Welcome to my blog

PARIS パリ FEDORA より

ARCHIVE PAGE: 2015年01月

Viva Gustavo! パリ フィルで聴く!

以前にもご紹介した若きマエストロ、Gustavo Dudamelhttp://aparisavecfedora.blog.fc2.com/blog-entry-61.htmlあれから一年後、オープンしたてのPhilharmonie de Paris パリフィルに彼が同じオーケストラを率いてやって来ました。そのプログラムの素晴らしさと来たら。同じ顔ぶれで出かけました。24日(土)はベートーベン5番とワーグナーのリングからの抜粋25日(日)はお国のヴェネズエラの作曲家Julien Orbonのシンフォ...

コンサートとオペラ お出かけドレス2種

いつものサンゴのトイレで撮る今日はコンサートへの装い!前にもご紹介したこのブラックのSinequanoneのニットドレスはパリのコンサートにはとても重宝。でもバッグはこんな面白バッグを合わせましたよ。カプリ島から来た子供用のバッグです。中にはケータイと口紅しか入らないから、パートナーと出かけるとき専用ですが。ただしバッグのせいで、いろいろ人に話しかけられたりややこしいから、そういうのが面倒な日は止めます!寒...

Paris Philharmonique とうとう完(?)成!

さていろいろ物議を醸し出したParis Philharmoniqueのこけら落としは1月14日でした。http://www.philharmoniedeparis.fr/en/完成迄の予算から5倍に膨れ上がっただの、場所がパリ市内北東のあまりシックとは言えないところだの、そんなにたくさんの席をクラシック音楽が埋められるのか、など・・・わたし自身も大好きだったサルプレイエルからこちらにクラシックが全て移動すると知って文句を言っていた一人だけど。現パリ市長...

ZSISKA お気に入りのジュエリー

数年前に横浜そごうに臨時出店していたところで出会ったのはZsiskaというデンマークのデザイナーが作ったジュエリー。樹脂で出来たこんな美しい作品にまず目を奪われ、立ち止まって見入りました。その中でも気に入ったのはこちらのシンプルな丸い軽い形。キャンディーのような色から、24金を中に入れた金色のものまで。すっかり目を奪われ、また値段も高く無かったことから、ゴールドとシルバーを求めました。それ以来これをして...

今日もバッハ!

さて、先日のバッハチェロ組曲のビデオをYoutubeで探したついでに見つけた、今度はバッハのピアノ。そう、バッハはピアノもとってもいいのよねー♫ うっとり。https://www.youtube.com/watch?v=drHrf3qbpQYいかがですか?バッハにこういうイメージを持っていらっしゃったでしょうか?さて、このピアノはパリの有名なアンティークピアノを専門に扱う店Piano Neboutから来たわたしのスタインウェイ、1908年のもの。この店主のお...

今日の一曲 わたしとチェロとバッハ チェロ組曲

わたしは10年前からチェロを習っていますが、一人目の先生、チェロを買いに行くところから始まったエリカはその4年後26歳の若さでオートバイの事故で亡くなりました。あのときチェロを止めなかったのは、わたしの歌の先生がオーガナイズしてくれた3人の子供たちとのカルテットを準備していたから。ご両親とも知り合い友人のようになっていたエリカが亡くなって辛くてチェロに触れなくなったわたしのその夏の約束した仕事が、...