PARIS パリ FEDORA より

元フランス航空会社CA  パリからの便り  パリ フランスの生活 オペラ 旅行 ファッション レストラン ショッピング・・・わたしの好きなこと!

Torchon 

 

Torchon フランス語を訳すと「ふきん」のこと。
こちらのふきんは日本のものよりずっと大きくて単純な素材重視のものからデザインに凝ったコレクション的なものまで多々あります。わたしはこのTorchonを見るのが大好きです。フランスの地方に行った時などは、その場所の特産物や風景がデザインされたものなども売っていて、お土産にも思い出にもつい求めたくなります。プロバンスだとラベンダーの花の柄のものや、美しい風景のもの。イタリアにもこの大きさのものが多くあり、南イタリアなどではトマトやオリーブ、レモン柄のものなど美しいものがたくさん。買って帰って見るたびに、太陽や風の香りやトマトの味、レモンの木々まで思い出すような感じです。
日本の小さなものだとお皿をふき始めるとすぐに濡れてしまいますが、こちらの大きなものはなかなか濡れませんのでそういう意味でも便利です。何度も洗ってやわらかくなったキメの細かな白のコットンなどはワイングラスを拭くのに使いますが、美しい柄のものは大きなお盆に敷いてその上にいろいろ載せて庭のテーブルに運んだり、食前酒のときの小さなテーブルクロスとして使ったり、ティータイムにサロンのテーブルに敷いたり、キッチンの朝食用のテーブルに敷いたりして、わたしは楽しんでいます。
ふきんですからお値段もそんなに高いものはありません。シンプルなものは何枚5ユーロとか、柄のものも10−20ユーロくらいで求められます。
そのふきんをたくさん置いているこちらのお店はわたしのお気に入りです。
Torchon.jpg
La Maison Ivre
38 rue Jacob 75006 Paris
http://www.maison-ivre.com/index.php
よく友人とお茶に行くボナパルト通りのラデュレのすぐそばにあるので、いつも外から立ち止まって覗きます。小さな陶器や南仏のオーブン皿やサラダボールなど、珍しいものも所狭しと置いてあります。
Torchon 7
昨日はとてもかわいらしいものをショーウィンドウに見つけましたので、扉を押して。
小さなカゴと共に2点を求めました。自宅用だと言ったらこんな風にマダムが持ち帰らせてくれるのも可愛いでしょう?
Torchon 2
左側は麻100%、のりがついて固くてしっかりしているからいつか柔らかくなる日までは、テーブルクロスとして使いましょう。右のものは有名なメーカー Beauvillé のもの。このメーカーはテーブルクロスやランチョンマットなどたいへん美しいものを出していて、デパートにもお店が出ているのでご存知の方もいらっしゃるかも知れませんね。日本にも入荷されているかも知れません。とても高いけどTorchonなら安く買えて小さく楽しめますよ。
http://www.beauville.com/
Torchon 3
広げるとこんな感じ。大きさはだいたい70−80cm X 40cm くらいかな。
Torchon 4

Torchon 5

うちのキッチンの朝食のテーブルにも、ずいぶん前に同じお店で買ったTorchon が敷かれています。こちらはお城の庭の楽しい絵柄。
キッチンは薄いオリーブグリーンの壁なので、Torchon もグリーンを含むものが多いですね。
Torchon 6

パリにいらしたら是非ラデュレのマカロンのついでにお店を覗いて見て下さい。
自分の思い出にもお土産にも、いかがですか?スーツケースの中でも場所を取らない、とってもおしゃれなお買い物です。

category: パリ PARIS

tb: 0   cm: 0

△top

動物もの 

 

前回のブログで「動物ものにも弱い」と書いたわたしですが、確かにやはり気になって買ってしまったり写真に撮ったり(盗ったり)してしまう傾向がありますね。まあこれらはその傾向の笑っちゃう写真たちです。
Animal 7
(ベルリンのクマ)
Animal 8
(エジプトのおみやげやさんで見つけた焼物、5cmくらいの大きさ。ネコ?)
Animal 5
(エールフランスの赤ちゃんキットの中にいたネコ)
Animal 9
(京都の伏見稲荷の陶器のキツネ。とても小さいもの)
Animal 6
(イギリスの田舎のパブからぶんどって来たコースター)
Animal 4
(動物もの?って言うのかな?ラデュレの期間限定だったキティちゃん)
Animal 12
(この犬のバッグ!カプリ島で買った直後に道で本物と出会ったのが可笑しかった!本物はコーフン状態に!)
Panda bag 2
(そしてご存知、パンダバッグね)

まあこれらはおふざけのような感じですが、先週のわたしの誕生日に香港のマダムジュジュが送ってくれたプレゼントは嬉しかった!
Animal 10
Animal 11
つまりわたしへのプレゼントに遣うお金を彼女はWWFへ寄付し、一頭のトラの赤ちゃんをわたしが養子にした(助けた)ということなのです。わたしもずっと前からWWFへの寄付を続けています。
これはとびっきりに嬉しいプレゼントでした!

WWF について

logo-wwf.gif
このパンダのロゴはわたしの車にもスーツケースにも貼ってあるんですよ。今世界から動物がどんどん消えて行っています。近代化のせいで、社会のせいで、人間のせいで。動物がいなくなった日、人間もいなくなるであろうことを、わたしたちは知る必要があると思います。そう、わたしが好きなのは動物グッズだけではありません。動物も大好き、そして大きな危機感を抱いて生きているのです。

(えっ・・・毛皮??そう、毛皮も好きなんだけどぉ。だからみんなわたしの話を真剣には聞いてくれないのよね)

category: 環境 ENVIRONMENT

tb: 0   cm: 2

△top

ORTIGIA シシリアの香り 

 

少し前に去年の夏の終わりにシシリアを訪れたことを書きました。
そのとき宿泊したタオルミーナのホテル The Ashbee Taormina は夢のように素晴らしいホテルでした。
The Ashbee Taormina
こちらのホテルのアメニティーだったのがシシリアブランドのORTIGIA。
Animal 3
ボトルのデザインにまず目を奪われ、そのあとはその自然な香りに驚きました。そして数日後にシラクーサの街を歩いていて本店を見つけました。
img_8641.jpg
そこでデザインの素晴らしさにますます感動。
ortigia 2

Animal 2
見て下さい、このデザイン!もともと海のものだけでなく、植物や動物ものにも弱いわたしですが、このおしゃれさには溜息。こちらはキャンドルですが、それぞれ香りと色の違うキャンドルが存在します。
そしてその香りはすべてシシリア島に育つ植物やハーブから取った自然のもの。
飛行機の荷物の重量制限が無ければ、きっともっと買ってしまってましたね。
Animal 1
イタリアはシラクーサの他にも、ローマ、ミラノ、フィレンツェにお店が。またロンドンやベルリンにもあるようです。もしこれらの都市に訪れる機会がありましたら、ぜひお出かけ下さい。香りとデザインと色と、そのいろいろに魅了されること、間違い無しです!
http://www.ortigiasicilia.com/

ortigia.jpg
Ortigia とはこの美しい街シラクーサの突端にある半島の部分の名前なんですね。ユネスコの世界遺産です。
それではもう一度聴きましょうか。大好きなアンリ サルバドールのこの一曲。今度は彼の若いときの録音、ギターのみで。
https://www.youtube.com/watch?v=tbY9ZJXdH1w
一度でもこの街を歩いたことがあると、このギターの旋律も彼の声も、このブランドの香りも、思い出の光景もすっかり自分の心の中に走馬灯のように・・・

category: 旅行 VOYAGE

tb: 0   cm: 0

△top

今日の一曲 バスバリトンのBryn Turfel 

 

音楽生活はつづく。みなさん、今日は25分ください。
先週末サルプレイエルにバスバリトンのBryn Turfelさんのリサイタルを聴きに出かけました。
PD32029780_Terfel__1514579c.jpg
彼はオペラファンなら知らない人はいないほど有名な歌手で、幅広いレパートリーをこなします。その中でもワーグナーのリングのヴォータンを歌わせたら現在ナンバー1だと思うのはわたしだけでしょうか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ニーベルングの指環
リングは4部作で15時間にもわたる壮大なオペラなので、これをご覧下さいとは言いませんが、2作目のワルキューレの中にはどちらかで耳にされたことのあるフレーズがあるでしょう。この最後のヴォータンの美しいアリアをご紹介します。アリアと言っても18分かかりますからね。頑張って!
今回のリサイタルも最後はこれでした。わたしはこのアリアのところでいつも感無量になるのですが、今日ご紹介するのは先日亡くなったマエストロClaudio Abbado指揮の Lucerne Festival Gala からの映像です。鳥が舞うかのごとく美しいマエストロの指揮と共に、この音楽の美しさをご堪能ください。
http://www.youtube.com/watch?v=g3ypLM47ixk

これがリサイタルの最後だともうアンコールは無しでしょう、と普通は思いますよね。マーラーの9番のあとにアンコールが無いのと同じ感じ。こんな壮大なものを生きたあとでは、どんな曲ももういらない、という感覚。
がしかし、このウェールズの彼はこちらを歌いました。「会場に犬はいませんね?」と確認したあとで。ん??
上のヴォータンで「今日の一曲」は終わりにしたかったけど、これが彼の性格。リサイタルの間にも今夜のラグビーの結果を気にしていたり。ちなみにウェールズは今期とても弱い。みなさんの足元にも犬はいませんね??いたら大変なことになるから、ご用心!
http://www.youtube.com/watch?v=BKmNeOi5rlM

6a00d834ff890853ef011168895f98970c-300wi.jpg

category: 今日の一曲 MUSIQUE DU JOUR

tb: 0   cm: 0

△top

わたしが好きなセレブの顔 

 

わたしはセレブリティーの写真を見るのが大好き。なぜかと言われても??とにかく大好きです。
美しいと思う人はたくさんいますが、その中で特にわたしが好きな顔には共通点があるようです。
まずはスペイン人ジャーナリスト。その美貌で今では雑誌の表紙を飾ったり写真集を出したりすっかりセレブになっています。
Sara Carbonero
Sara Carbonero

Miss Tahiti 2013 (準Miss France 2013) タヒチにはいろいろな血の混ざった美女が多いのですが、コンテストでの彼女の美しさも衝撃でした。
<Miss Tahiti 2013

フランス カナルプリュスで人気急上昇のジャーナリスト。彼女は写真よりも映像の方がそのハッピーオーラと共に美しいのですが。
Ophilie Meunier
Celeb 1 Ophilie Meunier

アメリカ人女優。演技よりも美貌で有名な息をのむほどの美しさ!
Megan Fox
Celeb 4 Megan-Fox

このあたりで共通項に気付いて下さいましたか?

ロシア人モデル。
Irena Shayk
irinas shayk

インドの女優、もとミス・ワールド。
Aishwarya Rai
Celeb 8 aishwarya-rai

そしてたぶん子供の時に一番最初に息をのみ、わたしの「美しさ」の基準のようになってしまったのはこの顔の影響。映画「風と共に去りぬ」のVivien Leigh。
Vivien Leigh

つまりわたしがとってもキレイだと思うのは意外な組み合わせ。濃い髪の色に薄い目の色。それはブルーだったり緑だったりグレーだったり。金髪にブルーの目は当たり前、濃い髪にブラウンの目も。
でも彼女達のハッと驚くような美しさはこの意外性にあるのではないでしょうか。少なくともわたしはこういう人がいると、それがたとえ絶世の美女でなくても、子供でも、男性でも、見とれてしまいます。

Girl.jpg

そしてもちろん人間だけではなく!
シベリアンハスキー犬
Celeb 3 Siberian-Husky-dog

この意外性!犬なのにブルーの目。神様はこういう姿を造られたとき、きっと超ご機嫌がうるわしくいらしたのでしょう!

category: セレブ CELEBRITIES

tb: 0   cm: 0

△top

チェロの先生 パリオペラ座 ヘンデルのAlcina デビュー! 

 

Alcina 1
嵐の合間の青空、昨夜わたしはパリオペラ座ガルニエのヘンデルのオペラ Alcina に出かけました。
オペラ前に友人とまずペラペラ。彼女はバロックのエキスパートなので学ぶところたくさん。
パリオペラ座に一昨年オープンしたクールなレストラン。
L'Opéra Restaurant
Alcina 2
Alcina 3
今日わたしが超コーフン状態にあるのは、わたしのチェロの先生がChristophe Rousset 指揮のOrchestre Talens Lyriquesの一員としてデビューするからです。
この美しいヘンデルのオペラ Alcina はバロックのオーケストラで演奏されます。数々のアリアはどれも美しく有名なものがいくつも含まれていて飽くことがありません。ちょっとだけさわりをこちらでお聴きいただきましょうか。
http://www.youtube.com/watch?v=qnkNMQuqCfA&list=PL24C3F2C6A797A613
ガルニエのオペラ座に入ってこの階段を昇って行くときのこのこの気持ちの高揚感。毎回心ときめく瞬間ですが、今日は感激もひとしおです。
Alcina 4
Alcina 5
Alcina 6
バロックオペラをこの場所で生きられる幸せ。そして平土間席に到着した瞬間のコーフンは100%!
Alcina 8
Alcina 9
オーケストラピットに先生の姿を見つけてちょっと涙ぐむわたしです。28歳の美しいオリビア。わたしごときにレッスンしているレベルの女性ではないと信じて来ましたが、ちょっと夢が叶った瞬間といいましょうか。
Alcina 7

昨夜の1シーンをYou Tube に見つけましたのでご紹介。Sandrine Piauはバロックオペラ界では有名なフランス人のソプラノです!
http://www.youtube.com/watch?v=O-aY5kpaIas

興奮冷めやらぬまま、幕間でいただくシャンペンはこちらの広間にて。音楽で胸がいっぱいなときわたしが無口になるのは前にも書きましたが、もはや誰も言葉はいりませんね。
Alcina 10

先生はチェロの最後列にいる新入生ですので、最後まで待って小さなバラの花束を渡して、この素晴らしい一夜は終りました。先生は「今最高に幸せ!」と。わたしも!
今日ももちろん先輩にいただいたシャネルの時計!オペラに行くときはいつも一緒!この感動も!
Alcina 11


category: オペラ OPERA

tb: 0   cm: 0

△top

海のもの ふたたび! 

 

デヴィッド・ボウイですっかり竜宮城から地上へ戻ったわたしでしたが、モーリシャスから持ち帰った貝たちをキレイにし終わったところで、テーブル関係でのわたしのコレクションをちょっとご紹介します。
まずは今回の貝たち。これは布巾なので乾かすのに使っただけですが、こうして並べるとカワイイですねー!
Coral table 1
それでは焼物のコレクション!これはちょっと高かったけど、リモージュ陶器のRAYNAUDのコレクション。水色のキャンドルスタンドも持っていてトイレにあります。憶えてるぅ?
Coral table 2
スペインのカダケシュという小さな港町で出会ったとても安いお皿たち。サルバドール・ダリが愛したフランス国境からすぐの小さな美しい町です。その思い出と一緒に大切に大切に。
Coral table 16
南仏から。大きい方は35cmくらいあります。天ぷらなんかを入れたり。
Coral table 13
こちらはメキシコ。炒め物なんか入れるのにぴったり。大事に抱えて持ち帰りました。
Coral table 12
これはタイのバンコクから。食前酒のナッツやオリーブを入れるのに便利。
Coral table 19
あともう一つ焼物と言えば、暖炉の奥においてあるこの子たち、ふふふ。どこで手に入れたのかまったく記憶になし。引っ越すたびにずっと持ち歩いてる。レンガのような石?で出来ていて、ちゃんとお腹とかも丸くて本物っぽいんですよー
Coral table 15

今度はオブジェ。15年程も前に大阪難波の高島屋で出会った亀の灰皿。わたしはタバコを吸わないけれど、お客様用。南部鉄で出来てるかわいらしくて大のお気に入りです。
Coral table 10
わたしの海好きを知る友人がくれたオリーブなんか刺す爪楊枝?もったいなくて使えない。だってうちに来るフランス人のオヤジが喋りながらこれで歯の間をシーシーやったら悲しいじゃないですか!(たまにいるんだもん。そういう人)
Coral table 14
ずっと前マダムジュジュがカナダに住んでいたころ(マダムジュジュを知らない人は過去の香港ブログを見てね)彼女をたずねたときに持ち帰った木で出来たお魚。これも何度もの引越のたびにずっと持って歩いてる。
Coral table 11
ALESSIのコーラルシリーズは見た瞬間に欲しくなったもの。貝の楊枝を入れたり、庭のくるみを入れたり。
Coral table 6
こちらもバンコクから、フルーツバスケット。
Coral table 9

それからファブリック。このテーブルクロスはカプリ島から。ベージュなのがすてき。
Coral table 4
こちらはシシリアのタオルミーナのおみやげ屋さんにあった布巾。
Coral table 7
パリのFragonard(もともとは香水のお店)は趣味が良く可愛らしいものが山積みで、こちらは夏には必ずコーラル関係のものが出ます。ルーブル美術館の横のモールにもあって、おみやげを買うにも最高ですよ。これはランチョンマットのセット。お揃いのサラダ用のサービスのセットも。
Coral table 5
Coral table 20
そしてフランスの生活にはかかせない食前酒に使う紙ナプキンもこの手を見ると必ず購入。
Coral table 8

とこの調子です。みなさんもお気に入りのものがあるとつい買ってしまうくせ、お持ちではありませんか??


category: アート ARTS

tb: 0   cm: 0

△top

今日の一曲 Dancing in the Street ! 

 

もうこのルイ・ヴィトンのCMをご覧になりましたか?
Bowie.jpg
すっごく素敵だから、さあ息を止めて観て!
http://www.youtube.com/watch?v=WRPnpy3gzQE

わたしがデヴィッド・ボウイを大好きなのは、以前に紹介したビデオでもご存知かと思いますが、このCMに出たのには本当に驚きました!また映像があまりにも美しく切なく、彼にぴったりで。これをプロデュースした方、わかってますねー。こういうの見ると感動して涙ぐんじゃうんですよ。そして67歳になったばかりのボウイ、かっこいいーーー!
彼については説明をする必要も無いと思いますが、わたしは大学生のころからのファンで、来日公演にも何度か出かけました。
あのころはボウイが奇抜からちょっとポップス系に変わったころで、本物のボウイファンは「彼は終った」と言った時代。わたしはそこから入って遡って行って、どこにも天才の色を感じて「何をやらせても本当にスゴイ」と思いましたが、たとえばこの間ご紹介したビング・クロスビーとのビデオや、今日ご紹介するこのビデオでも、その声も姿も雰囲気も、まったく違うシチュエーションなのにその度に最高と思うのです。しかも2大スターの共演、初めて見たときは全身鳥肌でした。
そしてこのビデオからもう30年程の時が流れても、まったく古くさく感じない、どころか一緒に踊りたくなってしまうではありませんか!
このボウイのスタイル一式いただいて着こなしたいと、真剣に思うわたしです。夏のオペラの定番、金のルブタンのサンダルを合わせて!手にはヴィトンのりんごバッグにしようかな。どう???

ヴィトンの映像より30年前、大大大好きなこの一曲!
Dancing in The Street by David Bowie & Mick Jagger

category: 今日の一曲 MUSIQUE DU JOUR

tb: 0   cm: 0

△top

モーリシャスより 今日は最後の日 

 

おはようございます。今日も優しい一日、でも最後の日。パリへの飛行機は夜出発です。
Maurice 26
このリゾートの細い男の子のネコちゃん。すっかり仲良くなって今朝はわたしの椅子に。わたしの朝食はインドベジタリアンだから、何も分けてもらえるわけでもないのにゴロゴロゴロ。
Maurice 23
優しいモーリシャスのホテルの人たちに追い払われることもなく、悠々としていますねー
Maurice 24

ビーチでお昼過ぎにMojito、わたしはこういう土地ではこそのスイカ入り、主人も生のパッションフルーツ入りを頼みます。
去年から2年越しの平家物語。今年こそは終らせたいのでござったが・・・
Maurice 7
他の面白い本に浮気しながらだからなかなか進まず。
Maurice 10
この素晴らしい本とランチの矛盾のあとは運動と称していつもの貝拾い。今日はこんな大きな収穫が!でもあまりに大きくて(10cmくらいある)最初はまだ中に何かニョロニョロしたものが居るんじゃないかと怖くて触れず、主人に確認してもらってようやく手に。
Maurice 6
午後の時間にはいつも通りソルベがビーチで供されます。
Maurice 8

今年もゆっくり過させてもらいました。
「静けさ」というのがぴったりのこのリゾート。優しいスタッフの人たち。
パリを出るときの肩凝りも寝不足もイライラも無くなって、今夜飛行機に乗ります。現実へと真冬へと帰って行く旅。
そう、ここは正に束の間の竜宮城でした。
よーしまた頑張ろう!

Bateau.jpg

category: 旅行 VOYAGE

tb: 0   cm: 0

△top