 ファッション レストラン ショッピング・・・わたしの好きなこと!

今日の一曲 イースターのパリフィル "Mathäus Passion マタイ受難曲" 

 

イースター前の週末、フランスではあちらこちらで毎年イースターにちなんでキリスト教のお祝いにからんだ楽曲が演奏されます。わたしはキリスト教徒ではありませんが、やはりこの時期にこういったバッハやハイドンの楽曲やオラトリオを聴きたくなるのは、どうしてでしょう。
というわけで昨夜はパリフィルことPhilharmonid de Paris へSir John Eliot Gardiner 率いる彼の素晴らしいバロックオーケストラ English Baroque Orchestra のPassion selon Saint Matthieuとこれはフランス語訳、ドイツ語で歌われる Mathäus Passionを聴きに出かけました。
256 1
マタイ受難曲に関しては詳しくはこちらを見てね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/マタイ受難曲
マタイが語るイエスキリストの最後ということで、訳は生々しくて字幕を読むのは好きじゃないの。
ただ音楽に身を任せるのがわたしの聴き方です。
バロック楽器と声で繰り広げられるドラマチックなストーリーは全身鳥肌が立つほど。
どなたかがCDを聴きながら「ここは天国?」というコメントをしていたけれど、本当にそういうなにかこの世のものではない場所へのトリップをするような。
ピンと来ない方もこれはご存知なのでは。フィナーレのコーラスから紹介するのもなんだけど。

https://www.youtube.com/watch?v=EnR9dY2NHpA

映画カジノ(ロバートデニーロ、シャロンストーン)にも使われたし、映画やCMで何度も使われています。
全曲でわたしが持っているCDはこちら。リヒター指揮で多くの人が奇跡の録音とコメントしている素晴らしい一枚。
51nz2V51EtL.jpg
http://www.amazon.co.jp/Bach-Matthaeus-Passion-Richter/dp/B000058BGV/ref=cm_cr_arp_d_product_sims?ie=UTF8
もちろん全曲聴いて欲しいけど、その中から今日の2曲目は美しいヴァイオリンソロで歌うErbarme Dich

https://www.youtube.com/watch?v=CfCdEJbUwlY

昨夜のパリフィルに響いたヴァイオリンなんて、この最初のフレーズのところで会場中から(わたしも)
「ホウッーー!」って溜息がこぼれたほど。
知らず知らずに泣いているのはわたしだけじゃなかった・・・

そして3曲目は最後の少し前に歌われるわたしが好き過ぎて本当はバスの男性が歌うものだけど、歌の先生にお願いして自分も歌っちゃったもの。
ご紹介するのはフィッシャーディスカウの夢のような声のこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=sEqDa6teLhI

今夜の演奏にはこんな可愛らしいヴェルサイユの音楽学校から子供のコーラスも参加。
256 3
なんて美しいソックスの赤の色なんでしょう!この子たちのこの制服?衣装?を見るだけで、タイムトリップしま
せんか?
素晴らしい一夜にはいつまでも拍手が鳴り止みませんでした。
会場を去りがたいいつまでも拍手していたいこの気持ち。それには指揮のSir John Eliot Gaidiner が始まる前にした
スピーチ。ベルギーのテロの晩にブリュッセルで同じコンサートをしたこと。そのときの思い。
全員で起立してした一分の黙祷。
前日のRadio France のAuditorium のマエストロ ムーティも同じことをなさったけれど、現在の人々の胸にある無念や不安やそういったことを共有するこの瞬間。さっきまで持っていた怖れも。
そこには美しい音楽があって、生きてこれを聴くことの出来ることへの感謝、そういった思いが会場のみんなと音楽家たちと指揮のガーディナーさんとの間にただよっていたように、思います。
256 2



256 6
現在ベルギー色に染まっているエッフェル塔
















category: 今日の一曲 MUSIQUE DU JOUR

tb: 0   cm: 0

△top

アディダスのStan Smith とパリジェンヌたち 

 

アディダスのStan Smithと言えば、日本の若い世代、スニーカーが大好きなみなさんたちもご存知だし、わたし
のような50代は中学生のころの通学靴として憶えているのでは?
あのころは2900円くらいだったかしらん。
流行っていたも何も、制服に合わせられるスニーカー、白に限る、ってのがわたしの中学校の校則で、アディダスの白ってのは色もお値段も親にとってはちょうど良かったのでは。
好きで履いていた記憶は全く無いのですが、50代のみなさんはどう?
adidas-Originals-STAN-SMITH-793843_350_A.jpg
それが去年の夏パリジェンヌたちの足に!
それもみんながみんな、とにかく足が白!もうウンザリするほどにそれだらけ。でもって去年の夏はなぜかパリだけで
大流行りだったのです。パリだけで、って言うのは、ミラノやニューヨークなんかは違ったって意味です。
254 3
そしてその後も秋も冬もずっと。
254 2
254 8
これは去年の秋の典型的なパリジェンヌ。
254 6
これはモデルかしらん?ちょっとかっこよく見えるけど。
254 7
わたしが特にサイアクだと思うのは、黒のストッキングにこの白!
254 5
でお値段は90ユーロから。日本円だと12000円くらい。ギャー冗談でしょ。あんなものに10000円以上??!
で、もちろんこの春も。お店にはずらりとコレクションが並んでる。
ねえ?いったいみんなどうしたの?誰が流行らせたのか知らないけど、今や子供から大人まで。パリジェンヌだけじゃなくてパリジャン(男性)まで!
254 4
昔のパリはこうじゃなかった。
同じものを着ている人も履いてる人もいなかった。それよりもスカーフ一つ使ってでもいかに自分の個性を出すか、人と同じことは格好悪いって感じだった。同じバッグを持って歩く日本人は笑われていたわけ。
それがここ10年くらいかしら?パリジェンヌはみな同じ格好をするようになりました。
同じバッグが欲しいし、同じ靴を履きたい。あなたたち、昔は散々日本人をバカにしたのに。
まずそこがビックリな上に、このスニーカーははっきり言ってダサイと思う。
ダサイのに、誰かが履いていたから、という理由で流行ってるから自分も履く。
世界でこんな格好をしているのはパリジャンやパリジェンヌだけで、みんな足が真っ白で本当に滑稽なのにダサイのに
みんなが履いてるから自分もStan Smith。
悪いけどおしゃれなミラノじゃ誰もこんな格好はしてないよ。先日もミラノへ行ったけど、Stan Smithをエスカレーターの前に立った女性が履いててハッとしたら、聞こえて来たのはフランス語。やっぱり!
ねえ、おかしいよ?パリのみなさん。どうしたの、いったい?
でもうちのムスメは言う。
「良さがわからないのは、おばさんだからじゃない??」
キーーーー!くやしーーーーーー!でも足の長い彼女が履くStan Smithはそんなに悪く無い。
どうしよう?この春わたしの足の先も真っ白になってたら・・・・














category: ファッション MODE

tb: 0   cm: 0

△top

AROP パリオペラ座2016-2017発表会 

 

AROP (Association pour le Rayonnement de l'Opéra national de Paris)とは簡単に言うとパリオペラ座友の会
といったところでしょうか。個人から企業の寄付によって成り立っているパリオペラ座を支援する団体です。
わたしはこちらのAMI(友)という一番安いレベルの会員なのですが、チケットの優先予約権があったり、イベントへの招待や、ドレスリハーサルへの招待、ガラと呼ばれる特別のソワレ(ちょっと値段も高い)の予約権があったり。
先日はパリオペラ座の来シーズンの発表会への招待が来ました。
といってもわたしが招待されたのは、夜のカクテルの方。
大口寄付者たちはそれより数日前のパリオペラ座ガルニエ宮の中での素晴らしいランチ。オペラ座の支配人も音楽監督も同じテーブルに着くの。
わたしはこれにも行ったことがあるぞ。もっともお金持ちの友人のお共でね。
わたしはカクテルも楽しみだけど、それよりも来シーズンを一般発表より先に知れる方に大コーフン!
ミラノのスカラ座からリスナー氏がパリオペラ座に来てからは、ぐーんとオペラの質がアップ!
今夜はガルニエ宮横のグランドホテルインターコンチネンタルで発表会とカクテルが行われます。
その前に今夜わたしが一人連れて行けるので誘った友人と待ち合わせたのは向かいのホテルHotel Scribeの中にある
Salon de thé
http://www.hotel-scribe.com/fr/1-t-rue-scribe.html
1t_salle.jpg
ここはちょっと静かな空間で、とっても落ち着けます。騒々しいオペラ座の界隈では穴場。
プランタンやギャラリーラファイエットの買物に疲れたら、ぜひこちらでお茶を一杯。
わたしが好きなのはこの階段を上がった上の階の席。
253 1
お菓子も素晴らしく美味しい!今日はレモンタルト!これからカクテルだってのにガマンできず。
253 3
わたしの席からは紅茶の缶たちが見えます。
253 4
さて、時間が来ましたのでグランドホテルへ移動。
なんとこの発表会はデビュタントのバル(舞踏会)で有名なSalle Operaでした!
キャーここに来られただけでも嬉しいよう!なんという美しさでしょうか。大コーフン!
う・・・写真撮ってるのわたしだけじゃん。紳士淑女たちは「いつものことでしょ」ってな感じですましてるわ。
253 5
このデビュタントのバルはみなさんご存知?それこそウィーンはすごく有名だけれど、パリにもあるんですよー
もっともウィーンでも林真理子さんが踊っちゃったように、パリも今ではお金持ちかセレブの娘だったら踊れるって
感じ?それこそ昔は社交界デビューだからデビュタントってことだったはずですが。
パリのデザイナーは誰にドレスを着せるかで、毎年大騒ぎ。ウィーンより少人数だから、結構パリでは毎年ちょっとした騒ぎになりますね。
最近ではアラブのお姫様とか、中国の億万長者の娘とか、ブルース・ウィリスの娘とか・・・・何でもありなのよー
253 12
と話は発表会に戻ります。
リスナー氏ご本人が1時間半に渡って来シーズンを紹介。
253 9
煌めくスターたちも来ますよ!ヨナス・カウフマンにアンナ・ネトレプコ
253 6
マルセロ・アルバレスだって♡
253 7
この3人も!もうほとんどテナーのスターは全員来るって感じでしょうか。ワーイワーイ!
253 8
で最後はこのメッセージ
「オペラはあなたたちを待ってます」
253 10
この後は横の広間でカクテルでした。どこでも美味しいカナペが取り合いになるのは同じね。そういうのには涼しい顔をして、友人とわたしはたくさんシャンペンを頂きました。

というわけでパリへいらっしゃる皆さん、予定を組む際にちょっとこちらをチェックしてみて。
日程が合うなら是非オペラ座へ。
https://www.operadeparis.fr/en/season-16-17
そうねえ、やっぱりガルニエ宮でオペラを観て欲しいけど、大きなオペラは今ではほとんどがバスティーユのオペラ座でかかります。でもいくつかはガルニエ宮だから、是非この息をのむ程美しい夢のような空間で過ごして欲しい。
幕間にはぜひ階段を上って上のフォワイエでシャンペンを一杯いただいて、しばし歩いて欲しい。
タイムスリップすること間違い無し。パリの思い出の一つになること、間違い無し!
253 11





category: オペラ OPERA

tb: 0   cm: 0

△top

サンジェルマンのウィンドウ 

 

パリへただいま〜♪
フィレンツェのすぐ後にパリへ来ると
252 2
ひゃー!まったく違いますねー
そりゃそうですが、ルネッササンスの宝箱からパリのサンジェルマンの日常。どらえもんのどこでもドアで一気にワープした気分。
今朝からまた研修のわたしは、カフェで典型的なパリの朝ごはん。イタリア語は忘れて今日からまた2日間フランス人たちと研修。
252 4
これがまた疲れる!日本のようにいっせいに先生の言うことを聞いて書き取って勉強して、というのとは全然違う。
相手が先生でも納得できなきゃ研修の最中に発言するし、口論になったっておかまい無し。言いたいことは、言う。
こういうのに遭遇するたび「あああ、わたしはいつこの文化に慣れるのだろう??」
今日も頑張ろう!と向う道に見つけた迷いネコの張り紙。
「ああ、トラちゃん!この寒い冬に!」とこの切ない思いは日仏いずこも同じよね。
252 3

サンジェルマン通りのあるブティックの本棚に目が行きました。
それはSonia Rykiel
252 5
すごくないですか?この図書館のような本棚たち!いったいこの店内のデコラションにどれだけの時間がかかったのでしょうか。
252 6
あまりの素晴らしさにしばらく見とれてしまいました。
252 7
ね?奥の方までずっとずっと!
252 8
今日勉強の格好で無くて、もうちょっと頭に余裕があったら是非入って見たかった!
そういえば25年以上前に良く読んでいた森瑶子さんの小説やエッセイに「ソニアのニット」っていうのが良く出て来たっけ。パリも大好きな森瑶子さんでしたが、あれから25年経った今も、わたしはソニアのニットは着ない。
それは何か日本人の薄い胸(胸が無いだけでなく、骨格のレベル)にはソニアのニットは美しく無いのでは無いかという思い。
みなさんもご存知のDVF (Diane Von Furstenberg)のニットのドレス。あれだって細い日本人よりは肉感的なちょっとボリューミーな西洋のマダムの方がずっと似合う。
252 12
外国人のどんな美しい人が着物着たってダメなように、あるのよねー その国にその装いって。
なーんて「森瑶子さんの小説!もう四半世紀も前の話だー!」なんて考えながら。
向かいはETROこちらはイタリアブランドのウィンドウ。
このちょっとエスニックなカシミアな柄はアジア人には行けそうですね。
252 9
と思ったら、わーーーー!
どなたがこのすごいスーツを着られるのかしらん??
252 10
世界のナカタなら行けるかもね。そうね、こちらはもう思いっきりイタリアン。
252 11
と言ってもフィレンツェにこれを着られそうな殿方はいなかったな。
一人でニヤニヤしながら歩いた午後でした。







category: パリ PARIS

tb: 0   cm: 0

△top

GUCCI のねこバッグ 

 

さて、他にもご紹介したいフィレンツェのレストランやショッピングなどまだまだあるのですが、今日はわたしが
最後の日に買ったGUCCIのねこバッグをご紹介して、今回のフィレンツェ旅行をしめくくります。
GUCCIの子供用のバッグは、わたしが毎年必ずチェックしているもの。
というのも、大人のミニモデルといった風情ながら、子供が持つから軽く出来ている。
毎年変わるデザイン(主に動物)はとてもカワイイ。
なんたって子供用だからお値段がずっと安い!
というわけで、春夏シーズンのものが出たばかりのフィレンツェのGUCCI
子供用コーナーがある本店にしかバッグは置いていないから、入って聞いてみましょう!

と、入荷したばかりのねこバッグ!きゃーーーーー
251 1
ねこ好きのわたしがこれをガマン出来るわけが無い!
お値段も390ユーロと、清水から飛び降りなくても買えるぞ。ワーイ!
どうでしょう?こうやって白のドレスでオペラにも!
251 2
そう、本来はこういう感じなんだけどさー。放っといてくれー
be.jpg

というわけで最終日。マーティンと二人で空のスーツケースを一個持って来ておいて本当に良かった
251 5
最後に一っ走りはレプブリカ広場のデパート。ミラノのRinascenteほど素敵じゃないけど
251 11
どうしても買って帰らなきゃならない、世界一セクシーなストッキングたち。
それはOROBLU
日本のストッキングが世界一質が良くても、この透明感のあるセクシーな足はイタリアのこのブランドだから。
Wolfordだなんだには出来ない技よねー あれはいくら丈夫でもダサイ、ゲルマンのタイツよ。
251 9
251 10
レプブリカ広場のカフェで出発前最後のアペロールシュプリッツとブルスケッタ。
251 6

空港に着いてようやく広げたのは・・・イタリア語の本たち。この勉強のために来たのでしたが、フィレンツェはあまりにも美しく楽し過ぎた!
251 8
窓の外に見えて来たのは、世界一美しい飛行機。
辞めた今も、どこの空港でも、彼女が入って来る瞬間のエレガンスには、いつもちょっとウルっと来るわたし。
251 7
機内では5日ぶりのフランス、シャンパーニュ。
251 4

ああ、楽しかった!
Che bella città Firenze!!!!!!








category: ファッション MODE

tb: 0   cm: 1

△top

Mia Bag フィレンツェのカスタマイズバッグ! 

 

みなさんMia Bagをご存知?
わたしは元同僚の後輩から教えてもらいました。
これがわたしがフィレンツェに行くのを待ち切れずに去年作って送ってもらったバッグです♡
250 7
今は無いモデルだから良かったー!んだけどちょっとデカかった
フィレンツェは革製品で昔から有名でしたねー でも中国産が山ほど入って来て・・・
でも今でもちゃんと探せばあるんです。こちらは本物のパイソンのクラッチバッグ!
MADE IN ITALY すぐ横にアトリエがあって、そちらもちゃんと見せてもらいました。前からプラダやらグッチやらで
見て欲しかったものだけど、これは無名だけれどプラダの10分の1の値段で手に入れたわ。
250 2
Mia Bag はそれとは違うフェイクのレザーなんかも駆使したものだけど、もちろんイタリア製。
そしてカスタマイズ出来る。現地ならたった15分で!
みなさん、わたしの苦いゴヤールの話を憶えてる?もう二度と御免よ、あんな法外な値段で!
でもこちらのMia Bagはとてもリーズナブルなの。
Mia Bag
http://www.miabag-store.it/
到着した晩にドゥオーモのそばで発見!
Mia Bag
みんな、香港のマダムジュジュを憶えてる?
彼女のオーダーで金色に黒のカスタマイズで作りました。
250 03
250 4
どう?どう?
素敵ですよねー
その写真をマダムジュジュが妹さんに見せたら「わーーーーーん!欲しいーーーー!」
ってなわけで、またひとっ走り。今は便利なWhat's Appなんてものでリアルタイムでモデルをフィレンツェから写メで送って
Mia Bag 2
彼女が選んだのはこちら。
250 6
素敵じゃない?? というわけでパリに持ち帰ったこの2品。
250 10

お店の人がプレゼントにくれたのはこちらのエコバッグ。
2人分で2つくれたけど、あまりにもカワイイからわたしが一個もらっちゃう!
250 11
みんな黙っといてね。1つしかもらわなかったことにしたんだから!
シーーーーー

ところで土曜日の晩にディナーの帰り道、フェラガモ美術館のすぐそばで見つけたこのお店。
キャーーーーーーー
でも明日は日曜日でお休み。
250 12
なんて可愛らしいバッグたち!
250 13
レザーではないんだろうけれど。もしかして中国製なんてことは??
250 14
どなたかこのお店をご存知??
250 25
と今調べたら、なんだかやっぱり有名なフィレンツェのブランドのよう??
http://www.desmo.it/
そうよねー フェラガモ本店の横だもの。
このあたりにはわたしの愛するSergio RossiとかGUCCIとか・・・

ああああああ!!!!








category: ファッション MODE

tb: 0   cm: 0

△top