PARIS パリ FEDORA より

元フランス航空会社CA  パリからの便り  パリ フランスの生活 オペラ 旅行 ファッション レストラン ショッピング・・・わたしの好きなこと!

パリオペラ座の珍しいドレスコード 

 

先日パリオペラ座へ「Le Roi Arthus」を観に出かけました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/アルテュス王
アーティストも素晴らしい面子が揃っています。

Direction musicale Philippe Jordan
Mise en scène Graham Vick

Genièvre Sophie Koch
Arthus Thomas Hampson
Lancelot Roberto Alagna
Mordred Alexandre Duhamel

187 9

5月9日には「フランス遺産の日」ということで、フランス国内のたくさんのオペラ座が一般公開され、バスティーユオペラ座はこのLe Roi Arthusのピアノリハーサルが無料で公開されました。
わたしの長いオペラ歴でもピアノリハーサル、セットも衣装ももちろんアーティストも付いて、ただオーケストラの代わりにピアノで全幕という、何とも贅沢な経験は初めてです。
歌の先生が早くに連絡してくださったおかげで貴重なチケットを手に入れ出かけたそれは、いやはやまあ声が素晴らしく響き、オーケストラで聴くのとはまた全然違う、最高に幸せなひとときとなりました。

で今日はその10日後、本番のお話。
でも今日はオペラの話じゃないの。この晩は珍しいことにドレスコードが付いた、ってお話です。
「この晩はガラだから男性はスモーキング、女性はカクテルドレスで」というSMSとメールが来たんです。
AROPというオペラ座友の会のようなものがあって、わたしもかつて所属したことがあったけど、会費だけでなくチケットの値段も高かったから止めてしまった。法人レベルではメリットがあっても、わたしのような個人レベルでは大したメリットは無かったし。
わたしは今でもNYのメトロポリタンオペラのギルドには属しているけれど、会費は払ってもこちらではチケットの値段がもともと違うということは無し。かつては華やかなイベントも多かったこのギルドも、今ではチケット予約優先権があるくらいだけどぉ。
パリに戻って、そういうわけでAROPのソワレというのは年に10回くらいあって、そういうときは社交界って感じで華やかな雰囲気になりますが、普通のお客さんは普通の格好で来てる。
前にも書いたように、パリのオペラ座で「普通」とは、かなり地味なことをさします。
http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/blog-entry-8.html
だからそういう晩はカクテルドレスのマダムの横にジーンズ姿のおかまちゃんカップルが、ってな具合。
でそのソワレに普通のお客さんにもドレスコードが付いたことは、あれれ???ちょっと思い出せないなあ。
それが5月19日の晩はチケットを持っている人には全員上のメッセージが送られて来たんです。
にわかには信じがたい!
この政治的に左のパリが、ドレスコードを受け入れるのか??
でもわたしはおしゃれするのが大好きだから、カクテルドレスで出かけましたよ。普段はゼッタイにパリでは着ないタイプ。ロンドンやNYやウィーンやミラノはオーケーだけど、パリには派手すぎるもの!
そして到着したオペラ座は・・・

わーーーーーーー♡♡♡
男性のスモーキング、スモーキング、スモーキング!!!かっこ良すぎる!
普段だったら目もくれないお腹の出たおじさんたちも、スモーキングだと素敵!若いおかまちゃんたちも超かっこいいよ!こういの見ると、つくづくスモーキングってのは洋服なのだと、西洋のものだと思いますねー
昔わたしの仲良しの日本人の男性の友人がロンドンのオペラハウスのガラに一緒に行くのに、ディオールでスモーキングを買ったのね。当時の彼はスタイルも良く、とても似合ってたんだけど、ロンドンのオペラハウスで「シャンペンください」って言われちゃった。
このパリの晩、素敵な男性たちの写真を撮りたかったけど、ちょっとね。「あら、わたくし、こういうの慣れてるの」っておすまし顔でいたいじゃない?カメラなんかパチパチやったらダサイダサイ。
で女性も素敵に装ってますが、やっぱり男性のかっこよさには負けるわね。
横の席のエレガントなマダムが「まあ、なんて美しいんでしょう!」ってわたしのドレスを褒めてくれて「でもね、あたくし、まさか本当にみなさんスモーキングとカクテルドレスで来るって信じてなかったのよ。だって、パリでしょう?いつもの調子なんじゃないかってタカをくくってたのよ。スーツで着ちゃって、恥ずかしくて幕間にシャンペンも飲みに行かれないわ」
わかるなー わたしも信じてなかったもんね。

来シーズンからディレクターになった、元スカラ座のリシュナーさん(左)のおかげかもね。右は大臣。
以下の写真はAROPのサイトから。
187 4
こういうカップル、圧巻よねー 社交界!もと貴族!
187 3
スモーキング、スモーキングの男性たち。
187 5
こちらは指揮者のPhilippe Jordan とアーサー王を歌ったThomas Hampsonと奥様。指揮者がノーネクタイなのはNG!だけど、指揮してるときは燕尾服だったから良しとする??
187 8
これがそのガラのディナーの写真です。わたしたちは行かなかったけどぉ。
187 6

さて、じゃあわたしのドレスは。
もう10年以上も前に買ったシルクレースのドレスはRenato Nucciのもの。前に書いた赤のシルクのドレスといい、タイムレス。どれだけ着たことやら。同じモデルでレースの赤も持ってるの。
187 11
ドレスに合わせてコートも白よ。
187 12

本当にこんな格好でパリのオペラに行くことは無いの。
バスティーユなんて治安もいまいちだし、ホント命がけなのよ、ほとんど。
でもね、今日はおしゃれした女友達と二人で胸を張って歩いたわ。
それにオペラ座の中のマダムたちは上の写真のような女性ばかりで、それに比べたらわたしたちは本当に若くてキレイだったんだもの!!




category: オペラ OPERA

tb: 0   cm: 0

△top

パリ インド街で買うアーユルヴェーダのネックレス 

 

パリ10区メトロChateau d'eau に程近いPassage Brady。
186 6
このアーケードの中はインド街と言いましょうか、インド料理レストラン、インド食材店、インド雑貨のお店であふれています。
ちなみにこちらのインド料理は観光客向けで、本当に美味しいところは他にありますので、食べるのは止めて眺めるだけにして、楽しい雑貨や食材のお店を覗いて見ましょう。
186 5
33, boulevard de Strasbourg と 46, rue du Fg Saint-Denisと両側からアクセス出来ますが
46, rue du Fg Saint-Denis側から入って右側10mくらいのところにある食材、雑貨店。
こちらがわたしのお気に入りです。
香辛料やカレー、そして香もたくさん。いつもしばらく滞在してしまいます。
そしてお勘定のすぐ横に見つけたのは、アーユルヴェーダのネックレス。
???
なぜアーユルヴェーダかと言うと、くさりの部分が銅だからだそう。
???
これ以上はわたしに聞かないで!
186 1
でも一本5から6ユーロの色とりどりのネックレスたちは本当にキレイ。
歌の先生がこのそばに住んでいる関係で、何度かいくうちに4本になりました。次回は青、緑系にしよう。
186 2
ちょっと胸元が寂しいとき、そう!特におばさんになると、デコルテがなぜか寂しくなる!
なんでかなあ。顔色が冴えなくなったりするから??
でもイタリアのマダムが大きなネックレスを日に焼けた、ちょっとシワのあるデコルテにしてるのはとてもステキだけどー
わたしはこういう小さなチェーンにしましょう。
一番よく使うこの白はもう3年目になるけど、色も変わらなければ壊れもしませんよ。
186 3
洋服によって変えて楽しめる。これからの季節はこんな珊瑚色も。
186 7
よくフランス人のともだちに褒められ、買った場所と値段を明かすと「ウソー」ってみんな買いに走るのよ。

プチプライスの軽いアーユルヴェーダネックレス。
場所も取らないし、おみやげにもいいかも!



category: パリ PARIS

tb: 0   cm: 1

△top

手作りねこバッグ 

 

香港のマダムジュジュからパッケージが届きました。
その中に入っていたのは、手作りのねこバッグ。彼女の義理のお姉さんが製作しているものです。
その可愛さと来たら!
185 1
彼女のサイトがありますのでご覧ください。
http://www.iichi.com/shop/J2434030
どの作品も優しさにあふれていますね!一つ一つ細かい刺繍もパッチワークも皆手作りです。
こちらのネコの表情も見て。ネコ好きなら「うんうん!」ってうなずきたくなるこの感じ。
それは他の動物や花のモチーフにも感じられますねー 
そしてそのディテール、三毛猫!首の鈴!
185 2
バッグの裏には小さなお花の刺繍も付いています。
185 3
持っているだけでほんわか幸せになるようなこのバッグ。ネコ好きの方、お花や自然を愛する方への贈り物に、世界にたった一つのバッグはいかがでしょうか?

さて、同じパッケージにはこんな楽しいスリッパも入っていました。
185 4
実は先週、あるイベントでオペラ「トーランドット」のお姫様の仮装をしたんですね。(どんなイベントや)
その時に間に合わなくて残念でした!だって色がまったく同じだったんだもの。
このカンムリは自分で作ったんですよー
185 5

オペラのアリア、本当はテノールの歌うアリアだけど、この格好で「誰も寝てはならぬ」を歌いました。
ブラヴォーが欲しかったのに、会場は大爆笑。なんでかな??

それじゃあついでにこのアリア、お聴きいただきましょうか。
そうです。トリノオリンピックで荒川静香さんが金メダルを取ったフリーのあの曲!
パバロッティが開会式で歌ったものでした。彼女はそのときに「運命」を感じたそう!
でも今日はドミンゴで。わたしの一番好きな。

Nessun Dorma Placido Domingo

あらら、ねこバッグで始まって話が「誰も寝てはならぬ」に行っちゃったわ。



category: ファッション MODE

tb: 0   cm: 0

△top

Henri Bendel New York はやっぱりステキ! 

 

ニューヨークの5番街56丁目にあるHENRI BENDEL
HenriBendel5th2.jpg
皆さんは今から25年ほども前に大ヒットした、このニューヨークの高級デパートの茶と白のストライプのポーチやバッグを憶えてるでしょうか?
憶えてるとしたら40代後半以上ってこと・・・!
もともとスーパーモデルのシンディ・クローフォードやナオミ・キャンベルがコレクションの楽屋で持っていたあたりからブレークしたんじゃなかったっけ?
女子大生やOL向けのあのころの人気雑誌は、このヘンリベンデルのポーチの写真でいっぱいだったし、日本の芸能人も成田空港に着くとここのバニティーケースを持っていたり。とにかくニューヨークでしか買えないコレクションにみんな夢中でしたね。
どの航空会社のスチュワーデスもニューヨークへのフライトが入ると、友人からたくさん頼まれたっけ!
この手のポーチがここまで流行ったことは、そうは無いのでは。
しかもあのころはインターネットもケータイも無かったのに、あそこまで流行った!
Henri Bendel homepage
aafanfjkdsa1.jpg
だいたいこの紙袋ですら嬉しくて大事に保存してたのよ!そういうカワイイ時代!

それから四半世紀。その間もニューヨークへ行くたびに、このステキなデパートへ足を運んでいました。
だって素晴らしいのはポーチだけじゃなくて、その洋服や靴や化粧品のセレクション。しかも小さいデパートだからちょっと覗くにも時間もかからない。
ブラウンと白のストライプのポーチたちは、その間もずっとデザインを変えつつ存在したけれど、もうあのころのように「キャー♡」っていう興奮はもう無くなった。それはあのスーパーモデルたちのように
「同じものが欲しい!」って思わせるセレブリティーがいなくなったから?というよりわたしが歳を取ったから?!?
と思ってたんだけど・・・

でも今回のニューヨークでホテルが近かったこともあり、やっぱりちょっと覗いてみたら、コレクションが一新されてハッと目を引くものに変わっていたの!
少し前から探していた小さな箱のようなポーチに、久々の「キャー♡」
どうしてこういったものが欲しかったたかと言うと、ホテルのベッドサイドに置いて、そこに毎晩使う耳栓を入れたい、という単純な理由。耳栓をして寝るというのは航空業界ならではかしら。
わたしがゼッタイに旅に忘れないものの一つ。特に街の騒音が一晩中続くニューヨークなどでは必需品。
朝目が覚めたときにいつもそれをベッドサイドテーブルに直に置くのを一瞬迷うのよね。で置いたらそれが転がってベッドの下に入ってしまって片方しか無くなるなんてのは、いつものこと。
というわけでこのコに出会った途端ビビビと来ましたよ。
183 1
中にはありがたいことに3つのプラスチックのケースも付いていたから、サプリなんかも入れられて。
もちろんはずし忘れたピアスを寝転がったまま取って入れることも出来る。
183 2

この小さな箱は無理だけど、他にもたくさんあるコレクションには、時間さえあればイニシャルを刺繍してカスタマイズするサービスも出来ました。無料で!

次のニューヨーク旅行でぜひのぞいて見て下さいね。
わたしにとってはこの25年の間に何十回と訪れたたくさんの思い出に溢れるニューヨークを一時も忘れることのないグッズです。スーパーモデルが持ってたのを真似して喜んでいたあのころから、ちょっとニューヨークが人生の何ページかになった、そういうことを思い出させるグッズ。
なんだかノスタルジー!
そう、10年前くらいかな、このスノーボールも買いました。
オルゴール付きの今では存在しない一品。
暖炉の上に置いてあります。見るたびに思い出すたくさんの時。
本当に「思い出」って宝物よね!
183 10



henri-bendel1.jpg

category: ファッション MODE

tb: 0   cm: 0

△top

見逃さないで!MET LIVE ビューイング カヴァレリアと道化師 

 

みなさーん HELLO from New York!!!
わたしはまたまたニューヨークのメトロポリタンオペラに来ています。
今シーズン絶対に逃せないオペラを観に。それはマルセロ・アルバレスが二役を演じる道化師とカヴァレリア・ルスティカーナです。
182 6
http://ja.wikipedia.org/wiki/カヴァレリア・ルスティカーナ
http://ja.wikipedia.org/wiki/道化師_(オペラ)
同じシシリアを舞台に約70年の時を隔てて起こるこの二つのドラマは、それぞれの作品が短いこともあり、同時に上演されることが多いのですが、同じテノールが二役を演じられることは常時ではありません。
過去にはドミンゴが何度も演じています。
さあ、今夜のマルセロ・アルバレスは??
182 1
いつ来ても心ときめくメトロポリタンオペラ!
182 2
まずはカヴァレリア・ルスティカーナから。
マルセロ・アルバレスを囲む素晴らしいキャストたち。マックヴィカーの演出は以前にロンドンで昆虫のリゴレットを観た記憶があるわたしは、かなりビビリながら臨みました。が、そのダークな演出のなかなか良かったこと!
マルセロ・アルバレスの優しげなキャラクターはこのひどい男役にはちょっと悪さが足りなかったかという友人もいたけど、必ずしもおっかない顔をした男が本当に悪いとは限らない。優しい顔をした「女の敵」みたいな男、たくさんいますからね!
彼の声はこの大きなオペラ座に朗々と響き、本当に素晴らしかった。そしてこの今をときめくキャストたち、こういう顔を揃えられるのはMETならでは。パリではようやくこの中の一人がいるか、いないか、ですから。
628x471.jpg
そのあまりにも有名な間奏曲、以前にもご紹介しましたが、今日はムーティでお聴きいただきましょう。
Cavalleria Rusticana Intermezzo
これを聴くといつも泣くわたし。オペラ好きだった祖父がわたしが小さいときに聴かせてくれた曲だから。
祖父無しにわたしがここまでオペラを聴きに来ることは無かった、っていつも思っちゃうのよ。

インターミッションをはさんで今度は道化師。
182 5
マルセロの道化師は2月末にモナコで観て素晴らしいのは承知。でも今夜の彼も本当に本当に素晴らしかった!
最後の最後の5分の甘い声、切ない声、その演技、大根だなんだ言われて来た彼だけど、パリアッチョははまり役!わたしだけじゃなく周りも泣いてるぞ。
もちろんバリトン以外変わったキャストもみな素晴らしい。ネッダを歌うパトリシア・ラセットなんて、いったい彼女がこなせないものなんてあるのかしら?ちょっと太めだけど、相手がマルセロだから問題無しね!

夢のような一夜でした。本当に来られて本物を観られて幸せでした。
指揮のFabio Luisiもこれまた何でも振る素晴らしい指揮者だけど、今夜もドラマチックに最高のオケを鳴らしました!
これをみなさんは5月にMET LIVEビューイングで観ることが出来ますよ。
ぜひお近くの映画館へお出かけください。
http://www.shochiku.co.jp/met/
わたしはこのオペラに現地で300ドル遣ったけど、みなさんは数千円で観られますよ。
ドレスもいらない。お弁当なんか持って!
ゼッタイに行ってね!

いつもその美しい姿を何度も振り返りながら後にするメトロポリタンオペラ。
また来シーズンまでひとときのお別れ。
182 4
今夜もシャネルは一緒だったよー
182 3

category: オペラ OPERA

tb: 0   cm: 0

△top

COLETTE RIPLEY マルセイユのセラミック 

 

181 1
さてMUCEMの後に旧市街を歩いていて歩道に出ていたテーブルの上に興味を引く焼物が。
改めてお店を見ると色とりどりの焼物がショーウィンドーにありました。この手のお店にわたしが入らないわけがない!
181 2
わたしが海のものに目が無いのはみなさんもご存知ですね。
Blog My Sea Collection
だからこのお魚たちでときめいたのもわかりますよね!
181 5
こちらのお店では白髪の素敵なマダムColette Ripleyさんが全てを製作して後にある釜で焼いています。
181 3
そのコレクションは海のものがたくさん。
181 4
箸置きのような小さな魚たちは、フランスではナイフをおくもの。日本だと鮎だったりしますよね。でもこちらでは色とりどりの夏のお庭でのランチにぴったりのお魚たち。
181 6
その他にも手描きのこんな優しいセラミックも。タイルもあります。こんな優しい絵のタイルのバスルームなんて想像しただけでもステキですよねー 
こういう風合いはやはりパリではなく、海に近い南仏やイタリアやスペインという感じですね。
本当はお魚やタコのお皿も欲しかったー!
181 7
この後が飛行機の旅でなければ持って帰りたいサラダボールや水差し、カフェオレ用のボウルなどもたくさんありました。
181 9
181 10

さて、家に来たのはこのコたち。
181 15
さっそく水色の大きなコはコレクションに加わりましたが、これがどこかご存知のみなさん、
Colette Ripleyさんには内緒だよ。ちなみにこの水色のお魚、わたしはオブジェにしてますが、本来はこれを2、3匹おいて、鍋敷きに使うそう。一枚目の写真の葉っぱのような海藻のような形のものも、そう。
181 12
ダイニングルームのテーブルに置いたALESSIのコーラルボウルの中には小さなお魚たちを入れました。
こういう作業をしているときのわたしは幸せでニヤニヤしていますね。
181 14

マルセイユに行く機会があって、セラミックが好きで、海のものが好きだったら、是非寄ってみてください。
お気に入りのマグなんか見つけたら、きっとマルセイユの良い思い出になるでしょう。
小さなお魚も買ってね。
女の子だけじゃなく男の子もね!
181 11
181 13

category: アート ARTS

tb: 0   cm: 0

△top

Marseille の一日 

 

春の一日、先輩に会いに日帰りでマルセイユに出かけました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/マルセイユ
マルセイユはあまり知らないわたし。前回はオペラを観に大急ぎの一人旅だったし、泊まったところが眺めは素晴らしいけど歩き回るにはちょっと離れたところだったので、街中を歩くのは今日が初めてです。
前回来たときも今回も太陽燦々。旧港は空と海とヨットたちとで、キラキラと夢のような美しさです!
180 1
パリから飛行機で1時間、移民も多いこの街はもうすっかり異国。
港の前にはこんなお魚たちのマルシェも出ています(ツーリスト向けというウワサもあり)。これが今日のランチのブイヤベースになるんですねー
180 3
ふふふ。先輩によるとブイヤベースで有名なお店が3店あるのだとか。今日は女の子同士のランチだから、有名店ではなく気軽に入れる旧港のそばのレストランで。
でも本当に日本人はやはりこういう味が好きよねー ランチは前菜、メイン、デザート、食前酒こみでなんと15ユーロという安さだったけど、十分幸せな味でしたよ。
180 7
そのあとは旧港の無料の渡し船で港の反対側へ。このほんの2分がまた良かった!
180 2
180 9
そして今日は時間が無いから館内へは入らないけど、どうしても来て見てみたかった話題の新しい美術館。
MUCEM
MUCEM homepage
180 5
屋上にはこんな素敵なカフェや休憩できる場所があるんです。美術館を美術品を見るだけの場所でなく、何かアクティビティの一つとして考えるといったこういう使い方、ヨーロッパの人はとても上手な感じがします。
180 4
この場所へは入館料を払わずに、くつろいだり、お茶だけ飲みに来ることも出来ます。
180 12
ここもその広場の一角。
180 10
レースのような外壁の中はずっとゆるやかなルートが作られていて、ぐるりと回りながら、海の碧を見ながらゆっくり降りて行けるようになっています。
180 13
もう海に飛び込んでいる子供もいますよ。
180 14

さて美術館を出てインターコンチネンタルでお茶をしようということになったのでゆっくり街を歩いていると、こんなテーブルが路肩に。わたしの気になるお魚の形!
180 11
この嬉しいお店との出会いは次回のブログでお届けします。

category: 旅行 VOYAGE

tb: 0   cm: 0

△top