PARIS パリ FEDORA より

元フランス航空会社CA  パリからの便り  パリ フランスの生活 オペラ 旅行 ファッション レストラン ショッピング・・・わたしの好きなこと!

ソルボンヌのそばのワインバー Rumeurs 

 

わたしが仕事を辞めたら(って仕事しながらもやろうと思えば出来たんだけどォ)始めたかったことにイタリア語があります。
というわけで今年の1月からパリ5区、有名なソルボンヌ大学そばのCentre Culturel Italien イタリア文化センターの初級コース、まずは3ヶ月間フランス人の女ともだちと通い始めました。
http://www.centreculturelitalien.com/
こんなにオペラが好きで声楽まで習ってるというのに、イタリア語を真剣に学んだことは無し。イタリアに行くたびに「ああ、話せたら!」と思うんですけど。それに男性に話させると世界一かっこいい言葉では無いでしょうか。「チーーーンクェ」なんてただの数字の「5」ですけど、マルチェロ・マストロヤンニあたりに言わせてごらんなさい。これだけでもシビレるぅ!
marcello-mastroianni-cappello.jpg
と話がイタリアの男性に行ってしまいましたが、今日ご紹介するのはこの学校に行くために通るrue des Ecoles エコール通りに見つけたワインバー Rumeurs
友人とわたしは午後のクラスに通うので、いつもその前に軽いランチをするんですね。おしゃべりもあるし。
パリ5区という場所はもともとそんなに食事に来る場所では無かったので、二人でどこかいいところは無いかしらとアンテナを張って歩いてました。
そして見つけたこちら。
Rumeurs
34 rue des Ecoles
75005 Paris
TEL 0142027056
https://www.facebook.com/pages/Rumeurs/419232108231780
(Facebookにはわたしの写真よりももっといい写真がたくさんあるから是非見てね)
163 2
中にはこんな優しい顔をしたお兄さんが静かに「いらっしゃい」
すぐになごんじゃうような、そんな良い人柄が顔に描いてあるようなお兄さん。
163 3
なんでもともだちと二人でオープンしたのはまだたった2ヶ月前。12時ぴったりに来たわたしたちは奥のテーブルへ。美味しそうなものが並ぶショーウィンドウの前で、席に着くまでにすでにペラペラと質問しまくり。
優しく静かな声でどんな質問にも答えてくれます。
163 4
一日オープンしているこちらは、そのイメージからワインバーとわたしは書いたけど、軽食と一緒にお酒を出せる(フランスは飲食店のライセンスがややこしい)というお店。レストランでもビストロでも無く、スペインなんかに行くとあるタパスなどを出すお店にちょっと似てるかな。大きなテーブルに他のお客さんたちと座ってるわたしたちのような人もいれば、カウンターに一人でお兄さんと喋りながらの人。壁際のツールにいる女の子の二人組。
163 5
いくつもある黒板にはメニューが書かれています。
163 7
オリーブオイルやバルサミコ酢、おみやげに買いたくなるようなチューブ入りのマスタードの数々など、彼らが厳選した食材のコーナーもあります。
163 11
散々迷う間にロワールの白ワインのおすすめを一杯。今から学校だけどぉ。
163 9
まずは誘惑に負けて二人でシェアするフォアグラ。こんがりと焼いたパンの美味しさと来たら!
163 8
そして選んだターティヌ(オープンサンドイッチ)は先程のパンにチェリートマトとモツァレラチーズ、バジリックをのせてオーブンで焼いたものの上に、数ある中から選んだ生ハムをのせてもらって。
158 10
フォアグラを二人で分けて、グラスワインを一杯ずつ、ターティヌは一つずつとって、エスプレッソ。
これで一人23ユーロ。
ソルボンヌ大学の近く、クルーニー美術館もすぐそば。このあたりを歩いてちょっとお昼の時間をはずしちゃったときなんかも。そのあたりのツーリスト専門のカフェに入るのは止めて、ぜひこちらへ!
フランス語が出来なくてもきっと大丈夫。この優しいお兄さんならゼッタイににっこり迎えてくれるでしょう。
それからラム酒が好きな方!(わたしも)ラムの話を始めちゃったら止らなくなっちゃうくらい、ちょっと見たことの無いボトルなんかもあったし、そうしたら夜にでも一杯やりにいってみて


ソルボンヌ大学はすぐそばです
163 1



category: グルメ GOURMETS RESTAURANTS

tb: 0   cm: 2

△top

横浜のTHREE NINE 西山さんの美容院 

 

わたしはとっても難しいです。
ん?はい、こと髪型に関して。でも女の子なら、みんなそうよねー
自分のこだわり。
だから5ミリって言ってるのに3センチ切る美容師さんとか、その人にとっての「いいスタイル」に切って満足してしまう美容師さんてのは、どんなに評判の人でもダメ。すぐ止める。
いまでも恨んでる美容師に原宿の◯坂ってのがいるけど(ハイ、呼び捨てです)この人なんてのは自分の話ばかりして、ものを売ることばっかりで、その間「女の命」の髪を切り刻み、わたしと母は一生その恨みを忘れないわー
多分本当はとても上手な方だけに残念。
でも何でも、どんな職業でも、やっぱり人柄よねー

そんなわけで、わたしが今迄に本当に満足の行った美容師さんは数えるほどしかいません。
最初気に入っても、何度か切ってもらっているうちに、だんだん向こうのペースに巻き込まれ、結局は本来のわたしの希望を忘れられてしまう、ってことも多々ある。
そんな中で、数年前までパリで切ってもらっていたオカマの友人のルーベンスは素晴らしかった。彼はもともと超有名サロンでカットで200ユーロも取るくらいの人だったけど、金銭トラブルで辞めてからは(ハハハ)彼のアパートでシャンペンなんか飲みながら切ってもらっていたの。
だいたい髪を濡らさないで、ドライな状態から切ってくれた初めての人。どこは何ミリ、何センチ、って毎回わたしの確認を取ってくれた。で、技術が素晴らしいから、結局そのあとブローもセットもいらない。ブルブルって頭を振っておしまい。そのままお酒を飲み続けたっけ。

その彼がマルセイユに引っ越してしまって大パニック!
で、帰国したときに横浜駅のコンコースを歩いていたら、すごく素敵な髪の女の子が。
はい、女の子。20歳くらいかな。そこで呼び止めて「すごーく髪が素敵なんだけど、どこで切ったの?」と聞いたら、最初はすごく驚いていたけど教えてくれたのが、横浜駅西口にある美容院の「ニシヤマさん」でした。
あとでこの話を西山さんにしたら「え!!知らない女の子、呼び止めたんですか」って驚かれたけれど、わりにアメリカなんかでは良くある話なんですよね。
あ、わたしはやはりガイジン入ってますかね?

その西山さんが、ルーベンスと同じだったんですよ。髪はドライのまま切ってくれる。何ミリ、何センチって静かに聞いてくれる。そして出来上がったスタイルが素晴らしい!
パリで何度人に褒められたか知れないほど。
しかも時には3−6ヶ月もニシヤマさんのところに行かれなくても、スタイルは決まったまま。
ちょっと伸びたところは自分で切っちゃっても大丈夫。(大丈夫じゃないって本当は西山さんは思ってるかもね)

その西山さんが独立して、自分のお店をオープンしました。
早速伺ったお店は横浜駅西口より徒歩5分。
THREE NINE
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000306815/
ハイ、こちらがとてもオシャレな西山さんと彼のお店です。
162 1
初めてのお店から変わる度に追いかけて、とうとうオープンした西山さんのお店にわたしも胸がいっぱいです!
(睫毛エクステBambiの舞ちゃんのように
http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/blog-entry-137.html
わたしは気に入るとどこまでも追いかける!)
西山さんも舞ちゃんもこんなに若いのに、本当にエライ!

西山さんのお店はこんな風。第一印象は、わたしの大好きなニューヨーク!
162 2
伺ったのは開店後間もなかったので、お祝いのお花がたくさんでした。
162 3
わたしがすごくいいなーと思ったのは、シャンプーのコーナー。壁があって個室感。わたしがどこの美容院でも落ち着かなかったのが、他のお客さんの視線を浴びながら(ってホントは見てないのかもしれないけど)されるシャンプー。なんか無防備じゃない?ちょっと上がった足なんか見られてるのって本当にイヤだった。
でもこちらでは仕切りがあるから、安心して身を任せてまどろんでしまいそう。
162 4
こちらでは睫毛エクステやネイルをしてもらうことも可能です。そのための別室が設けられています。
こういうところもニューヨーク風。日本にも髪もネイルも睫毛も一カ所で出来るところがあるといいなあ、と思ってましたが、こちらでは可能です。
162 5
新年が明けたばかりのお店の入口にはこんな可愛らしいアレンジもありました。
162 6

横浜で素敵なサロンをお探しの方、上手なカットをお探しの方、あなたの好みをまず尊重してくれるスタイリストに出会いたい方、ニューヨークにタイムトリップしたい方!
ぜひThree Nineのニシヤマさんに一度会いに行ってみて。
そのときはパリのFedora Bからの紹介って言ってね♫

category: ビューティー BEAUTE

tb: 0   cm: 0

△top

とてもシックなGwon's Dining パリ15区 

 

さて、韓国料理が大好きなわたしですが、今日はとてもシックなGwon's Diningをご紹介しましょう。
パリで「コリアンを食べに行こう」というと女友達との気軽なランチとかディナーが多いので、それこそワイワイという感じで美味しいところならどこでもなのですが、たとえばちょっとお洒落なディナーが良いとき、フランス人の素敵な女ともだちが「コリアン食べてみたいわー」なんて言ったとき、うちの主人と静かに食べたいときなど。
迷わず予約するのはこちらのお店。

161 1
Gwon's Dining Paris
51 Rue Cambronne, 75015 Paris
TEL 01 47 34 53 17 

とてもシックな店内は骨董の家具やオブジェがそこらに置かれています。(ちなみにトイレも素敵だからぜひ行ってね)
161 3
以前お金持ちのコリアンの女ともだちを連れて行ったら、店主とその奥様が話す言葉は韓国では上流社会の言葉だそうで、このご夫婦は本国だったらレストランを経営するタイプでは無いと。アーティストのよう、と言っていました。わたしにはわからないけど、いわゆるパリにたくさんある韓国料理のレストランと明らかに違うのは確か。お店の趣味や、お料理の盛りつけから、食器から、もちろん繊細な味付けまで。
餃子の真ん中には季節のお花?
こういうところも、ね。
161 2
チャプチェ
161 4
イカの炒めもの
161 5
ナムルのセット。お皿の置き方も重要。
161 7
普段はデザートは取らないわたしだけど、今日はフランス人との会食だから、友人はお菓子の盛り合わせを取りました。素敵でいちいちうなってしまう。左上に見えるのは柚子茶。ティーポットも透明で柚子の黄色がキレイですよねー
161 8
こちらはきな粉に黒蜜のアイスクリーム。とっても美味しかった!
161 9

誰を連れて行ってもみんな感動のコリアン。
16区のフランス人のお金持ちマダム、彼女は世界中をご主人と駐在して回った人だけど、とても感動してくれて、それ以来通っているらしい。
少し前までフランス人はあまり韓国料理が好きじゃなかったのよね。でも今ブームが来てる、ってのもあるけれど、こちらの繊細さなら誰を連れて行っても大丈夫。
ご主人もマダムもとても素敵な方たちで、良いひとときが過ごせること、間違いなしです。
夜のみオープン。予約してからお出かけください。

category: グルメ GOURMETS RESTAURANTS

tb: 0   cm: 1

△top

CAって言うより スチュワーデス、ここではHôtesse de l'air! 

 

154 1

さて、わたしは去年の12月31日を持ちまして退職いたしました。
わたしの職業はCAだったんですね。フランスで一番大きい会社の。23歳のとき日本で採用されてパリへ送られて、パリを本拠地に13063時間飛んだんですよ!ピンと来るかな?日本―フランス間600往復したくらいの計算になります。
そう、いまだわたしが馴染めないのがCAという言葉。わたしが入社したころは世間はまだ「スチュワーデス」でした。そしてフランスではHôtesse de l'air オテスドレール。
そうですねー、わたしのキャリアは正にスチュワーデスとはちょっと違う、オテスドレールでした。世界一美しい制服。世界一美しい飛行機。エレガントさ、ネームヴァリューでは最高峰。今も。
(あ、これはわたしじゃなくてモデルさんね)
154 4

日本人としてフランスの会社で働くのは容易なことでは無かったけれど、そのおかげでわたしの世界は広がり、存分に飛び回り、主人にも出会えました。世界各国のお客様とも会えました。本当に素晴らしいキャリアでしたね。
それに好きなオペラやコンサート、世界中に出かけられたのはこのどこにでも飛んでいる会社で働いていたおかげです。

air-france-paris-tokio_convert_20150114171608.jpg

ワーイ!これからも折にふれ書いて行きますが、とりあえず自分の26年のキャリアにカンパイ!

これは一緒にラストフライトをしてくれた大切な後輩2人がくれたプレゼント。クッションにわたしの名前や日付、フライト時間が入ってますよー みんなありがとう

154 5





category: 未分類

tb: 0   cm: 1

△top

オリジナルミラーを作ろう! 

 

わたしは缶ミラーが大好き。
ミュージアムショップやお土産物屋さんで見つけると買っちゃう。
たいてい300−500円で買えるし、それ以上高いと買わないけど。
缶ミラーはちょっと何かお土産とかお返しとかで差し上げるにも楽しいしかさばらないし、わたしの小さなオペラバッグやポーチに入れるにも軽くて薄い。
それにいろいろな楽しい柄は、行った美術館のことを思い出したり。パリオペラ座の素晴らしいのも買ったけど、全部人にあげちゃった。
これらはすべてミュージアムショップから。すべてグリーン系なのは偶然ですが。

160 1
一番左はちょっとどこだったか記憶になし。下はワシントンのフリーア美術館、上はベルリンのペルガモン美術館。

そして少し前にオリジナルの缶ミラーを製作できるサイトがあることを発見!
で、女子会の景品にこんなの作って配ったら、「キャーーー」なんて大騒ぎだったわ!
ちなみに自分のオレンジのゴヤールの写真を撮って、それから作りました。
160 2

あれ??あんた、ついさっきゴヤールには懲りたみたいなこと、言ってなかったっけ??

こちらのサイトが安く早く上手に作ってくれたのでご紹介しまーす。でもゴヤール、真似しないでね。
もしかして違法なのかも知れないしぃ?

FUN CREATE Homepage


category: アート ARTS

tb: 0   cm: 0

△top

GOYARD ゴヤール 大好きだったのに・・・ 

 

以前のブログにゴヤールをカスタマイズした話を書きましたが憶えてますか?
http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/blog-entry-13.html
ともだちと一緒に特別色(高い)オレンジを選んでカスタマイズした幸せなバッグ。

159 1

その後この小さなポーチ、通称「チビちゃん」も旅行先での外貨入れに使うために購入し重宝しています。
159 5

が、このチビちゃんを買いに行ったときに主人が一緒に来て、お店のお姉さんにいろいろ質問したんですね。お店の歴史とか、なんでこんな高いのかとか・・・ね。
でもちろんお店のお姉さんは天狗より鼻を高くしてペラペラとゴヤールの素晴らしさについて演説ぶっこいたわけです。その話し方がすでにちょっとわたしはムカついてたわけです。まるでわたしたちがアホかのように話すわけですよ。ま、質問したのはこっちなんだけどォ。でも犬グッズの時代を知ってるわたしはそこで「でもあの頃は犬グッズが主体でバッグはメジャーでは無かったですよね?」と言ってやると、黙りました。ふん。
そこでカスタマイズしたオレンジバッグについて一言「LOUIS VUITTONのNeverfullのように丈夫そうではありませんね?わたしは重たいものは入れないように気を付けてます」と言ったところ
「あらマダム、だってうちのショッピングバッグは、スーパー出た時にビニール袋の代わりにお持ちいただくものですから。ビニールでは格好悪いでしょ?ですから、それ以上の重さに耐えるようには作ってないわけで。丈夫なバッグをご所望なら、他にいくらでもございます」と別のバッグの説明に。
ううううううう。ビニール袋????
でもカスタマイズ前で800ユーロしたことは、どのように説明してくれる??
しかもビニール袋をカスタマイズしたわたしたち。じゃあカスタマイズするときに言って欲しかった。「これはビニール袋ですから、カスタマイズするのはちょっと勿体無いのでは?」と。
しかも「カスタマイズは強くこすると取れますから、気を付けて下さい」
ルイヴィトンのNeverfull なんて、何年使ってもビクともしないよ!カスタマイズもバッグを製作する前の平らなキャンバスの状態からしてコーティングしてからバッグにするから、ゼッタイに剥げないんだよ!

なんだか?????になってチビちゃんを持って帰ってから1年。(ちなみにチビちゃんは縫製が違うのでとても丈夫です)
一緒にオレンジバッグを作った友人のカスタマイズの部分ではなく、オレンジのキャンバスの一部分が剥げたんです!ハイ、あの模様が!!!
それで買った本店に二人で出かけました。
待たされること10分。「これはお客様が何か、除光液のようなもの、を着けたことによって剥げたと思われます」でも着けてません。「ですので当店では何も出来ません」
「どうして断言出来るんですか?キャンバスにもともと何らかの不良があったとか、コーティングがその部分だけされていなかった、とどうして言い切れるんですか?」
「見ればわかります」
結局言い負かされて「ではどうすれば??」
「剥げたのも魅力の一つ、カスタマイズのようなものとして、このままお持ちになってはいかがですか?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
あのー、日本のゴヤールでもこういう対応なさるんでしょうか。
ただパリで買ったものを、日本のゴヤールへ持ち込むのは気が引けたわけです。
そこで「例えばこの剥げた部分の上に再度カスタマイズの線や図形で隠すことは可能ですか?」
「もちろん」
「その場合のお値段は?」
「メールをしていただければ回答します」
それから1ヶ月、例えば♡マークで隠す場合「475ユーロ」と回答が。
「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

これは悪い冗談ですかね??
それから3ヶ月友人とわたしは考えた末、ラインなら125ユーロと安い(?)ので、ラインにすることに決めて再度来店。ここまでですでに4ヶ月経過ね。
そしたら例のチビちゃんのときの女店員が出て来たわけです。そして「え!なんで剥げたの!すみませんが預からせて頂きます。工場で確認させていただきます。2ヶ月ほどお預かりしますが」
ここでキレたわたし。
「あのですね、わたしたちは8月に来てるわけです。すでに。そのときにその場でわたしたちのせいだと言われて。このまま喜んで持つか、カスタマイズで隠すのも可能ですよ、と言われてその答えが475ユーロ」
そしたらその女が「え?隠す??何で??」
「いやだから、マークとか線で」
「ご冗談を。とんでもない。とりあえず預からせて下さい。いったい誰がそんなことを言ったんですか?」
おたくの店員だよ。バーカ。
「ここまでで去年の8月からすでに4ヶ月無駄にしたってことですよね。そして今日からさらに2ヶ月。半年間バッグを持てないってことですよね」怒るわたし。
「Nous sommes désolée... 申し訳ありません」
バカーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!最初からそう言え!!!!!

間もなく向こうから返事が来るでしょう。今度は主人を連れて出かけます。なんとしてもこの責任を取らせるべく!日本人だけじゃ負けるからね。でもうちの主人も所詮いい人だから、超おっかないフランス人の女友達を連れて行こうかな。キャロル・ブーケみたいな女。
マダムジュジュもこういうの得意そうだけど、彼女は香港。ああ、残念。
それにしても本当に腹立たしい。
もう決してゴヤールは買いません。
可愛いからくやしいけどォ。皆さんも気を付けてね。ここのショッピングバッグはビニール袋だそうですから。
実際ね、ひもの根元が伸び切ってグニャーと縦に伸びたバッグを持ってる人、結構街にいますよ。見てみてください。
ルイヴィトンのNeverfull にしましょう。3年間コテンパンに使ってもビクともしませんから。
雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ・・・ 
この後 雪ニモ夏ノ暑サニモ負ケヌ・・・と続くけど、そうゴヤールは冬の寒さの中ではキャンバスがごわごわに固くなり、夏はフニャフニャになるんだよ。
キーーーーーーーーーー 

しかもバッグの洋服側、体側って言うのかな、うっすらと黒くなってました。洋服かレザージャケットの染料が移ったのね、きっと。しつこいようだが、ルイヴィトンのモノグラムじゃ、こんなこととは無縁だよ!
ただしルイヴィトンのヴェルニやエピは色が移りますからね。ご注意を。

キーーーーーーーーーーーー!!!とにかくムカツク!!!

category: ファッション MODE

tb: 0   cm: 3

△top

パリ1区のレストラン Ebis 

 

さて暮れのギャラリーラファイエットの逆さまツリー、憶えてますか?
あのあとにフランス人の女ともだちに連れて来てもらったのはレストランEbis
フォーブルサントノーレ通りを少し入ったところにあります。
Ebis
19 Rue Saint-Roch, 75001 Paris
TEL 01 42 61 05 90
155 1
ふふふ。壁にオマールエビ!
店内の壁に今日のおすすめ他メニューの案内、ここにもオマールエビ!
155 8
そして付出しは完璧な茶碗蒸し。え?なぜ完璧な、と付けるかと言うと、ほら海外の和食では「なんちゃって」みたいのがわりとあるじゃないですか。でもこちらは完璧。それもそのはず、シェフは中国の方そして奥様は日本人です。
155 2
前菜にはマテ貝の蒸し物をいただきます。ニンニクがきいて最高。
155 5
そしてここの名物、オマール海老の料理をメインに注文すると、まずはこうして生きてる姿を見せてもらえます。
155 3
わたしたちは塩胡椒炒めを選びました。このままでも十分美味しいけど、ちょっとグリーンサルサみたいな香味野菜のソースに付けていただくとまた最高!
155 6
甲殻類が大好きなケンちゃんが「キャー」とか言う姿が思い浮かぶわー
付け合わせは空芯菜のニンニク炒めと茄子の辛み炒め。
155 7
とても美味しく居心地の良さに閉店まで長居したわたしたちは、こちらの愛犬ナノちゃんに会うことも出来ましたよ。
155 9

お買い物の後に寄るにも便利な場所。わざわざ出かけても最高のレストラン。でも要予約。今晩も満席でした。
和食と中華のすばらしいマリアージュ。
ケンちゃん、今度一緒に行こうね!

category: グルメ GOURMETS RESTAURANTS

tb: 0   cm: 2

△top