PARIS パリ FEDORA より

元フランス航空会社CA  パリからの便り  パリ フランスの生活 オペラ 旅行 ファッション レストラン ショッピング・・・わたしの好きなこと!

L'Archeste 日本人シェフのフレンチ 

 

わたしの素敵なともだちの16区のマダムと出かけたのは、日本人シェフのフレンチレストラン。
まだオープンして半年あまりなのに、とても話題の一件。早々にミシュランの一つ星が付きました。
Archeste homepage
l'Archeste
79 rue de la Tour
75116 Paris
Tel 0140716968
Metro La Muette から歩いて5分ほどの小さな通りにあるモダンな店構えです。
Image 14
テーブルの数は少なく、静かな空間。隣のテーブルも離れているから、落ち着いた時を過ごせそう。
インテリアの木の使い方が「和」「調和」を感じさせます。
335 1
夜のコースは7品、おまかせで98ユーロ。
アミューズから。
Image 16
使い心地のとても良いバターナイフは、日本のアーティスト上妻利弘さんの作品。その名も「おたまじゃくし」
熊本県伝統工芸館 ホームページ
バターの付いた刃の部分がテーブルクロスに付かない設計!同じ物が欲しくなりました。
Image 19
バター皿もパン皿も同じ方の作品です。
だんだん暮れて来たパリの空が窓から美しい時間になりました。
Image 17
春の一皿目は帆立。絵のように美しい一皿ですね🌸
繊細な味は素材の良さを生かして、とろけるように美味しい帆立を楽しみました。
Image 18
二皿目は旬のホワイトアスパラとリドヴォー。子牛の胸腺はフランス人にも苦手な人が少なくありませんが、こちらのはとても美味しかった。(わたしは苦手なのですが、最初にアレルギー及び苦手なものを尋ねられたときに、リドヴォーを思い付かなかったのはわたしのミスです・・・)
Image 20
この後の三皿目のリゾットは、中に牡蠣が入っていて、上にはフォアグラのソテー。
一つ一つは美味しいのですが、この3つの相性に関してはちょっと「?」だったのが、友人とわたしの感想。
かつここでごはんものが入ったことで、このあとのお魚料理とお肉料理に響くことに。殿方は問題ないと思うけれど。
Image 22
と言うわけで、この後はハーフポーションでお願いすることになりました。
四皿目はお魚のお料理。なんのお魚だったか・・・🐟・・・ごめんなさい。見た目も味も申し分無し。
Image 23
五皿目の子牛のステーキは供される前に見せてくれました!わーーーーーーー🎵

そのクオリティも焼き具合も完璧!
Image 1
そして六皿目と七皿目がデザート。
柚子のソルベの方は写真を撮るのを忘れましたが、お料理のすぐ後のこちらは、お肉の口直しと言うか、そのタイミングも完璧でした。
そして旬のイチゴのガリゲットと野いちごのデザートも素晴らしかった🍓
Image 2

というわけで七品目のおまかせメニュー。
特別な日のディナーにとってもおすすめです。かつ静かな空間、肩の凝らない雰囲気。
静かに美味しいワインと極上の素材のお料理を楽しむひとときです。

一つ二つコメントをするとすれば、わたしたちがお魚とお肉をハーフポーションにしなければならなくなったように(残すのは申し訳ないから)七品目のメニューは女性にはちょっと重いかもしれません。
京料理のように、軽い素材で少しずつ出て来るのとは違い、やはりそこはフレンチ。特にフォアグラやリドヴォー
子牛のステーキといったメニューが含まれるので、全体的にヘビーな印象は避けられません。
わたしの周りには七品と聞いただけで、無理だから止めると言う人は結構います。
五品目のメニューもあると、行こうかなと思う人は多いと思うのです。
と、わたしのブログを読んで頂けるとは思わないけど、ちょっとお願いしたくなりました!

それでもフランス人のともだちの前で、とても鼻の高かったわたしです。
パリでこんなに素晴らしいお料理を作ることが出来て、それが評価されているシェフ。
サービスして下さる日本人の若い女性もとても控え目で可愛らしくて、でもユーモアがあって、もともと日本ファンのわたしのともだちは、ますます日本の贔屓になりましたよ!!
そう、こちらはお腹いっぱいにフレンチを楽しみたい、という方におすすめです。
女性だったら、ランチの三品、五品コースが良いのでしょうね。
でも、わたしはやっぱり極上のフレンチは夜に楽しみたい派です。春から夏に日が長くなっていくこの季節のディナータイムは特別なひとときだし!












category: グルメ GOURMETS RESTAURANTS

tb: 0   cm: 0

△top

PICNIC はパリ10区の韓国お弁当ランチ 

 

先日気功に行った帰りにランチに立ち寄ったのは
316 3
外から見えた可愛らしい店内に目が惹かれました。
ビビンバ弁当が10ユーロ
316 5
ビーフ、チキン、ボーク、魚から選べて、日替わりの五穀米や玄米や、そしてナムル。全部マダム手作りで美味しい!
316 2
ハイ、この通り!
男性でもお腹いっぱいになるボリューム。これにお茶やデザートがセット出来ます。
316 1
可愛らしい店内には座席もあって、フランス人女性の友だちと三人、角のクッションたくさんのコージーな席で美味しくいただきました😍
316 4

通りからは大きなガラス窓で明るい感じ。ぜひお試しを!
もちろんテイクアウト出来ます。
三角巾をしたマダムは、やっぱり暖かい。日本のお弁当やさんみたい。
外国に住んでアジア人のニコニコ頑張ってる女性に会うと、いつも嬉しいわたしです!

Picnic
28 rue de l'Echiquier
75010 Paris
316 6





category: グルメ GOURMETS RESTAURANTS

tb: 0   cm: 0

△top

久々の Hotel Ritz レストラン‟Espadon”🐟 

 

3年来リニューアルのために閉鎖していたホテルリッツ。
とうとう2016年春にその扉を開けました!
Hotel Ritz homepage
毎回心躍るヴァンドーム広場の玄関
307 19
入ってロビーの右にあるこの階段も以前のままです。
307 2
今回のリニューアルは元の姿をほとんどそのままに、リニューアルというより、ブラッシュアップ?したんですね。
だから違和感やショックは無し。昔からのお得意さんや、世界から来る人々のリッツのイメージを裏切らないのが何よりの目的だったそうです。
正面のレストラン Espadonに向うこの回廊も、ん?何が変わったんだろう?わからない。
古い照明などもそのまま。でも全てがキレイになってる。
307 3
右横に素晴らしい生け花がいつもあったホールが、ビブリオテックのサロンになったことがNEW!
午後にはアフタヌーンティーがいただけるそうです。夜はこんな風にドラマチック!
307 20
リッツに来たい人たちはみなそれぞれ理由があるだろうけれど、わたしもここが斬新なモダンなホテルになってしまうのを心配していました。リッツはちょっと古めかしくても、それがいい。
現代建築の斬新なホテルも好きだけど、リッツにはそうなって欲しく無かったんです。

そしてレストラン Espadon
他のお客様の手前、あまり写真を撮る雰囲気ではないので、他サイトからお借りします。
307 5
そしてこちらも、わーーーー 以前と同じ雰囲気です!
変わったことと言えば鏡が増えた?ような気がします。
307 4
そして工事中他のホテルに移って行った従業員が多い中、一人知った顔に!向こうもわたしたちを憶えていて「わーーー!」この再会にはジーンと来ました。
この方は是非ヴェランダを、と中庭に工夫が凝らされたヴェランダが出来たのを案内して下さいました。
そうなの!夏はこのテラスでのお食事が素晴らしい!
307 21
でもわたしは昔のテラスの方が好きだったかも。お天気の日にしか利用出来なかったけど。
307 22

わたしたちは毎年結婚記念日にここにディナーに来るという習慣が出来たんですね。
それはパリでの結婚式の直前に、日本から来た両親をここに招いたことが発端。
わたしの最初のEspadonは、その少し前に、中学生の交換留学の時からのアメリカ人の友人がパリに遊びに来たとき
「パリでしたいことは何?」と尋ねたら、その返事はエッフェル塔でもルーブル美術館でもなく「ダイアナ妃が亡くなる直前に食事をしたリッツのエスパドンにディナーに行きたい」と。😱
ホント、みんなそれぞれ理由があるんですよねー
というわけで今晩のアペリティフは大好きなシャンパーニュのDeutz
このメゾンのキュヴェスペシャル、その名もAmourは初めてです。
307 6
シェフはMichel Roth から他で2つ星を取ってるNicolas Saleに変わりました。
このあたりちょっとモダンになった感じです。
メニューの内容も、もしかしたらクラシックなお客様からは賛否両論かもね?
307 7
アミューズはこちら・・・って、とても美味しかったことだけは憶えてるんだけど、何だったかは忘れちゃった😅
307 9
この先は写真で想像してね。
307 10
307 11
307 12
307 14
もちろんお料理はとても美味しかったです。でもわたしたちが毎年一度来たくなるのは、ここのサービス、ここの特別さ。
いろいろな星付きレストランを経験したけれど、一番サービスが素晴らしいのはEspadon。
全てが完璧でありながら、なにかリラックスしている。セレブやVIPから、わたしたちのような普通のおのぼりさんにも
その態度は変わらない。それどころか何かわたしがとても大事な人のように感じさせてくれる。ナチュラルに。
こういう態度は他では見たことがありません。
もっともリッツが3年前に閉まった後、シャングリラのL'Abeilleに行ったら
Shangri-La Paris L'Abeille
リッツから移って来たMaître d'hôtel を始めウェイターの方たちが何人も居て、まるでリッツのような歓迎でその素晴らしかったこと。
ただしこの晩は隣のテーブルの客に恵まれず、香水の強い匂いで途中から全くお料理の味がわからなくなりました……
その点リッツはテーブルとテーブルの間が広く取ってあるので、隣の人も気にならない。
そこがやはり一流ですよね~💝 どんなに他の五つ星が頑張ってもリッツには総合点でかなわない!

リニューアル後に新しくなったのはこの素晴らしいお庭。夜だったけど、とても素敵で一周しました。
307 15
もう閉まってたけど、このブティックも覗きたいところ。テディベアがお好きな方は是非どうぞ。
307 17
Espadonを出るときにはこちらのジャムをお土産にいただきました。明日の朝いただきながら、今夜のことを主人と話しましょう。
307 18

リッツ。やっぱりここは特別の場所。パリのど真ん中で、どんなパラスよりもオシャレして出かけたい、そしてどんなパラスよりもその回転扉を押す時緊張するとっておきの場所ですねー
パリのシャングリラもペニンシュラもムーリスも、プラザアテネだって気軽に女友達とお茶しに行ける。でもリッツは違う、特別の場所。特別の思い出が出来る場所。
そして女同士で行くよりは、愛する人(それは夫であったり、恋人であったり、両親であったり)と忘れない思い出を作りに行く場所。
そしてこの晩、Espadonには何人かの日本人がいました。
そのどのテーブルも、みんなエレガントな装いに、静かなディナーのひととき。背筋を伸ばして、マナーも洗練されている。わたしはとても嬉しくなりました。
こんなに中国人がお金持ちになっても、パリのどこの高級ブランドブティックも中国人に占領されても、リッツに来ているのは日本人だけ。
みんな男性はハンサムだし女性は美しい。少しお辞儀したりしてテーブルを去る姿も、本当に素敵。
そしてEspadonの皆さんが日本のお客様を大切にしているのが、遠くから見ていてもよくわかりました。
この一夜は日本人であることが誇らしかった一夜でもありました。
307 1









category: グルメ GOURMETS RESTAURANTS

tb: 0   cm: 1

△top

Tarte au Citron パリのレモンタルト🍋 

 

わたしはレモンタルトが大好き!
というかレモン味のお菓子はどれも好き!
イタリアのアマルフィ海岸沿いの街、ポジターノで食べたDelizia di limoneは多分その最高峰。
忘れることの出来ないリモンチェッロを使ったフワフワのケーキ。
Delizia di limone
中はアマルフィコーストのレモンをたっぷり使ったムースとクリームとリモンチェッロが沁みたスポンジケーキ。
この地方だけで食べられるお菓子です。ミラノやフィレンツェでこのお菓子の話をしても全然通じない。
ひゃあ!知ってるのはわたしだけじゃないぞ。クックパッドでレシピを発見!
http://cookpad.com/recipe/601444
恐るべし!

パリではどこに行ってもレモンタルトをチェックするわたしですが、最近の美味しかった3つをご紹介。
こちらはオペラのそばのHotel Scribe1階のサロン・ド・テのタルト・オ・シトロン(レモンタルト)
この繊細なメレンゲのとげとげデコレーションを見て!
その下はホワイトチョコレートとレモンクリーム🍋 サブレも薄くて何もかも繊細です。
http://www.hotel-scribe.com/restaurants-bars/1-t-rue-scribe/
IMG_0378_convert_20160804035359.jpg

こちらはCafé Pouchkine
http://cafe-pouchkine.fr/
サンジェルマンデプレ店はLouis Vuittonや有名なカフェDeux Magotsにも程近くてサロンがとても素敵です。
出たばかりの新作品のこちらは、ライムや柚子も使ったこれまた絶妙なバランス!
素晴らしいの一言
軽いムースにたくさんのフレーバー、姿もたいへん美しい!
わたしの口からは「わーわーわー
IMG_2075_convert_20160804055151.jpg

そして3つ目はJaquemart André美術館のティールーム。
http://www.musee-jacquemart-andre.com/
以前もご紹介したこの素晴らしい小さな美術館。ランチやティータイムだけにも利用出来るこちらのサロンはタピスリーや天井画もコレクションの一部。
このレモンタルトは形はいたってシンプル。(でも大きい!)
ふわふわさくさくのとても厚いメレンゲは最高に美味しい。
その下のレモンクリームも完璧で、たっぷりのメレンゲと一緒に口の中で溶けるよう~🍋
IMG_2267_convert_20160804055804.jpg

というわけで、わたしのようにTarte au Citronのファンのみなさん。パリで是非どちらかをお試しあれ。
🍋🍋🍋













category: グルメ GOURMETS RESTAURANTS

tb: 0   cm: 0

△top

Champagneとスパークリングワイン 

 

champagne-chine-620x400_convert_20160704184337.jpg
みなさんはシャンパーニュ(フランス語ではこう発音します)とスパークリングワインの違いはご存知ですよね。
不確かな方はこちらをご覧下さい。とても良く説明されています。
http://iewine.jp/article/437

わたしはシャンペンが大好き!え?知ってる?
味もバブルももちろんのこと、シャンペンが持つ幸せな雰囲気、特別な感じ、シャンペンが供される場所やイベントなど、オペラやソワレや結婚式や、やはりハッピーで特別な機会が多いですよね。
そしてそれはスパークリングワインではなく、やっぱりChampagneじゃなきゃダメなのよね!
上記の説明のとおり、フランスのシャンパーニュ地方で生産されたものだけが、シャンペンと呼ばれます。
日本ではまだまだごっちゃになっていることも。

飛行機の中で食前酒のサービスのときに、きどった日本人のお姉ちゃんが「スパークリングワインください」って言う度に、「お客様、エールフランスでは本物のシャンペンをサービスしておりますが、よろしいでしょうか?」
っていちいち正したわ。ふん。世界で唯一エコノミークラスで本物のシャンペンを出すのが、エールフランスなのよ。
優しいおじいちゃんやおばあちゃんにはそんなこと言わないけど、だいたいこういうことを偉そうに言う女ってのは
ビジネスウーマンって感じで、態度も感じ悪かったりってことが多いの。
アメリカの女性でも偉そうに「Give me a CUP of Sparkling Wine」なんて言うヤツが結構いて、「You mean a glass
of Champagne, right?」って言ってやったわ。バーカ。
いくらプラスチックだからって、Cup of Sparkling Wine ってあんた、Cup of Teaじゃないんだから。
と鼻息の荒かったわたしです。
こういうアメリカ人の女は白ワインなんかでも「Chardonnay, please」っていうのよ。
であたしが「I recommend you Chablis」とボトルを見せたところ「シャルドネじゃないならいらない。コカコーラ」だって。バカですね。シャブリはシャルドネなのに。
でもコカコーラがお似合いよ、あんたには、とにっこり笑ってコカコーラをサービスしました。
CAをなめちゃダメなのよ。ふん。
というわけで時々意地悪だったわたしです。 でもね、好きなものだからこそなわけ。シャンペンをスパークリングワインと間違われるのは、なんだろう?コシヒカリとそうでないお米をごっちゃにしちゃうくらい困る話?ん?

でも!
5月にサンフランシスコに行ったときに、車でNapa Valleyまで足を伸ばしたんですね。
カリフォルニアワインで有名なナパヴァレーです。青空の下、ワイナリーのたくさんあるこの地方をドライブするのは、それだけでも最高なのですが、特に今回の目的はDomaine Chandonを訪ねること。
Domaine Chandonとは?
http://www.chandon.com/tours-and-tastings/
フランスのシャンペンのMoet & Chandonは日本でもいろいろなお店で出されているので、ご存知の方も多いでしょう。
かの有名なドンペリニョンはこのメゾンの最高作品です。
このシャンパーニュ地方のMoet & Chandonと同じ葡萄の木をナパヴァレーに植えたのが、Domaine Chandonなんですね。前からアメリカのいろいろなレストランで飲んだことがあり、スパークリングワインと言えども(くどいようですが、いくらMoet & Chandonと同じ葡萄で作られていても、生産地がシャンパーニュ地方ではないから、スパークリングワイン)その質の高さに、一度是非ワイナリーを訪れてみたいと思っていたわけ。
IMG_1255_convert_20160704185233.jpg
予約制のガイド付き試飲付きツアーは一人40ドル。
IMG_1254_convert_20160704185118.jpg
入ってすぐには楽しいブティック!
そう、みなさんは4月のニューヨークのブログで、わたしが撮ったピンク色のボトルの写真を憶えてる?
http://aparisavecfedora.blog.fc2.com/blog-entry-260.html
あれはデザイナーの絵の限定バージョンのロゼのスパークリングワインでした。
可愛いだけあって完売したそうで、今日このブティックにあるのは夏のデザインのものでした。
IMG_1256_convert_20160704185331.jpg
他の予約客を待つ間、試飲コーナーでまず一杯目。
ちなみにガイドツアー無しで、試飲だけを購入することも可能です。
IMG_1258_convert_20160704185456.jpg
こうして製作過程の一部を見学することが出来ます。
IMG_1262_convert_20160704205649.jpg
ここでシャンパーニュのMoet & Chandonを見学したことのあるわたしが気付いたのは、ほぼ全てがオートメーションなこと。だから大量生産が出来て、全米のレストランに置くことが出来るのね!
IMG_1264_convert_20160704205822.jpg
Moet & Chandonの見学に比べたら、それはそれはシンプルなものだったけど、そのあとほとんどのスパークリングワインを試飲出来たりしたことも含めて、十分に楽しい1時間半でした。
IMG_1267_convert_20160704205927.jpg
それに広大なナパヴァレー、真っ青な空の下、グリーンに満ちたこの美しい敷地内でいただく一杯はスパークリングワインでしょ、などと言えないほど美味しかった(だってまずいものは山ほど存在する)し、まあそれもそのはず、フランスのMoet & Chandonの葡萄で出来ているから、味はほぼシャンペンに近い。というか、言われなかったらわからないかも!と言う程でした。
「おまたせー!」と駆け寄ったのは真っ白なリムジン。
あら、間違えちゃった。わたしたちのレンタカーはジープのチェロキー。
このリムジンで来た人は誰かしらん?でもアメリカ人の運転手さんは「わっはっは」と笑いながら一緒に写真を撮らせてくれました。
IMG_1269_convert_20160704210037.jpg

基本的にわたしはスパークリングワインは買わないけれど、こちらの特にロゼは別!
パリに持って帰りました。
そして改めてフランスの空気の中でいただくと、わーーーー 全然シャンペンと変わらないよう!
IMG_1661_convert_20160704184753.jpg
そして値段は18ドル。
Moet & Chandonのシャンペンのロゼは36ユーロはするから、倍!
いやはや。
これならスパークリングワインでもオッケーです!!!でももちろんフランスに輸入はされていません。
日本では見つけられる??

フランスのシャンパーニュ地方を訪れる余裕のある方は、ぜひ本元こちらへもお出かけ下さいね。
Moet & Chandon
http://jp.moet.com/Visit-us/Visit-our-cellars












category: グルメ GOURMETS RESTAURANTS

tb: 0   cm: 0

△top