PARIS パリ FEDORA より

元フランス航空会社CA  パリからの便り  パリ フランスの生活 オペラ 旅行 ファッション レストラン ショッピング・・・わたしの好きなこと!

今日の一曲 In quelle trine morbide オペラ マノン・レスコ-より 

 

今日ご紹介するのはプッチ-二のオペラ「マノン・レスコ-」よりマノンが歌う美しいアリアです。
マノン・レスコ- Wikipedia
まずはこの人の最新アルバムより。
Anna Netrebko 1
さあどうぞ。


美しい現在のディ-ヴァ アンナ・ネトレプコが重厚なヴェルヴェットのようなドラマチックソプラノで歌うこの一曲は本当に素晴らしい!
Anna Netrebko 2
彼女は美しいだけじゃなく、演技も素晴らしい。どの役も彼女が演じると、こっちはすっかり引き込まれてしまう。
彼女は自分は激しい性格でマクベス夫人のような恐ろしい役は自分にピッタリと言って、それはまあ唸るほど素晴らしかったけれど、現在パリオペラ座で上演中のチャイコフスキ-の「エフゲニ-・オネ‐ギン」の無垢で超真面目なタチアナだって、自分とは正反対の性格と言いながらその演技は素晴らしく、歌声も完璧でとにかく溜息。
先週わたしが観たパリでは、会場中スタンディング オべ-ション!
でも時にその存在感の大きさから、主役を食ってしまうこともある。
2014年ザルツブルグ音楽祭の「イル・トロヴァト-レ」では、そのセクシ-過ぎるレオノ-ラにル-ナ伯爵もそれを歌うドミンゴさんも(?)観客もクラクラ。主人公は吟遊詩人のマンリ-コだけれど、すっかりかすんでしまった!
Anna_Netrebko 3
この晩は「イル・トロヴァト-レ」ではなく「レオノ-ラ」っていうオペラになっちゃったわけ。
それをミスキャストと呼ぶかどうかは・・・?
わたしは十分楽しんだけれど(笑)

と言うわけでこの美しいアリア。
とうに引退した方だけど、わたしが一番好きなのはこの人の声かもしれない。
レナ-タ・スコットさん

ただ失礼ながら彼女は容姿にアンナほどは恵まれなかった・・・ やっぱりマノンは美しくなきゃ・・・ そこがオペラの難しいところ。

もう一人。この人はノ-ブルな美しさに高貴な声!!
でも甘いマノン役には・・・ク-ルビュ-ティ-で上品すぎ?
キリ・テ・カナワ

彼女のロンドンのロイヤルオペラの「オテロ」のデズデモ-ナを超える人にはまだ出会っていない。

そして現在本物を観ることが出来るもう一人。
アンナがブラウンの髪なら、この人は金髪。指揮者ネルソンスの奥様でもある美女のKristine Opolais



などとオペラファンはああでもないこうでもない、とこういう話でいくらでも盛り上がれるんです!
みなさんはどの声が好きでしたか?











category: オペラ OPERA

tb: 0   cm: 0

△top

Le Bon Marché の楽しいカスタマイズ! 

 

今日もパリ7区のデパートのボンマルシェはあちらこちらに夏に向けて楽しい演出!
Image 7
そしてメインホールで気になったのは
Image 4
何やら楽しいポーチたち。ゴヤールにも少し似たこの素材はボンマルシェのオリジナルの合成皮革製品。
Image 1
トートバッグ、ポーチにカード入れなどが存在してるのは知っていましたが
Image 3
それに絵や名前や??
Image 2
Image 8
質問してみると、一年間こちらでどんなものにも絵やデザインや名前や、なんでもカスタマイズしてくれるお店が出店中。
わーーーー🎵🎵そこにあったブックを見せてもらうと、それこそシャネルやルイヴィトンのバッグに楽しい絵を書いてもらった楽しい写真がたくさん!
ある歯医者さんは赤のシャネルにたくさんの唇と美しい歯の笑顔口?を描いてもらってました。わはははは!!
すっかりコーフンしたわたしはルイヴィトンのトート、最近はあまり使わなくなってるバッグを思い付きました。
Image 7
そこに書いて欲しい絵は、ズバリ、動物好きのわたしだからやっぱり動物。何にしよう?キリン、シマウマ、レオパード・・・去年のサファリの幸せな思い出に考えを巡らせながら帰宅して、玄関入ってすぐの家具の上にあったこの子、ジャガーに目が行きました。
Image 8
後日バッグとジャガーを持ってボンマルシェへ。上のようにグラフィック?マンガ風?じゃなく、なるべくモデルに忠実に描くことが出来るか聞いてみたところ、もちろん。
そして翌日出来上がったのは・・・
Image 6
わーーーーーー
Image 5
とってもとっても気に入りました!
ちなみにこちらで費用は180ユーロ。コーティングされてるから滅多なことでは剥げないそう。
でも自分で 描けたらその方がもちろん安上がり。ちょっとネットで調べてみると、日本にはたくさん情報もそのための製品も!
ただ自分でルイヴィトンのバッグに筆を入れるのは、ちょっと度胸がいりますよね。わたしは高くても、このサービスで大変満足です。

今年いっぱいボンマルシェのメインホール(地上階)でやってます。
ここはイベントがいつも開催されていて楽しいものをたくさん販売しているので、ぜひ寄ってみて下さいね。

Le Bon Marché
24 rue de Sèvres
75007 Paris











category: パリ PARIS

tb: 0   cm: 2

△top

大統領夫人は LOUIS VUITTON! 

 

5月14日、フランスには新しい大統領が就任しました。
でも今日は政治の話題じゃないの。安心してね。
Première Dame(ファーストレディ)の Brigitte Macronさんのこと!
エリゼ宮のレッドカーペットに大統領より一足早く到着した彼女の装いは・・・ルイヴィトン!
339 3
わーーーーー
ルイヴィトンが大好きなわたしは、なんだかとっても嬉しかったのです。
主人の実家からは「いつもルイヴィトンよね」みたいにイヤミを言われてるわたし。でも今回お姑さんは最初からマクロンを支持していたわけ。
ファーストレディが就任式にルイヴィトンを選んだなんて、ザマーミロ。これでもうわたしのことを云々言えなくなったわよね!
だいたいMade in Franceを好きなわたしを攻撃するあたり間違ってると、主人はわたしの味方。わたしが中国製の化繊のピラピラしたものを纏ってたら嬉しいのか、と問いたい。と、鼻息の荒いわたくしですが、こういう話は世界共通なんですねー😂
最初はバッグCapucinesだけに気付いたわたしですが、懇意にしているボンマルシェのルイヴィトンのアジーザに嬉しくてメッセージを送ったらすぐに「ドレスもよ!」と返事が来ました。
339 1
それにしてもみなさんはこの相似点に気付きましたか?
339 8
339 9
グッドラックの色?そういう意味が西洋社会ではあるのかしらん。でも・・・😳
単に女性が綺麗に見える色なんでしょうかね?着物もこの色はパッと目を魅きますよね!
さて、エリゼ宮でオランド前大統領との最後の会談を終えて降りて来るマクロンを待つブリジットさん。
339 7
こういう時の気持ちって!想像しただけで大コーフン。自分の人生のパートナーがいつかフランスの大統領になる日が来てその瞬間の思いって、女としてどういうものなんでしょう。なんか考えただけで感動していたわたしです。
前回のオランドのときは何とも思わなかったけど、ブリジットさんは24歳歳上。険しい時を乗り越えて来ただけに、彼女が「わたしの選んだ道は正しかった」と思ったのかどうか。
3人子供を置いて家を出て、それから20年。今でこそその子供達も大人になって式典にも呼ばれて、うまく行っているように見えるけど、いやいやその道はどんなに険しかったことか。
でもこういう過去があるあたりで、日本ではまず政治家として成功は出来ないわよねー
フランスはミッテラン大統領にも誰もが知ってる愛人と子供がいたし、シラクさんだって女性が大好きだった。サルコジは就任後に離婚してすぐカルラ・ブルーニと結婚。オランドは就任中にパートナーを何度も変えた。
何でもある国ねー、フランスって。国民もみんな似たようなことをしているし!😂😱😭この国では子供達もタフじゃなきゃ、やっていけないですね。
さて アデュー オランド。
散々だったこの5年間。大統領選直前の最有力候補だったストラスカーンのNYでのセクハラ逮捕により、急に社会党から大統領選に代わりに出て当選することになった彼も気の毒だったのかも知れないけれど。
もうでも国民は本当にうんざり。
これでフランスが新しいページに踏み出すことを祈るばかり。
(注・Adieuという言葉は二度と会わない決別のときに使う言葉です)
339 6
シャンゼリゼのパレードに戦車を選んだマクロン大統領。
339 5
絵のように美しいこの写真!
すでにブリジット旋風は起きてるけれど、ルイヴィトンのバッグを今週買いに走ってるマダムもきっとたくさんよね!
339 4








category: ファッション MODE

tb: 0   cm: 0

△top

ピアニストYuja Wang のドレス  

 

みなさんはピアニストのYuja Wangをご存知でしょうか?
https://ja.wikipedia.org/wiki/ユジャ・ワン
337 11
彼女は今世界でもっともポピュラーな若手ピアニストの一人。
その理由の一つは・・・
337 10
わーーーーーーーー😳😭😂そのドレスかも!!!素晴らしいスタイルだし!
この写真なんて靴もスゴイ!よくこのヒールでペダルを踏めると感心!!!
わたしは家でいつも靴下で踏んでるわ・・・
337 4
観客も始まる前から「今日はどんなドレスだろうね?」なんてニヤニヤ。オーケストラだってなんだかいつも嬉しそう。
特に今回のパリフィルのドレスと来たら、グリーンの隙間だらけのドレスで下着は多分何も付けて無い・・・
彼女の後方に座っていたのですが、ピアノの椅子の上で動く彼女のお尻と来たら・・・😳😳😳
横に座ってる主人もソワソワ、でも彼女のすぐ後にいるコンマスなんて大コーフンって感じよ。特に今日はローマのサンタチェチリアオーケストラですもの。
https://ja.wikipedia.org/wiki/サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団
彼女のドレスがいつもどんなにスゴイか、ちょっとご覧いただきましょう。
337 5
わははは、わたしだったらいろんなこと(ところ)が気になって演奏に集中出来そうにないけれど。
337 2
ね?
337 8
スゴイでしょう?
337 9
わはははは!サインのときも!
337 7
みんなとても嬉しそうです!!
337 6

肝心の演奏は。わたしは映像で見たときから、あまり好きでは無かったんですね。
技術はすごい。もちろん天才なんだと思います。
でも人を感動させる何かが欠けている。それはランランにも同じことを感じる。
337 13
チッコリーニや、ポリーニや、聴いてるだけで涙が出て来るような、そういうものが無い。彼らは静かな曲も激しい曲もパフォーマンスなんてせずに弾く。
ランランやワンは髪振り乱し、ピアノを激しく叩く。でも観客はそういうのが大好き!だから昨日の夜も大変な歓声
でした。彼女のチャイコフスキーのコンチェルト1番は、何の魅力も無く空っぽだったのに。
人は「若いから成長を待ってあげないと」と言う。でも若くてもルガンスキーやキーシンのチャイコフスキーは泣けるよ!
もっとも昨夜はイタリアのオケに指揮はパッパーノとオペラが得意なマエストロ。ピアニストが中国人では、チャイコフスキーという選曲自体に問題があったのかも知れませんが。
一度本物見ればもうたくさん。もう二度と来ないわ!なんて思いつつ帰路に着いたわたしですが・・・
いやはや先程見つけた彼女のスクリアビンは・・・あらららら 素晴らしいじゃないの👏👏🎵🎵
綺麗なだけでもドレスがすごいだけでも無かったみたいです。



うっとり🎵







category: 音楽 MUSIQUE

tb: 0   cm: 0

△top

ひどすぎるフランス大統領選 

 

5月1日 フランスでは大切な人に幸福を祈って鈴蘭を送るという、なんとも愛らしい習慣があります。
そのメーデーにはパリのレプブリック広場での集会から暴動が発生し・・・
Image 3
このブログをお読みいただいているときは、もうフランスの大統領は決まっているのですが・・・
わたしが政治やパリの問題を書くと、ブログランキングで順位が落ちることがわかったので、極力書かないようにしていますが、かといってオバカにショッピングやレストランやオペラや旅だけをしてフランスで生きてるわけじゃあないの。
この数ヶ月来の騒ぎ、そして明日決戦を控えたこのラストの2週間。先日のテレビ討論会・・・😱😱😱のひどさ。
それに右往左往するジャーナリストたち、不満顔の国民、通りをデモ行進する学生たち(!!!)・・・わたしの周りの人々もみんな沈んでる。
Macron_Le_Pen.jpg
わたしの大好きなパリ在住ブロガーのHさん、残念ながら政治ではわたしとは考えが異なるよう。
予選でフィヨンが20%投票されたのを憤慨されていたけれど(つまりもっと低くなって欲しかったよう)じゃあ決戦がこの二人で良かったのか。
社会党のオランド政権にうんざりしているフランス人は、今度は右へ行くのではないかと思われていました。
そのフィヨンは政治資金のやりくりスキャンダル(1月に発覚)で支持率が急降下。でもこんな問題は政治家なら誰でも一つや二つ抱えているはず。このレベルまで勝ち残る政治家の中に、クリーンな政治家なんているわけないとわたしは思うのです。
このスキャンダルはマクロンを次期大統領にするため、左派に勝たせるために、オランド現大統領が巻いた、と言われています。しかもジャーナリストのほとんどが左派だから、それいけとばかりにフィヨン バッシングは加熱。
それに国民はまんまと乗らされたわけです。
それでどうなったか。フィヨンは予選3位で決戦に残れず。
で、決戦は無所属(と言っても、勝つために左を離脱して独立した)マクロンと極右のルペンに。
こうなるのを望んでたんですか??
マクロンは天才だし、自分の信じていることに揺れはない。
それに対して、ルペンは多分騒ぐ以外の才能は持っておらず、また主張していることの裏付けも出来ず、テレビ討論会でもマクロンを攻撃することに徹しました。
そのレベルの低さたるや・・・わたしはこれを「Pipi Caca niveau 」と呼びますが、どういう意味かみなさん調べてね。
わたしは決戦はフィヨンとマクロンで、この二人の討論会を聞いてみたかった。
少なくとも、二人共きちんと自分の方針を話せたでしょう。
この二人のどちらが良いとか悪いとか、同意出来るとか同意出来ないとか、それは個人個人で違う。でも少なくとも、ある程度の「オツム」を持った人にこの国の大統領になっていただきたい。
フィヨンを予選で落としたフランス人のみなさん、この決戦がひどいレベルにまで落ちたのはあなたたちのせいよ!
それは少し前のアメリカ大統領選にも言えること。
最悪の結果になったのは、あなたたちアメリカ人みなさんのせいなのよ!そうなってから泣いたって、もう遅い。
フランスだってこの討論会のレベルの低さで、もう本当に心底赤っ恥。
それでも明日の決戦、アメリカのようなことにならないことだけを祈ります。
でもわたしのブログの読者のみなさんはこんな話題キライよね、きっと?

もう一つだけガマンしてね。先週パリで学生たちがデモをしたことについて。
彼らのデモは「マクロンもルペンも納得出来ないデモ」でした。誰もが意見を持って良いのだけれど、まだ親の世話になってる学生たちが、日中のパリの大通りをいくつか(暴力まで起きて)封鎖して行進。
大体学生のデモ(高校生もある)が起きる街って、パリだけ?ではないでしょうか。
わたしは「黙れ」と言いたい。まだ保護者のおかげで学校に行かせてもらってる身分で、仕事している大人の迷惑になる時間帯に何がデモだ、と。
そのデモの内容は「納得出来ないから白紙投票する!」というもの。じゃあ黙ってそうすりゃいいじゃない。
それに大統領は「白」さんという人じゃない。ここまで来たら二人のうち誰かが大統領になるんだから、どちらかを選ばなきゃならない。どちらかマシな方を?!
「白紙投票する」ってことを言うために学生のあなたたちが仕事してる人たちの足を困らせてデモする街って。
何年経っても、ゼッタイにわたしが馴染めないのが、フランスのこういうところですねー 溜息・・・。
それはわたしが呼ぶ「社交」という、友だち同士が家に呼び合ってディナーをするという、フランスでは毎週末のように行われるお付き合いの習慣。この時に大人の会話に子供たちティーンエージャーが参加し、偉そうに大人の会話に割って入って意見を述べ、足を組んでふんぞりかえってピーナッツを食べる、というのにムカツクのにちょっと似てるかしらん?
わはははは😅

明日に決戦を控えたパリの一日。
わたしは夏に向けこんなチープショッピングをしました。
メッセージものが好きなことは以前にも書きましたね。MANGOで19ユーロ。
Image 4
素敵なビーチサンダルはスペイン製。30ユーロ。こんな素敵なものを見つけるのは、やっぱりいつものBon Marché!
Image 1
7区のあるブティックで見つけてうちのトイレに仲間入りしたのは、こんな可愛いお魚 14ユーロと
Image 6
Image 5
布巾はZARA HOMEから。二枚セットで9ユーロ。
ふうう。なんだかHさんの書いてることに納得出来なくて、つい得意じゃないこと書いちゃったけど、やっぱり
わたしはこういう話題の方がホッとするわねー🐟😂






category: フランス FRANCE

tb: 0   cm: 0

△top