PARIS パリ FEDORA より

元フランス航空会社CA  パリからの便り  パリ フランスの生活 オペラ 旅行 ファッション レストラン ショッピング・・・わたしの好きなこと!

今年もFaubourg St. Honoré通りのSummer Time! 

 

195 1
さーて今年もFaubourg St. Honoré 通りの楽しいイベント、SummerTime の日がやって来ました。ユッピー!
去年も書いたけど憶えてる?今年もChopard の超優しいMme Tranが招待状を送ってくれました。この招待状が無いと入れないイベントです。
マドレーヌ寺院とコンコルド広場を結ぶRoyal 通りとFaubourg St. Honoré 通りとの交差点から、Elisée宮前までを通行止めにして行われるこのイベントは、Faubourg St. Honoré 通りにお店を構える有名ブランド店会が主催する夏の一夜のイベント。
今年はロンドンがテーマです。去年はニューヨークがテーマだったから、道には黄色のタクシーがいたけど、今年はロンドンタクシー!
195 2
18時半スタート少し前に来たわたしは、まずはChopard のMme Tranに挨拶に伺いました。
ショーウィンドウには可愛らしいロンドンのオブジェが!この後いろいろなお店を覗いて見たけど、こういう演出をしていたのはChopardだけでしたよー
195 5
Chopardでシャンペンをいただいて、美しい宝石や時計を見せてもらって、ペラッペラッやってから、去年も一緒に来た友人との待ち合わせに向かいます。そう、実は今夜わたしはホンコン行きの深夜便に乗るから、その前に駆け足でSummer Timeに来たというわけ。
そして道にはジャガーがたくさん!クラシックなモデルから
195 3
最近のモデルまでたくさんたくさん。こういうイベントにまったく興味の無い主人は付き合ってもくれないから家で留守番だけど、Jaguarは大好きだし、この同じモデルの車は家にある!というわけで写真を撮って送ったらくやしがっていたわ。ふふふ。
そう、今年はジャガーとベントレーが協賛でした。後にはロンドンのバスや赤の電話ボックスが見えるでしょう?
195 4
こちらはクリスチャン・ルブタンの前ね。ポスターも。
195 7
このテディベアはロンドンを意識してるのかな?足の裏が赤!ルブタンだもんねー♫
195 6
でももう少しでわたしがキヨミズの舞台からヒューン!って飛んじゃいそうになったのは、Sergio Rossiのベージュのエナメルのサンダル。ダメダメ!こういうソワレではシャンペンをいただいて見るだけにしなくっちゃ。
ショッピングバッグなんて持ってたら格好悪いのよ。
195 8
パリが最高な6月のまだ明るい夕暮れ時のサントノーレ通り、今夜は歩行者だけ。ロンドンだからフィッシュアンドチップスの屋台が出てたり、お店によってはその顧客だけしか入れないバスを用意してたり。
そんな中を友人とシャンペンを行く店行く店でいただいて、いつもは触れないケリーやバーキンに触ったり、ゆっくりと洋服のコーナーを見たり。
本当にこういうのって女の子(?)の幸せよねー

CHANELの前には偽の衛兵さんが真面目な顔して門番してて、これも可笑しい!
もちろん入ってシャンペンを片手にバッグコーナーも靴コーナーもお洋服コーナーもひやかしましたよ。
195 9
Dior の前にも衛兵さん。
もちろん入ってシャンペンをいただいたけど、わたしのラストフライトのとき、ビジネスクラスで本当に行儀の悪かった集団、これがディオールのフランスの人たちだったの。大昔にも「サイアクのフライト」ってのがあったとき、それはやっぱりフランスのディオールの化粧品担当の女性たちだった。サイアク!
こういうのを見ちゃうとブランドそのものへの愛も冷めるのよねー
その点、ルイヴィトンのLVMHの皆さんは素晴らしい。素敵な装いにみんな紳士淑女です。だから今でもルイヴィトんは大好き!
というわけで、シャンペンいただきながら、散々ドレスとか冷やかして来たけど、ゼッタイ買わない!
店員もすてきな人なんて一人もいなかったから。
195 10

と、時計を見るともう20時過ぎで、わたしはシンデレラのごとく友人に別れを告げ
Charles de Gaule空港へ。
白のドレスから、車の中に用意してあった旅行用の服に車の中であちこちぶつけながら着替えて、余裕で到着。
ようやく席に着いたのは23時。
195 11
シャンペンを片手に(またかい!)夜の空へ。
195 12


category: パリ PARIS

tb: 0   cm: 0

△top

睫毛エクステの車! 

 

わたしがもう数年睫毛エクステをしているのは、皆さんもご存知ですよねー

http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/blog-entry-137.html

新横浜のサロンBambi のゴッドハンドの舞ちゃんには、日本へ行くたびにお世話になっています。
来日予定も自分の睫毛に合わせたりなんかして!
横浜近辺で本当に上手なエクステをお探しの皆さん、ぜひ彼女に身を委ねて下さいね。
本当に「神の手」と呼べる技術ですよー
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000272669/

さて、今日は先日パリのある駐車場で出会ったこの車!
194 1
キャーーー!最高に楽しくないですか??
最初は書いてあるのかと思ったら、違うの!右のライトを良く見ると、ちゃんと睫毛が付いてるんです。プラスチックの!
どういう人が持ち主なのか、見たかった!!!
なんだか最高に幸せになったわたしでした。





category: パリ PARIS

tb: 0   cm: 0

△top

Robert Indiana の HOPE 

 

ずっと前にご紹介したRobert Indianaのアート LOVEを憶えていますか?

http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/blog-entry-51.html

今回主人が仕事先のニューヨークで見つけたのはHOPE!
193 1

青空ともにとっても良い感じなので、ちょっとわたしのブログにも乗せたくなりました。
と、これだけじゃ短いので、何を書こうかなとインターネットで探したら、こんなの見つけちゃった!
わははははは!

193 2

こちらのシルバーはシカゴにあるそうで。
今度シカゴに行ったら、必ず見に行こうっと!
193 3

みなさんは西新宿のLOVE もう待ち合わせに使いましたか?



category: アート ARTS

tb: 0   cm: 0

△top

小さなハーブガーデン 

 

たとえばわたしの母のように、もらった種や苗、どこかでちょんぎってきた植物でさえ、庭に植えて何でも花を咲かせたり、大きく育ててしまう人のことをフランスでは Elle a la mains verte 「緑の手を持っている」という表現をします。
わたしはその逆。どんなものでも枯らしてしまう
まるでダメなんです。
先日歌の先生が、シソと三つ葉の苗を分けて下さったて植木鉢に植えたのですが、これはわたしのせいでなく庭に来るカケスに全部食べられちゃった。
192 1
それを先生に話したらもう一度下さって、今度は植木鉢をわたしがよく動くキッチンの横に置いたわけ。さすがの鳥もここまでは来ないだろうと思って。
でも翌朝起きたらぜーんぶ食べられてた!
きっとあのカケス、わたしの行動を監視してたのね。

というわけで、緑の手を持たないわたしはガーデングには向いてないなあ。大体「虫」と呼ばれるものはどんな大きさのものもキライ。どんな色のものも、どんな形態のものも。土の中にいるものも然り。
だからそういうのに出くわすガーデニングってのは、本当にダメなんです。
花の苗の専門店に行くと「わーーー」かわいいお花がたくさん!
何て言うお花かしら?
192 3
こういうの本当に庭にあったらいいな、と思うんだけど。
192 4

さて、そんなわたしにもこれなら出来るんじゃないかって、3日前に作ったのがミニガーデン。
192 7
パリではここ数年アパートのベランダに置いたり、立ったり座ったりが大変なお年を召したおばさまたちの間でも大人気。
そう、腰の高さだから立ったままで面倒を見られるの。
192 5
わたしは一応虫が付かないことになっている、チェリートマトの苗と、ハーブたちを植えました。買ったばかりの土だから、ニョロニョロしたものも居ないし!
庭が広いのに、わざわざこんなミニガーデンを置いてるのは、おかしい?
でもちょうどテラスの横に、数年前にわたしが人からもらったミント。何の世話もしないのに、大きくなった健気なコ。
このコの上にちょうどいい具合にセットできましたよ。
なんだかかわいくて嬉しくて、ちょこちょこ見に行っているわたしです。

そんなわたしでも咲かせることの出来るものが一つあるの。
192 6
家に来る人がわたしの蘭好きを知ってよく大きな蘭を持って来てくれるんですね。
その花が終ったら、上の階の窓際、太陽ポカポカのコーナーに置いておくんです。そうするとしばらーくする(放っておくと)とこうして素晴らしい花を付けるんですよ。全部じゃないけどね。
え?うるさいなあ。
2年に一回くらいは土を変えてるよー


category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

ロンドン Royal Opera House のおみやげ 

 

さて、ミュージアムショップやオペラ座のブティックは、わたしが必ず覗く大好きな場所ですが
ロンドンのロイヤルオペラハウスは小さいながら、素敵な扇子やアクセサリー、布のオペラバッグや
ポーチ、またロイヤルバレエのロゴ入りのダンスグッズなどが手に入る場所でもあります。
そこでわたしが購入して、オペラ好きの日本の友人にあげたものは
Maestro Bear
190 1
指揮者の格好をしたクマがカワイイのはもちろんだけど、バッグの方はホテルの朝食なんかにケータイとルームキーとハンカチくらい入れて行くのにどう?
わたしは前回のロンドンオペラでもこれを買ったから、それ以来ちょくちょくそうして使ってる。これが日本のオペラ好きの友人に喜ばれたのは、言うまでもありません。
190 2
でももちろんショップだけじゃなくて、この世にも美しいオペラハウスにも出かけてね。
こちらで観るオペラはすべてがワールドクラスのトップです。
190 3
来る人々もオシャレしているから、スーツケースに素敵なドレスを一枚入れましょう。特別なロンドンでの一夜になること、間違いなしよ。行く前には前回のブログでご紹介したイタリアンで軽くお食事をして行ってもいいし、こちらのガラス張りの素晴らしいホールでシャンペンと一緒にサンドイッチをつまんでも。
190 6
そしてもちろん・・・!
190 4
今日は友人のお誕生日のお祝いの「椿姫」ドミンゴさんはキャンセルした(涙)けど、このオペラはやっぱりヴィオレッタ。素晴らしいリトアニア出身のMarina Rebekaは会場中を歓喜、感涙に包み込みました。
190 8
190 9

みなさんもロンドンへいらしたらぜひお出かけくださいね。
190 7

category: オペラ OPERA

tb: 0   cm: 0

△top

ロンドン Covent Garden のイタリアン CICCHETTI  

 

ワーン!
ドミンゴさんがキャンセルしたけど、出かけたロンドンのロイヤルオペラハウス。
今日ご紹介するのは、そのすぐそばのイタリアン。なんでもイギリスで1番美味しいイタリアンレストランに輝いたとか。
189 1
パブやカフェで賑わうコベントガーデンのこの通りにひときわ華やかなショーケース!
189 2
店員さんみんながイタリア人だから、わたしも1月から習ってるイタリア語で頑張ろう。
"Buongiorno Signori !"
食前酒はもちろん・・・"Aperol Spritz per favore"
189 3
前菜にはFritti Calamari を二人で。レモンをしぼってBuon Appetito!
189 4
この後のパスタは蟹とトマト、オリーブ、ケッパーのタグリアリーニ。うううーーーー
189 5
わたしの後ろでピザ生地をこねてるオジサンを見て。なんとも可愛らしいこの格好。でもね、多分自分がカワイイ格好をしてるなんてことは忘れてる。制服ってそういうものよね!
わたしもCAだったとき、朝家を出るときこそ、制服にシワが無いかな、シニョンはうまく出来てるかな、お化粧は、スカーフは、靴はキレイに磨いてあるかな・・・など考えまくり。でもいったん飛行機でお仕事が始まっちゃうと、もうなりふりかまってるヒマは無し。膝丈のワンピースでも高いところに昇るは、床を四つん這いでお客様が落としたものを探すは、自分の姿なんて完全に忘れてしまったもの。
だからこのオジサンもきっと忘れてる。
189 6
鏡に映る入口そばのバーコーナー。こんなところもまるっきりイタリアね。
189 7
奥に向かうテーブル席。柔らかな光と、テーブルの上のトマトとレモン!
189 8
食後のカプチーノには、ヴェニスの冬の揚げ菓子が付いて来ました!ワーイ
189 10
そうなの。イギリスってものすごくカプチーノが美味しいところなんですよ。イタリアレストランに限らず。クリームもきめ細かいフワフワで。フランス人にはなかなか出来ない芸当なの。
ぜひ召し上がれ!


category: グルメ GOURMETS RESTAURANTS

tb: 0   cm: 0

△top

Pierre Marcolini のショコラ 

 

日本でもすでに有名なPierre Marcoliniは味だけでなく、その美しさ、パッケージ、すべてがわたしのお気に入り!今回寄るのはフォーブル・サントノーレ通りにあるお店。
現在のショーウィンドーはきつね!

188 2
何でもMaison Kitsunéとのコラボらしい。このブランドをわたしは知らなかったけど、皆さんはどう?
http://shop.kitsune.fr/maison-kitsune.html

188 1
日本ブームなパリだけど「きつね」という言葉!この可愛らしいきつねの絵のパッケージに思わず嬉しくなってお店に入りました。今日は目的はショコラではなく、Goyardだったんですけど。
Goyardに文句を付けに行くんですよ。
そう、Goyard問題はあれからも続く。みなさん、憶えてる?

http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/blog-entry-159.html

今回はクレームの解決まで持ち込めたけど、それもフランス人のともだちが付いて来てくれたからで、わたしたち日本人2人だったら、こうは行かなかったでしょうね。
本当に腹立たしいわ。
27年もパリに住んでフランス語を話して、それなりに度胸も付いたわたしだけど、それでもこういうときにフランス人を連れて行くと店の態度が変わる。キーーーーッ!
マルコリ―ニのショコラを食べながら、延々待ち時間をつぶしたのよ。

さてわたしのお気に入りはこちら。
5025-10122-LES18COEURS_M.jpeg
ショコラの周りを色々なフルーツフレーバーのキャンディが覆ってる。
見た目も味も素晴らしい!もらったら開けた瞬間に「キャー♡」
日本でも手に入る模様。
http://www.c-c-c.co.jp/shopping/products/detail.php?product_id=779

そしてもう一つはマシュマロをチョココーティングしたこの一品。
P-Marcolini_choc-marshmallows_2_POST1.jpg
あまりの美味しさに一日一個(って自分で決めてる)の時間が来るのが待ち遠しいほど!
188 3
これは日本のお店で手に入るのかどうか?
じゃなければぜひパリで。




category: グルメ GOURMETS RESTAURANTS

tb: 0   cm: 0

△top