PARIS パリ FEDORA より

元フランス航空会社CA  パリからの便り  パリ フランスの生活 オペラ 旅行 ファッション レストラン ショッピング・・・わたしの好きなこと!

Auld Lang Syne  

 

2015年も間もなく終わりです。
みなさんにとってはどんな一年でしたか?
毎年恒例で大晦日にご紹介する「螢の光」Auld Lang Syne 今年はある特別な子供達のコーラスが歌う
感動的なこちらを。

https://www.youtube.com/watch?v=AG26_045IJg

止らない涙はなにか暖かな希望の味がして、来たる新年の平和を心から祈りつつ・・・

236 1


みなさま、今年もわたしのブログをフォローしていただき本当にありがとうございました。
来年もパリからいろいろな話題をお届けできるよう、頑張ります。
どうぞよろしくお願いいたします!

新年が希望に満ちた、幸多き平和で健やかな一年になりますように。

☆☆☆Meilleurs Voeux☆☆☆

e54fa8a97cf309366816109f07e916d0.jpg










category: 今日の一曲 MUSIQUE DU JOUR

tb: 0   cm: 0

△top

Sadaharu Aoki のJoyeux Noël ♫ 

 

さあ今日はクリスマスイブ。
間もなくわたしたちはノルマンディーの主人の実家に向います。日本のお正月のような感じですね。
子供も孫もそしてお嫁さんもみんな集まるのがノエルことクリスマス。
昨日は最後のクリスマスショッピングにパリ7区のデパートBMこと Au Bon Marchéへ。
今年は暖冬のパリです。テロもあり、ちょっと寂しいパリだけど
235 1
でも12月に入ってショーウィンドウも賑やかになりました。子供がゆっくり楽しめるように、足台が用意されるのが
BMの良いところ。大人でもうっとりですよー
235 2
ちょこっと寄り道にディオールのバッグを見に行ったら、シャンペンも出ました
別にお得意さんじゃないんだけど??見ただけなのに。でも嬉しい♪
235 3
そのあとは5区を経由して目的のSadaharu Aokiへビュッシュ担当のわたしは予約したビュッシュをピックアップに
向います。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ビュッシュ・ド・ノエル
その途中見かけたのは、こんな可愛いマカロンのエッフェル塔!
235 4

さて Sadaharu Aoki
http://www.sadaharuaoki.com/
毎年ビュッシュを注文するのはPort Royal 通りのお店。去年の柚子のビュッシュを憶えてる?
http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/?q=Sadaharu+Aoki
今年はショコロンという、マカロンをチョコレートでコーティングしたこんなお菓子も出ていました!
235 6
おみやげのチョコレートもこんなに美しい!
235 7
こちらはプチなパネトーネ!なんて愛らしいんでしょう!みんなの朝食用に求めました。
235 5
そして今夜のデザートのビュッシュはこちら。
今年は抹茶とショコラのクリスマスツリーの形
235 9
みんなの「わーーー!」っていう歓声が聞こえそうですね。

さて今朝日本の大切な友人から届いた荷物には、こんな可愛いカードが貼ってありました。
この愛らしいネコたちは冬の日本からたくさんの楽しいプレゼントを、飛行機に乗って、時を超えて、はるばるパリ
まで。一つ一つをハコに詰めてくれている友人の美しい表情まで心に浮かび、とても幸せになりました。
235 10

Joyeux Noël !!!




category: グルメ GOURMETS RESTAURANTS

tb: 0   cm: 0

△top

When Harry met Sally   恋人たちの予感 

 

この時期になるとなぜかまた見たくなる映画があります。
みなさんもきっと一度は見たことのあるこの映画。 
When Harry met Sally   恋人たちの予感
https://ja.wikipedia.org/wiki/恋人たちの予感
234 1
ともだちか恋人かという永遠のテーマですけど、当時24歳で恋をしていたわたしは、その大好きな人と一緒にこの映画を観に行ったんですねー
みなさんも一度は経験があるかしらん?大好きな人に「ともだちでいたい」って言われたこと。
わたしはその大好きな人に正にそう言われて、悲しくて苦しくて、それがイヤで二度と会えなくなるよりは、でもともだちでもいいから会っていたいと思って一緒に観に行ったこの映画。
そのときの胸一杯の切なさまで思い出すこの映画。
大好きなニューヨークを舞台に、最後は大晦日のカウントダウンで終るこの映画は、どちらかというと女の子好みでしょうね。わたしのその恋はこのカウントダウンのハッピーエンドのようには終らなかったけど、でもその彼とは今もともだち。
その後お互い大人になってからサンフランシスコで数度再会したけど、そのときにはわたしも別の恋をして、彼とも本当の「ともだち」として会えた。あんなに「結婚したくないし、子供も欲しく無い。だから君とはともだちでいたい」
って言った彼も、その後結婚して子供にも恵まれ、要は「わたしとはイヤだった」ってことでしょ!
ふふふ、でもそういうのも笑って話せるようなともだちに。

クリスマスのころになると、必ずもう一度観たくなる。飛行機の中にあると、再度観てしまったり。
一度ロサンゼルスに行く飛行機の中で、すごく素敵な同い年のフランス人の男性と隣同士になって話がはずんだのね。
それでそのあとこの映画を観てたら「これで何回目??ぼくも会話まで暗記しちゃったくらい何度も観たよ」
って言われて、何か同じ世代の何かわたしのに似た思い出があるのかな、って思ったりして、心がホンワカした一瞬でした。

映画の名場面と一緒にフランク・シナトラで聴きましょう。
うーーーーん
https://www.youtube.com/watch?v=Dyaa9bJ-kSY








category: 今日の一曲 MUSIQUE DU JOUR

tb: 0   cm: 0

△top

Paris の寂しい12月 

 

皆さんもどれだけ耳にされたことか、11月13日にパリで起きた同時多発テロは、フランスに暗く重い影を残しています。毎年この時期はシャンゼリゼ大通りの木々にクリスマスのデコレーションが灯り、街はプレゼントを求めて大人も子供も興奮気味。
大切な人に何を贈ろうか、混雑した街を歩くのはしんどいながらも幸せな思いに満ちていたはず。
今年はわたしも含めてそういう元気が誰からも消えてしまったかのようです。
そんな日常でも少しずつ、いつもより控え目に、クリスマスの準備はサンジェルマンデプレの街角で始まっていました。
プチホテルの美しい扉
233 1
こちらも
233 2
いつも通るお花やさんの店先にも
233 4
こちらはシャンペンバーの入口
233 5
そしてMONCLERのショーウィンドウには、午後のパリの空が映っていて
233 3
その美しさに溜息をつきながら、もう二度と平和な日々が戻ることは無いのかも知れないな、と。
そう思った午後でした。
同時に、みんなの好きなパリだから、フランスだから世界中の人々がキャンドルを灯し、祈ってくれた。涙してくれた。
でもシリア、パキスタン、アフガニスタン・・・アフリカのたくさんの国で戦争やテロで亡くなっている一般市民たち、たくさんの子供たち、何百万人の人たちのためにキャンドルを灯したかと言うと・・・
今のわたしは I ♡ PARIS とか、急に国旗を貼り出したり(あんなにナショナリズムだと批判していながら)ちょっとそういうのに後ろ足な気持ちでいます。
それは世界のみなさんにも、ちょっと疑問を投げかけて欲しいような、そんな気持ちでいます。


















category: パリ PARIS

tb: 0   cm: 0

△top

Shu Uemura の雪だるまスポンジ♡ 

 

先日の日本滞在でわたしが見つけたもの!
それはこんなに可愛らしい雪だるまのようなスポンジ。シュウウエムラにアイシャドウを買いに行って見つけました。
Shu Uemura
http://www.shuuemura.jp/?p_id=ABS008
これをどうわたしが使うかというと、BBクリームやリキッドファンデーションを使うとき。
わたしは普段はBBクリームの上にディオールのパウダリーファンデーション、しっかりお化粧したいときは同じディオールのリキッドファンデーションの上にパウダリー。
そのパウダリーファンデーションの前にこの雪だるまで肌をポンポンポン。
余分なBBやリキッドが吸収されて、パウダーが均一にのります。テカリも無いよー
Dior.jpg
なんとも優しいきめこまやかなスポンジで、置いてあるだけでも可愛い。
日本のシュウウエムラの店員さんの女の子たちは、横浜も大阪も新宿もみんなうっとりするくらい可愛くて良い子ちゃんばかり。いつも会話を楽しむわたしですが、そんな優しいひとときさえ思い出すような。
そう、パリのシュウウエムラはオカマの男性店員が多いのよ。
彼らも親切で面白いんだけど「あら?マダム。睫毛エクステやってるのー?睫毛に悪いのよォ。全部抜けちゃうわよ。
うちの付け睫毛になさいよ」なんて、多分本人たちはエクステも付け睫毛もやったことないはずよねー
可笑しいったら。
それにわたしのアイリスト、新横浜のBambiのゴッドハンド舞ちゃんの睫毛エクステは全然睫毛が抜けることなんて
無いんだから。
今まで睫毛エクステが怖かった人、悪い経験のある人、騙されたと思って是非舞ちゃん指名でお出かけください。
パリのわたしからの紹介って言ってねー 
ふふふ。
http://bambi-eyelash.info/





category: ビューティー BEAUTE

tb: 0   cm: 0

△top

Moules Frites   ムール&フリットはお好き? 

 

フランス、およびパリに滞在したことがある方なら、ご存知?
秋になるとマルシェのお魚やさんにキレイな黒のムール貝が登場。
必ず食べたくなるムール・フリットとは、ムール貝を蒸したものにフライドポテトを添えたもの。
ビストロのメニューの有名な一品でもあり、それ専門のレストランもあります。
でも一番美味しいのはやっぱり自分で作ったもの!
日曜の朝のお魚やさんに大きな黒の新鮮なムールが出ていると買って来て、ついているヒモやら小さな貝殻や何かのクズみたいなものを一つずつキレイにはずすのは主人の仕事。わたしのネイルが傷むからね!
そのあとの蒸し方にはいろいろあるけれど、わたしの場合はCreusetの大きなホウロウの鍋に、まずはオリーブオイルと少しのガーリックのみじん切り。香りが立ったらエシャロットのみじん切りをゆっくりとろけるまで炒めます。
半カップの白ワインを煮立てたら、そこにムール貝をワーッと入れて蓋をして中火で二分。
228 2
今日はエシャロットを買い忘れたので、青ネギを小口切りにしたので代用。でも炒めないですぐに白ワイン!
いずれにしても出来上がりは最高のフワフワなムールです!
228 3
さて、フリットことフライドポテト。わたしの場合はそこに一工夫。
だってその名の通りフライにしたら、美味しいけどカロリーが大変!そこでニューヨークで購入したこちらのナイフ?
を使って、じゃがいもをカット。見事にギザギザに切れる優れもの!
228 4
写真を撮り忘れたけど、それを良く流水で洗って(でんぷんを流す)水を切ったらボールへ。
そこにほんの少しのサラダオイルをたらして、菜箸で混ぜたら、テフロン製のオーブントレイで200度でキツネ色になるまで約30分。
こんがりとほとんど本物そっくりのフライドポテトの出来上がり。
え?フライドポテトはなぜって?ムール貝から出たソースにつけて頂くんですよー
さあ、召し上がれ。
228 1
白ワインはSancerreなどのロワールのものがいいね!






category: グルメ GOURMETS RESTAURANTS

tb: 0   cm: 1

△top